アイピースシャッター

 1999年の写真だけど、あの頃は長時間露光で河川や雑踏を撮っていた。
 長時間と言っても1分~3分ぐらいだけど。
 また、30秒ぐらいを超えて行くと、相反則不規が加速し1絞り分という計算ができず、それなりの露光補正が必要になってくる、そして、シートタイプのNDフィルターを使うからか周辺光量の低下が著しくなるのも当時撮影していて学んだ。
 
 で、ある時、ある場所、ある角度から撮ると、写真のような光線漏れみたいな線が入ってしまった。カメラは、オリンパスOM-3。
 誰かに聞いたり調べたりしても分からず、小川町のオリンパスSSにネガとカメラを持って見てもらった。そうしたら、長時間露光と空・太陽との位置によりファインダーから入った光がボディ内で乱反射してフィルムに感光した、というような感じのことを言われた。
 で、撮影時にはファインダーを遮光するのが良いとのアドバイスを受けたが、初めてアイピースシャッターの効用を知った。それまで何に使うのかが全く分からなかった。
 
 各メーカーのフラグシップ機には、たいていこのアイピースシャッターが付いているが(と思う)、限られた撮影条件でしか使わないのにたいしたもんだと思った。
 が、そのシャッターレバーがちょっと動くと微妙にシャッターが降りて覗いても分からない時があるので、有料だけど改造的に取ってもらったりしたのが、Nikon F3PとかF4s。あれ、F3Pは最初から取ってあったかな?

 水の流れの速さと露光時間がぴったり合った川の写真のその流れたトーンは、独特で綺麗だ(この写真ではない)。もっとも綺麗だけじゃ成立しないのが写真だけど。

HDDのCMRとSMR

 スキャンした画像データーを2TBのHDDに保存し続けているところ、残り300GBになったので、4TB×2台を探した。
 と言うのは、HDDの回転数が、7200rpmと5400rmpがあり数値の多い方が早く描き込めたりするのだが、売れすじランキングに、その5400rmpのが入っていて、え、なんで?と思ったからだ。
 調べてみると、HDDの方式や仕様が違っていて、5400rmpはCMRという従来型で7200rpmはSRMという最新式らしい。
 しかし、メリットとデメリットがそれぞれあって、幾つか調べたサイトやYoutobeにおいては、単純にデーターを保存する安定度から、いずれも5400rmpのCMRを押していた。
 比較すればCMRの方が安いので渡りに船だ。
 いつもは、Seagete製を使用していたのだが、どれがCMRなのかが分からなかったので、それが分かるWestern Digital製のをポチッした。
 既存の4台の2TBを調べてみたら、CMRとSMRが半々だった。
 通常使用するのはSMRで、保存用はCMRということかな。なかなかHDDもいろいろあるもんだと勉強になった。今まで容量しか見ていなかったからねー。

 ここにアップするそのWestern DigitalのをiPhoneで撮ろうと思ったら、猫パコが机の上で寝ていた。
 暖かくなってきたここ最近は、その机の端が昼間の定位置らしい。

テクニカルキーボード

 今日の昼はフルコースだ、と出かけて行ったが、考え事があったのだろう、サラダを頼むのを忘れてしまった。テイクアウトなので自宅に戻って玉子を落とした。
 牛丼で言うのなら、何処となしか煮込んである吉野屋を選んでしまうのは、駐車場のある一番近いのが吉野屋だからでもある。

 そろそろレポートを書こうとテーブルの上のMacで打ち始めたのだが、テンキーのない小さいMacの無線キーボードは辛い。
 テンキー付きのと比べてみると、アルファベットなどのキー間隔は同じに見えるけど、スペースバーの長さが違うので、手のポジションが狭くなって肩身が狭くなり打ち間違いや2つのキーを同時に押してしまうことしばしば。
 
 セミフルコースの牛丼を喰いながらチェックした。
 純正のは15,000円ぐらいするので、アマゾンで探してみたら、1,924円の「Baoyouls キーボード スペイン語/英語の無声キーボードのWindowsコンピュータのための防水オフィスのキーボード」という日本語が意味不明のがあった。
 しかし写真を見るとメカニカルキーボードっぽくて良いじゃない。
 珍しく送料無料ではなく300円かかり、到着まで2週間かかるので香港からかな。
 
 メカニカルキーボードは、ストロークが深く打っている実感があるからなかなか良い。
 Windowsユーザーだとこういうキーボードは普通かもしれないが、Macのだと絶滅してから久しいので、ちょっとした懐かしさもある。

Magic Mouse 2

 何気にYoutubeのマック大好き系のを見ていたら、Magic Mourse 2 なるものが出たそうで、へ?
 なんでも電池ではなくて充電式とのこと。ほぉ。
 最初のMagic Mourseはすぐゲットしたのだが、重くてマウスの動きも従来のMac製のに比べたらなんかモタモタしていて、使えねー、と数週間で使うのをやめた。
 で、マウスと言えば何故かLogicool(ロジクール)。
 もともとは、って今もWindows系なのだけど、20年ぐらい前に友人から騙されたと思って使ってみ、と言われたので、使ってみれば、確かに騙されたようにマックのマウスのようにポインターの動きがとてもスムーズ~。
 MacBook proには、Bluetoothの単3電池ロジクールだけど、これも動きがマックライクになっていて重宝している。
 どうなっちゃったのだろうか、Macのマウス。

とちおとめ

 早朝6時ぐらいに起きると一日が有効に使えるものだと、10時過ぎに目覚めて思った。
 誰もいないリビングに行ってみるとザルに入ったイチゴがあって、最近良くテーブルの上に乗っかっているは1パック398円あたりで売っているからだろうが、今が旬なのだろうか?
 名称は「とちおとめ」なので、絶対に山梨産とか静岡産ではなく栃木県だろう。このところではあまり聞かない栃木県のヒットものではないだろうか、甘くて美味い。
 ふさをちぎってちょっと食べる感じ。