国民マスク

 気が小さいので、みんなが届いた届いたと言っているのに、自分のところだけ届かないと意味もなく気になって心配になってくる。
 埼玉には荒川が流れているのだけど、それら届いた知らせを聞くと、その荒川沿いの西から順に東へと届いているようで、『翔んで埼玉』じゃないけど、荒川に特設関所があるのではないかと思ってしまった。
 やっとそれが届いたら2枚のみ、は?聞けば1世帯に1袋らしく、一人住まいと5人家族の家でも一緒だ。すげー極端。

 GWぐらいまでは、SNS等では席巻に等しいくらいこのマスク配布の件で埋まっていた。
 批判ならそれはそれで良いのだが、マスク配布が起爆剤となってか関係のない個人的なうっぷんを晴らすようにここでは記せないような罵詈雑言のブリザードが安倍首相に集中していた。極めつけは「アベマスクを入れるな!」みたいなのを自宅のポストに貼った画像等だ。
 マスクには罪はなく、使わなければ黙って破棄するか寄付するかで良いのにそれじゃ怒りとかが収まらないのだろう。反面このような人は給付金をもらうんだろうか、という疑問も湧いた。
 もらってももらわなくてもどっちでも良いのだが、かようなものをポストに貼ってまでしても、もらうのは、以後、この人の言っている事はあまり信用できないなー、と思った。知らない人だからどうでも良いのだけど。

 このように国から特別に支給されたモノは生まれて初めてで、私にとっては、どことなく嬉しくて貴重だ。戦中はあったような気がするけど、それは配給だ。
 諸般の事情とかでクリスマスプレゼントがひなまつりに届くような遅配だけど、その分、事情も推移しているので来年の冬用にとっておくのも良いかも。どうせまた2月ぐらいになればコロナがやって来る可能性が大なので。

 さすがに給付金は1軒ごとではないようだ。それじゃ大家族による暴動が起きるぞ。
 世帯主にまとめてだけど人数分とのこと。私は特に今はお金に困ってはいないので(前から困っているとそれが普通になって困らなくなる)、カミさんにあげ、カミさんは自分の分は返納するそうだ。私からもらったそれでカミさんは私に生ハムを1本買ってくれるそうだ。これは給付金よりも嬉しい。

そば屋のカレーライス

 今の時期は明るいけど今朝の未明にまた地震があった。
 不思議なことに揺れはなくドアだけがガタガタと異音を発していただけだった。しかし別室の娘は揺れたねー、と言っていたので寛容な建付けの我が家だからかもしれない。
 隣で寝ていた猫パコは、さっと起き出してどこかの部屋に飛び出して行った。
 前夜は飲んだくれていたのだが、今朝の地震では二度寝ができず、6時前から起床かよ?だった。
 家事をしながら読書していたら無性にカレーが喰いたくなり、運動がてら徒歩3分のそば屋へ行って頼んだ。そば屋のカレーは独特で美味い。

 しかし、明日は健康診断なので食事等は9時で終わり。
 昔から真面目にやっているのだけど、50を過ぎてからは、基本的に癌の早期発見が何よりも気になっている。他の中性脂肪とかガンマGTPとかは、どうでも良いって感じ。しかし、今回の3ヶ月ぐらいの外出自粛による飲酒回数が増大なので尿酸値がとても気になるところだ。

 そば屋のおばちゃんに「ずっとやってたの?」
 「いつもヒマだからのれんを出して、ずっと遊んでいたよ」
 近いうちに、たぬきうどんでも喰いにゆこうっと。

今日は6/3

 暑くなったので昼間はベランダで寝そべっていることが多くなった猫パコだけど、途中から何処かへ消えてしまうこと多く、家族の臨時衣類収納ボックス、それも衣類の少ない娘のボックスの中に入っているので近づいて覗かないと気付かない。
 因に手前カミさんのボックスは、回転寿司の重なった皿のように畳まれたのが富士山になっている。

 外出自粛関係なく、大学のお勉強と言いながら慢性的な引きこもりのオタク生活ばく進中だが、さすがに運動不足が気になってきた。
 ということで、ギターを再開しようと思った。決して屋外で運動をしよう観念はないようだ。
 ガットギターなのでそれほどうるさくはないが、一応近所迷惑防止用にサウンドホールにハメるサイレントカバーを購入したら、サイズが微妙に合わない。そもそもmade in Spainに規格サイズなんてものはないかも。30年前にスペインで5万ぐらいで買ってきたものだ。
 ブランクあり過ぎの20年以上振りなので当然カルカッシ(ギターのバイエル)からだ。クラシックだから手と指の運動には十二分になると思うが。

 娘が仕事から戻ってきて、ピザ喰いてぇ。そして、生ハムばかり食べていたのでピザは久しぶりだ。「取りにきてくれればピザ1枚無料」というのがあり、カミさんと娘はLサイズで、私はMサイズ。
 世の中には、Mサイズの料金で無料をLサイズにして欲しいゴネる客もいるのだろう、さんざんMでもLでもお値段はLサイズになるので同じだと言われたので、「年齢的にLサイズを一人で喰うと、一ヶ月ぐらいピザ喰いたくなくなるのでMで宜しく。顧客データーを見れば分かるけど、前回はLサイズにしたので、その注文日は1ヶ月以上前でしょ」、「かしこまりましたぁ~。30分後のご来店をお待ちしております」。

一升瓶

 大学のリポートvol.2をやっと書き終えた。
 バカ懺悔だけど、終わったのは取り敢えず文字を埋めた、という段階で、これまた学習能力ゼロを露呈するが、3400文字ぐらいのところを4400文字ぐらいになってしまって、何やってんだぁ?だ。
 4400文字のところで時計を見たら夕方。今日はこれで学習終わりにして、なくなってしまった日本酒を買いにいった。
 25度ぐらいあるところにマスクをして出かけるのは苦痛の何ものでもないので、近所の酒屋へテクテクと歩いて行った。小さな酒屋なんてマスク云々気にしないからだ。
 非常事態宣言が解除と言っても、あまり変わらず、それなら、准非常事態宣言准と言って欲しいものだ。
 個人商店の酒屋は正しい由緒ある酒屋なので、希望する酒はみーんな一升瓶だ。紙パックより、瓶の方が、やはり飲んでいるぞ、みたいな気分2割増し増しになるのだが、資源ゴミで出す時にはちと恥ずかしいもんだ。
 近所の人たちは殆どビールの空き缶なのに、我が家だけドーンと一升瓶、それとワインの瓶が数本。資源ゴミの日は、飲み過ぎ羞恥心を感じる時だ。

黄桜

スペイン語キーボード

 大学のレポートを書き始めようと思ったら、関係ないけどiPhone8が壊れてiPhone11に機種変更し、そのついでにスペースキーの壊れたMacBookを修理に出したのが数日前。
 保証内だしキーボードユニットを交換するだけですぐにでも戻ってくるだろうと思っていたら、すぐにアップルから電話があった。へ?
 キーボードがスペイン語なので日本には在庫なく本国(どこ?)から取り寄せるため2~3週間かかってしまうが、日本語か英語のキーボードならすぐにできますが、どうしましょうか?とのこと。
 
 実は、システム言語を日本語にしている限り、英日以外のを使うと、特殊キーの表示がズレてしまう。それならとシステム言語をスペイン語にすると、日本のソフトに不都合が起き、立ち上がらない、またはメニュー内に文字化けが起こり「これ、なんの機能だっけ?」を散見する可能性がある。
 それで言えば、英語のキーボードが最適な折衷案になるのだが、スペイン語特有の「ñ(エニェ)」のキーがあると、スペインファンにとって気も休まるところがある。
 もともとスペイン語キーボードを指定して購入したので、「3週間待つので願いします~」と返答。

 こっちは壊れないでねー、と、MacProを立ち上げて、マニアックかつマイノリティーなMac専用ワープロ「egword Universal 2」でパコパコと打ち始める。
 締め切りは来週末、現在2/5まで。煮詰まりはまだ先のややハマり状態。
 写真がないと寂しいので、MacBookのではなく、MacProのキーボードを添付。