朝定のご飯

 朝とか午前中、面倒だったり妙に腹が減っていたりすると、朝定食やモーニングランチとかに行ってしまう時がままとしてある。
 パンではなくご飯が多いのだが、昨今何処で食べてもご飯はそこそこに美味い。
 その中で変な時間とタイミングによって微妙に違いがあるのは、ちょっとジャー臭かったりして、昨夜からの残りか、とやや意気消沈。
 この臭いの強さもさまざまなので、残っているご飯の量によって違うのかもしれない。
 逆に炊き立てで、すごーく美味いご飯の時もあり、ラッキーな気分になる。

 店舗関係なくジャー臭いのも炊き立てなのも1割~2割ぐらいの遭遇率で、8割は普通に美味い。

 写真のは普通の美味さだったが、このような店舗内で撮った写真でジャー臭いのと炊き立てなどが分かるのだろうか。光源がバラバラだし、私+iPhoneレベルだとちょっと難しいね。

 いずれにしろこんな価格で元は取れるのかというようなコスパ最高価格(400円前後)なので、ジャー臭かったにしろとっても満足ではある。

電子レンジ奮闘記

 昨日の夕食の残りを翌日の昼食にするのが定番的な主婦かと思われ、主夫も当然としてそこに含まれる。
 昨夜の中島家は、八宝菜とどっかで売っていた唐揚げだったようだ。
 普通なら&一般常識として、これならチンして楽勝と思われるのだが、主夫中島は大チャレンジとなる。
 現電子レンジ扱いレベルとしては、スーパーで売っている肉まんがちゃんとできるようになった。500Wで60秒。

 が、こういう冷めた料理を再加熱というのはミステリーゾーンである。
 カミさんに聞いても良く分からず、2分やってダメならプラス1分と続ければ良いのでは、との回答。
 電子レンジって追加もアリなの?
 取り敢えず、500W+2分でやってみたら、ほんわか暖かい。
 猫舌なのでハフーハフーは要らないので、プラス2分したらちょうど良い感じになり、一つお利口になった。
 
 ただ、唐揚げ等は難しい。オーブンでもダメだけど。単に油が出てしまうので、ワザが必要かも。

 だんだんと電子レンジに馴染んで、そこそこにいろいろチャレンジしているのだが、電子レンジでもオーブンでもOKという食品は、電子レンジでは分が悪い感がするのは、こういうのはオーブンかコンロで調理したほうが美味く感じるからだ。
 ではなくて「電子レンジ専用」という食品は素晴らしい~!
 非常食用にカミさんが買ったボロネーゼとかいうスパゲッティ(私からすると単なる今風なナポリタン)を食したけど美味い!が、みーんな綺麗に混ざっている画一的なところがあるのは個人的には不満があった。
 ミートのように上からかけて、適当に混ぜるところに、場所によってはそのソースのからみ具合に差があって楽しんで食することができるのが良いと思う私の好みだからだ。
 で、言えば、石焼きビビンバやカレーライス、ご飯にかける納豆なども同様に、殆どかき混ぜない。← タイプとしてはたぶんマイノリティ。

 夜は酒のつまみになる場合が多いのだが、そうなるとなかなか電子レンジの出番がないのが寂しいところだが、ま、無理に使わなくても良い、とも言える。

398円弁当vol.2

 5月はけっこう鬱状態?になりがちで、来月下旬にある漢検試験へのプレッシャーと、合間に入るやや煩雑な仕事によって、かつ、どっか行きたいなー、でもマスクして電車に乗って移動するのイヤだなぁ、などが絡み合ってどうも心はシャキーンとせずフニャチン状態である。
 なので昼の自炊も面倒となり、例の398円弁当に走ってしまう今日この頃。

 いつものスーパーへ車を走らせて行ってみれば、兄弟バージョンのがリリースされていて、おおおっ。
 似たようなイラストなので同じ業者がスーパーに卸していると思うのだが、このデザイナー、エグいよね、ヘタウマのチャンピオンかと思うくらい、購買意欲を×10にするくらいの美味さ、いや上手さだ。

 単純回路の8bitsの私なんぞは、目玉焼きのイラストだけでパブロフの犬のように掴んで買物カゴへ、になる。
 「ロコモコ」って良く聞くけど、何?家族に聞いてみれば、ハンバーグが入っているとこういう名称が付くのが多いとのこと。そーなの?ハンバーグの語源ってハンブルグと思ったけど。

 こんな弁当ばかり喰っていないで、たまには美味しいモノでも食したら、という声も聞こえそうだが、もともと生来こういう仕出し弁当みたいなのが大好きなので、私にとってはグルメなんだなぁ。
 スパゲッティ、良いよね。正しい昭和のナポリタン~。

ジャスミン茶の次は

 しこしこと海外から運び込んだブツもとうとう底を尽き、というのは台湾台北の「林華泰茶行」でいつも買い込んでいた、1斤(600g)400元(1,700円)のジャスミン茶が今日亡くなってしまった。

 煮出して冷やして飲む常用の飲料水としてなので、代替を探して挙がっているのが、ほうじ茶か麦茶で、我が家全員からOKが出ている。
 価格からして麦茶をまずはチョイス。1kg400円。
 ガッツリ3kgを1,215円でゲットしたので、2022年度の中島家は麦茶で大晦日となりそうだ。

 ただ、「林華泰茶行」の400元はランクで言えばど真ん中の中。
 概算すれば、現在1kgで3,500円。
 そんな価格のジャスミン茶をアマゾンで探すと、福建省産のが近似値価格で幾つかあった。品質とかグレードは分からないけど、煮出して冷やして飲む分にはOK(と信じたい)。

 因にその「林華泰茶行」で一番安いジャスミン茶600g/80元(350円)のを購入して飲んだそれは、「匂い」ではなく「臭い」だったので、庶民的な飲食店用なのではないかと思った。
 この福建省のが「匂い」に近似しているのを願いつつ、まずは3kgの麦茶をクリエイティブしたいのがオーラス間近なGWの中島家である。

 最近、海外への飛行機も復活したみたいだ。
 お、それなら台湾へも、と思うも「成田までマスクして行くの?」、かつ「え、機内もマスクすんの?」、もう一つかつ「台湾でマスクしないでふらふらしていると罰金」など考えるところからの恐怖心にかられると「ほとぼり冷めてから行こうっと」になる。

 現在スペイン(特に田舎の町)は、without マスクだ。
 それなら20時間ぐらいのカタール機内だけマスク?マスク不要の外人が座る席を狙えば(後ろの方)、マスクなしの機内もOKかな。
 いくらだ、成田~バルセロナ~グラナダ?←おそらくトンでもないぐらい値上がりした航空運賃なので「とらべるこちゃん」は見ない。

 猫パコの写真は意味のないおまけ。

GW前

 寝しなに洗濯機を回してそれを室内に干し、加湿器替わりにエアコンオンにて就寝し、翌朝乾いているというのが冬場の洗濯で担当はかみさんだった。
 20度を越える季節が到来すると日中にベランダに干すようになり、それは主夫の役目となる。
 やはり干すのは屋外が一番で、パリっと乾くので、ここ最近、どうでも良いものまでも洗濯していて楽しんでい・・・あれ、これってもしかして40年ぐらい前に大ヒットした「洗濯屋ケンちゃん」に名前だけ似ていないか。←オーバー還暦の世代のじじーは、みーんなお世話になった、と言っても過言ではない~。

 そんな「洗濯屋ケンじーちゃん」の夜の楽しみは、ウフフ・・・の無料漫画を読むことだ。
 アプリは「ピッコマ」と「マガポケ」で、最初は幾つか読んではいたが、途中から展開がトロくなったり、ネタや長期構想が未完成とかからダルくなってしまい、現在は、デューク東郷と課長島耕作(今、社長の手前)の2つになってしまった。←でも読むのにはちょうど良い時間だ。その後、適当に本を読みながらZzzz….。

 今週末辺りを申し込み期限とする漢字検定に申し込んでしまった。ネットから受験料5,500円。試験は6月下旬。
 通常のドヒマモードならダメでもそのまま学習し続け晩秋に受ければ良いか、になるのだが、現在、大学の卒論を止めての受験だから後がない。
 ちょっとナーバスになって、意味のない焦りから不要に参考書を開いている時間に没頭している。
 なんてことをやっているから仕事の日程を間違えてしまった。金曜日かと思っていたのが実は木曜日で、それは金曜日が祭日だったからだ。あぶねぇ、あぶねぇ。

 20度を越えまくると猫にとっては暑いのだろう、冬場の「港町」で大股開きをしたのを最後に日中は涼しい玄関周辺でひよっているのが最近。