喫茶店のメニューの写真

 おそらく個人的に一番恥ずかしい写真ってこういうのではないかというのを、昔の写真だからと言いながらアップしてしまうのってM(エム)入ってんのか?
 「チーフのナカジマクン~、一眼レフカメラを持っているのならうちのメニューの写真撮ってよ~」と、バイトしていた喫茶店のマスターから言われたのが、1979年の大学3年生の時。
 商業写真の技術がないと、かくもこういう写真になるという見本中の見本であるが、その稚拙過ぎることは撮った当人が一番分かっているのでここでは置くとする。
 カメラは、Nikomat FT2 + Nikkor 105mm f2.5。

 それよりもこんな感じのを作っていたのだと思い出した。
 最初のは10時までのモーニングで、コーヒーのみの値段で400円だったかな。今思うとずいぶんと豪華だった。コーヒーミクルの小さなカップが昭和だ。カップの把手とスプーンの置き方は合っている。
 2枚目は、今はもうないと思う「パフェ」のミックスパフェ?。
 リンゴの扇型カットは、何個かのリンゴを調理場に持ち込んでかなり練習をした。
 後年、チューブ状の生クリームが業務用として売り出されたが、当時は仕込み時間に私が作っていた。緑の乾燥ゼリーはアンゼリカ、ミカンは缶詰めのでマンダリンと称していた。
 3枚目は、ピザトースト。
 ずいぶんとド厚切りだけど、これを売りにしていたような記憶があり、価格はピザトーストの標準的な価格にして450円ぐらいなので良く出た、つまり沢山作った。当時ピザなんてイタリアン系の専門店ぐらいしかない。こういうのばっかり作っていると、ピザはサラミが付いているもの、と思ってしまう。←たいていの60才以上のおっさんはそう思っている可能性大。

 店の目の前が書店だったので、毎月「カメラ毎日」を買ってカウンターの中で良く読んでいて、巻末の広告も見ながら夜間の写真学校でも行ってカメラマンを目指すか、なんてよこしまな考えを抱き始めていた頃のはなし。
 

ウナギの食い納め

 うなぎの折り詰めをカミさんが買ってきてくれ、今年初めてのだけど、もともとウナギはあまり食べない、いや食べに行かないのだ。好きだけど。
 年に2回ぐらい友達同士で「うなぎの会」とかがあって、そのご相伴として食するので、年に1回か2回ぐらい。
 美味いウナギ屋というのもあるが、たいてい郊外にあるので車で行かねばならず、すると酒も飲めずに40分ぐらいじっと待っているのは苦行の何ものでもないものになる。また、何故かウナギ屋の店内って静か過ぎるのが多く、飲みたくもないお茶をズズッとすすって静かに待つのはお通夜っぽく余計辛くなること多し。
 何となく折り詰めのを自宅でコップ酒と共にやる方が私はマイペース的で好きですな。
 次回ウナギが喰えるのは来年の今ごろなので、今日が今年の喰い納め?

ウナギ

猫パコスーツケース

 MRIの検査を聞きに行こうと部屋の戸締まりをしようと思う時に限って、猫パコがいない。冬場なら寒いので居場所は限定されるのだが、夏場は好き勝手にあちらこちらにいるので良く分かんねー。
 5分ぐらい探して、あっ!と見つけたのが、足下にある虫干しで開いてあったスーツケースの中にいた。内張が黒だから分かんねー、鳴けよー。
 相変わらず猫は段ボールとかこういうスーツケースが大好きだ。

 慌てて医者のところへ行き、診断を聞いたら「セキツイカンキョウサクショウ」と言うので、「センセ、それ日本語?」と言ったら紙にメモしてくれた。脊柱管狭窄症というらしい。
 さらに、ギックリ腰というのは病名ではなく症状名と言われ、目からウロコ。
 何かの拍子で腰が痛くなる総称で、その中にいろいろな病名があるとのこと、なーる。

 MRIをとったのは6年前と同じ病院なので、その後の経過も知らせてくれてとても親切だ。その時診断された軽度の椎間板ヘルニアも小さくなっていて問題はないとのこと。
 で、今回のその脊柱管狭窄症は軽度だけど、老化が要因なので治療法はなく無理をせず病院伝授のストレッチをして手術必要にならぬよう、いたわりながら末長くお付き合いしてゆく病気で~す、などと他人事のようにセンセから言われた。
 こういうのは何かの拍子でまた痛くなることもあるのだけど、その拍子は沢山あり、またその原因も程度も沢山の個人差(個体差)があるとのこと。
 でも老化ならしょうがないな、と妙に納得してしまう私。あ、そ~。

 これからカメラの機材バッグなどを持つ時には意識しないとね、と思うも、今年はコロナ禍ゆえに仕事のキャンセルが何十もあって、そんな荷物を持つ機会なんてねーよ、とぼやくと。

猫パコ

高清水

 良く見ると昨日の写真とは違う。
 昨日は持ち上げた「高清水」紙パックが軽く、振ってみても軽く、3合もねぇんじゃない。先に「高清水」、そして「朝日山」と思っていたら、「高清水」を飲み切る前にZzzzz….してしまった。
 瓶のイメージがあったのだろうか、実はもっと入っていたとか。
 今夜コップに注ぎきったらちょうど1杯分だった。1合か。
 久しぶりに新潟の酒の一つ、「朝日山」を飲んでみたら、甘くないのが良い。以前飲んだ「越乃寒梅」だったっけかな、水で薄めたような感じではなく、高清水のようにしっかりしたコクがあって、かつ高清水より透明感のある味だった。へぇ、新潟の日本酒、いーじゃない。←今更言っているよ。←でも1升瓶だと高そう。
 
 ディスカウント酒店だと「高清水」は1,400円でアマゾンだと2,100円、+送料?他は「真澄」を良く飲むと。他「まる」とか「黄桜」とかは1,000円~1,300円だから、「高清水」は平均的に高目なのだろうか。
 しかし、ワインよりは安いよね。関税とかがあるからだろうけど、それも一升の日本酒と5合のワインが似たような価格で並んだりするとココロは微妙だ。
 基本的には、甘いのが苦手なので、安い日本酒だと時として飲んだ後味として変な甘味が残る時があるのでそれを回避すると高目なのになる。貧乏のクセに贅沢だ。

 因に作業台の上には、イカ焼きとかスーパーで買ってきた焼き鳥が置いてあり、その後ろに猫パコがいるけど、何も反応を示さないのが猫の個性なのか嬉しい。
 前のロベルトとルルデだったら、ちょっとリビングで一服して戻ってきたら、焼き鳥が散らばっているとかイカゲソがなくなっているとかがままとしてあった。
 猫の性格って人間のように細かい、と思う事がしばしある。

裸族のカプセルホテル

 ギックリ腰だけど、お初発症の初心者だったからだろうか、一晩寝たら昨日よりはずいぶんと楽になった。それでも起き上がる・しゃがむ・かがむ・座るなどの時には鈍痛が走る。
 昨日、腰がイタタタタ(北斗の拳かよ)の状態で、かのバックアップしたポジスキャンのpsdファイル等を整理していたら、必ずしや沸き起こる「HDDケースの再構築作戦」が現れた。
 HDD2台収納のケースがあれば、1つにまとめたいと思うのが親心(適切な語彙か)、1つは昨年購入したものだけど、取り敢えず、Amazonをチェックしたらいきなりビンゴ!
 
 複数台収納するケースは、RAIDが主となっているのが多いのだが、私のような個人ユースにはRAIDはそれほど必要なく個々独立してあれば良いところ。
 既存の2台は、Logitec製のだけど昨今HDDケースに固有名詞を付けるのが主流なのだろうか、それには「ガチャベイ」とあって、そのガチャベイのイメージキャラクター?の大型シールも付属していた。
 このガチャベイには、背面のディップスイッチからRAIDかSingleを選べたのだが、最新の4台収納のはそのディップチップがなくなり正面のモニターでの集中管理となった。こういうのはちと怖い。気がついたらSilgleじゃなくてRAIDになっていたりして、Singleに戻すのが私のレベルでは大変だからだ。

 センチュリー製のそれぞれに電源スイッチのついた独立型のケースがあった。ちゃんと名前も付いていて「裸族のカプセルホテル」。久しぶりに「カスタマーレビュー」以外でのAmazonで笑ってしまいました。センスもなにもないベタ以下のどうなるとこういうネーミングになるのだだけど、こういうの大好き~。
 おまけに極悪商法的に「今購入すると明日中にお届け」とか記してあって、今すぐポチッしちゃうよ、これじゃ。
 で、ポチッした後、レビュー見たら(先に見ろよ)、マイナスが1/3になっていて、ババ引いちゃったかな。壊れるのなら保証期間の1年以内にして欲しいところだ。