17年目のAppleキーボード

 今に限ったことじゃないけど、「LINEやっていないのですか」とか「LINE、やりましょうよ、いつでもOKですよ」などと言われることが多いのだが、LINEに限らずFacebookだって苦手なのは、いわゆるスマフォでのことで、かの文字入力方法がなかなか馴染めない。
 30年来PCのキーボード入力に慣れてしまうと、その入力スピードに匹敵しない限り、なかなかスマフォ入力が上達しない。LINEを常用するスマフォユーザーはかなりの数なので、そこからすれば時流に乗り遅れている、とは言えるが、それにも慣れれば「ふん、どうせマイノリティさ」で済ませることもできる。

 それならば、キーボードにはこだわりがあるか、と言えば、特になくApple製であれば良いよレベルなので、その清掃もすっかり忘れてしまう低落ぶりを発揮している。
 清掃時にきっかけはたいていキーの感応が悪くなる。スムーサーを塗ってもだ。
 4年振りに清掃したがかなり汚く、開けたらもっと汚かった。タバコは吸わないのでヤニ付着はないのだがなぜか猫の毛が多し。
 バラして一つ一つ綺麗にして戻した。2002年にもらったAppleスペイン語キーボードなので今年で17年目、良く保っているもんだと感心。当時はキークッションが小さなおっぱいのような丸いゴムだった。今はパンタグラフみたいなやつだ。
 小ネジがやたら多く40個ぐらいはあり、戻した時には、1個足りない、とか1個余った、などがある。その所為かどうか分からないが、3つぐらいのキーの感応が悪くなり、長押ししないとダメというやつで、それもスペイン語を象徴する「Ñ」キーが含まれていた。
 買うか新しいのを。17年使っていたから十分でしょ。
 また、10年くらい前からappleの日本サイトからスペイン語など英語以外のキーボードも何種か販売するようになったのが良い。と思ったら、2008年ぐらいに別のスペイン人からもらったのを思い出した。当時最新のキーボードで、すぐ使うのがとても勿体なかったから壊れるまで大事に取ってあった。10年ぐらい寝かせていたので、泡盛なら古酒になっているはずだ。

牛丼パック

牛丼パック

 存在は知っていたけど、まさか自宅で食べるとは思わなかった、吉野屋オリジナルの牛丼レトルトパック。近所の親戚から数パック頂いたやつ。
 ただ、気合いが入っているなと思ったのは、ありがちなレトルトパックの常温保存ではなく、要冷凍と記してあるからだ。チンでも湯煎でもOKなのは嬉しい。
 食べてみれば、吉野屋の牛丼の味そのもので美味い。
 もっとも、牛丼自体、ジャンクフードに入りそうなので美味いもマズいもないのだが、吉野屋と他の牛丼屋との味の区別が付くのなら、レトルトとは言えやはり吉野屋の味と言えるかも。
 調べて見れば、1パック400円ちょっと。
 そもそも外出中または帰宅途中にて、このパックを自宅で食べようと思うのは多くはなく、在宅中、突如食べたくなることを仮定すれば、このパックもアリかな。

「ベスト・キッド」

 この間頼んだ4枚入りの『ベスト・キッド』見終えたけど、vol1 → 2 → 3と下るにつれて、面白さが減って行ったのは私だけ?結局、ちょっと感動目がしら熱いぞ、は、vol.1とvol.5だった。
 それぞれちょっとした前号までのあらすじみたいなものはあるのだが、vol.2は、vol.1を見ないとなんだか分からないし、vol.3になると定番の展開が薄くなっていた観があった。vol.4もなんかそれらに似てるし、vol.1と同じくらいの見ごたえ観がないのは、演出ではなく脚本じゃないかと思った。日本の武道や精神気質を表現するのは難しいのか。
 なんとなく薄味の特盛りラーメンを食べきってしまうと、ちゃんとした面白いのを見たくなる。アマゾンプライムにて無料にはこだわらず有料レンタルもチェックしてしまうか、になり、またまたアマゾン商法にひっかかってしまいそうだ。

ちっとも安くなっていない、やっと安くなった

OLYMPUS PEN-F

298円のパイナップル

 もう安くなっただろうと予備用のOLYMPUS PEN-Fを探したのだけど、全然安くなってはおらず、ヤフオクやメルカリでは9万~10万円がザラ。となると、3年前に中古を7万円で買ったのはラッキーだったことになる。
 一体定価は幾ら?と見れば15万ぐらい。しかし、ヨドバシで見ると販売終了となっているので、秋のボーナスシーズンを見込んで、vol.2が出るようだ。デザインからすれば完成度の高い現行機種なのだけど、もっとカッチョ良くなるのなら買うかな(うそ、見るだけ)。今月中旬リリースを予想。

 こちらはやっと安くなったパイナップル。
 舶来なので旬なんて全然分からないけど、秋口まではたいてい398円で売っていたのが、やっと298円とか小さいのなら198円で見かけるようになった。
 自分でカットする面倒さはあるけどコスパは良い。同価格でカットされたのも売っているけどだいたい半分ぐらいの量だ。マスカットや桃とかの価格に比べたら、こちらの方が気楽に食べられる良さがある。
 各パイナップルに写真のような紙ラベルが巻いてあるけど、種類とか原産地の違いがあるようで微妙に味も違うのには驚いた。
 この時期、スーパーに入ったらすぐにある果物コーナーのチェックは欠かせないかも。

スーツケース

スーツケース

 来月下旬にカミさんと娘は、アメリカに語学留学している甥に会いに行くそうだ。娘は卒業旅行とか言っているけど、何回卒業するのだろうか?だ。
 写真は、30年くらい前に買ったスーツケースで取っ手までの高さが70cmで、カミさんも似たような大きさのを持っていて(共に当時17,000円ぐらい)、重たいからもっと軽いのを買うとか言っていた。
 言われてみて、スーツケースの重さなんて気にもかけなかったことに気付き、早速量ってみたら、共に7kgあった。エコノミーなので中味15kgぐらいしか入れられない。もっとも23kgのスーツケースを持ち歩く年齢ではなくなった、we can notだ。
 調べてみたら、価格も重量も進化していて、同サイズで1万円未満、かつ5kg以下で、カミさんは買う気まんまんでゲット必至。
 なら私も、と思うが、昨年の旅行でキャスターが壊れ、アマゾンで購入して付け替えたのを思い出した。そのアマゾンのキャスターってたったの900円ぐらいだけど、その時点で買い替えずに付け替えると妙な愛着が出てしまう、というと聞こえが良いが、単なる貧乏性でしかない。
 じじーになったら、7kgと5kgの2kgの違いはとっても大きいが、私のは買い替えないと思うのだが、時としてこの貧乏性に自己嫌悪となる。