youtubeと『小説ジュニア』

 前述のYoutubeの「スカッとする話」だけど、無能大卒上司vs有能中卒後輩や在合コン:空っぽ美女vs地味風隠れ美女などは殆ど見尽くしてしまったところ、YoutubeのAIは素晴らし過ぎて「見尽くしたようなので、スカッと系関連のこれなんぞはいかがでしょうか?」というのをちらちらとご丁寧に表示してくれる。
 店とかへのクレーマーや学校へのペアモンなどがあるが、さすがにこちらはネタが少ないのですぐ見終わったら(暇だ)、「それでしたらこちらなんぞは・・」とご親切に表示してくれたのが、不遇な家庭環境にて育った娘の結婚式での両親(何故か片親の父親多し)への言葉。これはやばい、フィクションと分かっていても涙腺止まらずズズズッ、隣の布団ではカミさんはグガーッの深夜の合唱だ。

 大学生の長男に可愛い妹が産まれた直後に交通事故でなくなり、兄弟よりも親として育てるのが良いとして、小さな妹のために父親として大学をやめて働き始める。内緒にしていたのだが、昔の日記を見たのだろうか、結婚式では「お兄ちゃん、ありがとう・・・」と涙目で語る花嫁。思いっきりくだらない展開だけどズズズ・・・ッ。
 または、最初の子供(女の子)が産まれてまもなく、その両親は交通事故で亡くなり、弟が生涯独身となって父親代わりに育て、結婚式では「叔父さん、ありがとうございます・・・」、思いっきりくだらない展開だけどズズズ・・・ッ。
 この展開では、常に子供は女の子で、親役は父親だ。男の子と母親は皆無なのは、よりリアルになってしまうからだろうか。

 他は、出張の多い、または単身赴任の旦那がいて、小さい子供がいるのに妻が育児放棄して浮気しまくるという話が多い。設定のそれら妻の弁明を見ると、心の底から「クズ女」のオンパレードだ。この設定の他、旦那が浮気して妻と子を見捨ててしまう展開は皆無だ。あまりにも日常チャメシゴトだからか。
 例えば、普通の夫婦生活をしているところ、旦那が交通事故とかに遭って車椅子とか四肢のいずれかが不具とかになって職を失い、再就職をするも給料が1/3になってしまった場合、かみさんはパートにでる、または共働きの場合はカミさんの方が稼ぎが良い。普通ならこれでなんとか二人で生きてゆくのだが、Youtubeのとかだと「そんな不良品みたいな配偶者はいらない」と言って、旦那を捨てて離婚。定番としてはこの後、旦那は一発奮起して出世する。それを見た元妻は復縁を求めるが、金目当てのみのもくろみに旦那が大なたをふるう口上が、水戸黄門の8時45分風ですっきりするところがある。
 ただ、これらを作成している殆どが女性なのだ。女ってコワい。

 また、高校生モードもあって全てが男女の恋愛風である。パターンとしては、女子の方が何かしらのハンデがあって、それを男子がフォローしてゆくというもの。
 細かいところは置くとしても私は男子高だったので、そのような共学は死ぬまで憧れ続けているところでは、貴重な16才から18才までの3年間、共学に行けば、このような事柄の一つでもあったのではないかと後のカーニバル×4ぐらいに悔やみながら見ている。
 この辺の高校恋愛風モードは、昔あった『小説ジュニア』のミニチュアの現代版とも言える。『小説ジュニア』は中学から高校まで読んでいた。今から45年くらい前。大人向けが川上宗薫ならティーンエイジャーは富島健夫だ。←青少年向けにエッチなので、読み回して女友達とそのネタでキャッキャキャッキャしていた、交換日記とかで。←若い過ぎるね、リアルタイム昭和だ。
 で、こういうYoutubeを見ているのは、今や60過ぎたじじーだからね。

二本目の生ハム

 コロナで外出自粛要請での唯一のメリットは、ストレス溜まって酒でも飲まなければやってられん~、という大義名分が作りやすいことだ。
 でも、実際はやはり個人差はあるけどそれなりに溜まるもんだ。だよね。
 平時では気にせずチューハイなんて飲んでいたけど、こういう「コロナ有事」になると、防空壕には入らないが常温の日本酒かワインになってしまう。

 2本目の生ハムは、1本目の授業料が学習機能となってなかなか良い感じのスライス採掘作業になっている。
 1枚目の写真では片面の長い面をスライスしているように見えるが、まずその半分を階段状にスライスしてゆき、そこそこ段になったら隣の段上のをスライスしてゆき、最後は長い面のようになっているわけだ。引き続き階段的にスライスして行ったら裏返しにするつもり。途中で止まっているのはそこに骨があるからだ。
 カットした面は、オリーブ油を一面に浸したクッキングペーパーをぴったりカブしてその辺に置いておくのが良い、というのが分かった。
 それでも面は乾燥気味となるが、表面を1回スライスすれば新鮮な部分が見えてくる。

 この脚一本、13,000円は高いか?
 世の中には、いや私のSNSの多くのお友達は、バッグなどのブランド品やカメラ、時計など何万、何十万もするのを沢山購入しているのが多いので、その中で、こんなのをちょっと買ってもえーじゃないかと勝手に言い聞かせる。それらのお友達の財力が自分のとイコールしているかどうかのチェックは敢えてしないことにしている。
 嬉しいことに家族全員(2人だけだけど)が、生ハムを美味いと言ってくれることだ。総スカンなら号泣だ。

 そんな注文をアマゾンやヨドバシコムにすれば、たいてい赤帽とかクロネコヤマトの人たちが配達してくれる。
 手渡される箱はいろいろな人が触れてオマケでコロナだって付着している可能性はある。そんな可能性の中の騒動であっても変わらずあちらこちらに荷物を届ける配達の人たちにはほんと感謝をもってねぎらいたい気持ちであるが、それは心で思って「いやー、いつもありがとうございます。お気を付けて・・・」と言うぐらいが小市民だ。

 20度近くになった昨今で、昼間の自室は20度を超えているので、猫パコは好きなところで勝手に寝ている。それでもザラザラしたカーペットの上が好きみたいだ。猫パコ生ハム生ハム

サンデー毎日

 体重計に乗ったら、3日前の68kg強が67kg弱と表示されて一安心。
 たにもかくも食事の量を減らそう、酒の量は減らしたくないが。ワインのつまみと称して、フランスパン1本は多いと思った。ガツンと1/2ぐらいにせねば。
 酒でも飲まないとやってられねーよ、と毎夜思うも、毎夜飲んでいたらそれこそ何もやってられなくなる寝たきりになるので、せめて休刊日+酒日を繰り返すと。
 用がなければ外出しない日々が続いているので、ほんとサンデー毎日~。

コロナで自宅難民?

◇ 久しぶりに昔の粥釜(アナログ式タイガー製)で粥を食べた。
 冷や飯とかではなく米から炊くと米の香りが漂っているのを思い出した。
 梅干し屋のじーちゃんが「うちの南高梅の梅干しは賞味期限なんてないぞ!」と言っていた梅干しの他に、塩昆布やこの間日光に行って買ってきた「日光たまり漬け」などを乗せてサラサラ。
 ファミレス・ロイヤルホストが提供していた「中華風粥」のように、ちょっとごま油を垂らしてみるのも良い。焼いたハラミと一緒に食してみると、何故か「あ、日本人だ」になった。

◇ 昼前にピンポン~と鳴って出てみればアマゾンがトイレットペーパーを届けてくれた。
 トイレットペーパーとティッシュが底を尽きた・・いつだったっけ?今月上旬?即座にアマゾンでチェックしたら中国からの中国製の10ロール1,800円を1週間以内にお届け、と出ていたので無意識にポチッ。
 そうしたらコロナウイルス騒動の所為で、とても遅れます。3/26までには、というメールが来たので、そのままにしていたら、ご立派にも1日早い3/25に届いた。3/24のダイソーでは、殆ど同じの2個100円のトイレットペーパーが山積みになっていた。来客用のトイレに置いた。
 その中国製のは日本のよりも幅が短く、ペーパーホルダーから落ちてしまうこともあり、以前に行った北京や大連のホテルを思い出した。
 質は日本の高級のよりも落ちるけど、ソ連のよりもとても良心的で日本の格安ロールと同じぐらい。逆に可愛い感じがした。

◇ 生涯3本目の生ハムが届いた。
 前回も丁寧だったが今回のはもっと限りなく丁寧&プロ意識でこだわる店が提供するもので、付属の小冊子がこの生ハムの価格の1/3でも価値あり過ぎの生ハムガイドブックだった。
 でも、結構セレモニーが多い。
 冷蔵で届いたら、箱から出して真空パックのまま2日放置、通常配達なら1日。次に袋から取り出して、周辺をオリーブ油とかで塗って1日放置してから、スライス。
 その後は、直射日光の当たらない風通しの良い場所にて常温保存。ただし、エアコンのもとなど乾燥し過ぎる場所はNGのようで、季節さまざまな日本において、どこに置けば良い?になってしまう。
 もっとも、乾燥した風土で生活する人々のために生まれた食材を、全然それとは違う地域で食そうとするところに、追加的な手間が発生するのは仕方がないところとも言える。
 以前に買った時には、安っぽいハモネーロ(生ハムを乗せる台)がありがたくも付いてきたが、調べてみたら、それなりにこだわりをもってハモネーロがズラズラ。それを見て、思い出したのが、エミリオの店(グラナダの寄せ木細工工房のお友達)で、その寄せ木細工のハモネールが売っていたじゃないか・・・なんで先々月エミリオの所に行った時に買わなかったのだろうか、と自分を責めた。深く・・・いや、次に行くための正しい目的ができた。とも言える。

 「グルメソムリエ(https://www.gourmet-world.co.jp/shopping/namaham_hikaku.html)」

 このページ末にここで生ハムを購入した人たちのブログなどが紹介されていて、スライスの仕方などとても参考になるのだけど、数万もするベジョータなども購入している人がそれなりにいて、リスペクトのスタンディングオベーションだ。
 ベジョータの最安値風の5万円、またはセボ・デ・カンポの3万円のだって、とてもポチッする勇気のないアジアノ小市民だ。みなさん、凄いのですなー。
 

粥
中国製のトイレットペーパー
生ハム

娘のお初遠出運転

 結局、娘の運転練習のために来週、日光に行く事になった。
 もちろん観光じゃないので格安宿を探す・・って、いつもだけど。場所柄ペンションがてんこ盛りでズラズラだけど、13,000円クラスが多いのは当然だけど、親子でペンションはなぁ・・・。
 より探したら8,000円というのがあって、口コミも最上級の絶賛モード。ホントかよ。現金払いで申し込むと、この時期なのでキャンセルがあるかも?で事前のうるさい確認メールが舞い込むので、ガツンとカード払いでポチッ。
 その前にbooking.comでも検索した。昨年と今年とバコバコとアンダルシアのホテルを予約したので、10%割引になること多しの「レベル2」になった。ドラクエか・・遠いよレベル99。
 そのBooking.comでも日本の宿もヒットするのだが料金態勢が日本は独特なので、1泊2食付きが出てこない。結局、楽天トラベルでポチッ。
 
 宿は日光の東照宮の先の裏見の滝周辺なので、いろは坂もあるのだが、日光まで行ったその先にまたいろは坂はかわいそうかな。特にあぶない下り坂。
 その登ったところには、華厳の滝がある。普通なら小学校や中学校の頃行った以来となるのだが、35年ぐらい前まではスクーフ・フォトで頻繁に行っていたのであまり興味がないというのもあり、いろは坂は登らないかも。

 やはり親子共通の興味のある東照宮を攻めてみたい。
 私は現歴史学部生の中国史からの日本史にちょこっとだけ入っていて、娘はもともと受験は、文学部の日本歴史学科志望だったので(落ちた)、取り敢えず会話はシンクロするが、この辺の知識は悔しいが、現役の娘の方が詳しい。
 佛教大学の日本史とかに再入学するか。
 この場合、2つの選択肢がある。歴史学部歴史学科日本史コースと文学部日本文学科だ。その時代に生き、その時代に即して自己の表現をした作品を介して学ぶ後者の方が面白いような気がするが。

 日光もほんと久しぶりで、スペインの友人サンジョが来た時以来なので1数年振りだ。その時には、神橋がリニューアルで見られなかった頃だ。
 帰りは、いつもの今市(今は日光市に)の「日光たまり漬け」でお土産を買うと。