居酒屋「黒龍」

居酒屋「黒龍」

居酒屋「黒龍」

 昨日、スペインのブルゴスから来ているロベルトと飲んだ。前回は上野だったので今回は秋葉原。
 間違えないように、秋葉原中央口を出たところにあるヨドバシカメラの入り口に19時、そこからマクドナルドと長距離バスやタクシーの乗り場が見える、とメールしたのに、彼は全然違うマクドナルドで待っていた。駅前に3軒もマクドナルドがあるなんて思わなんだ、さすが秋葉原。
 Facebookの電話がかかってきて「今どこ?」とロベルト。説明すると、「位置情報を送ってくれ」、そういうのができるのは知っていたが、そのやり方が全然分からず、日本語だって分からないのに、スペイン語でなら尚更だ。
 昭和通りを渡った奥の養老の瀧にて、説明してもらって、おお、なるほど~。次回一人でできるかどうか不安だけど。ただ、ロベルトと次回秋葉原で会うとすれば「駅横のかの喫煙所で」と言えば済むようになった。

 2件目は素通りしそうになった怪しげな居酒屋。
 秋葉原昭和通り口を出て、昭和通りを渡って左にちょっと行ったところだから駅前とも言える。
 適当に記した風の外看板を見たら焼き鳥がメインなんだけど、店名は「中華料理 黒龍」となっていて、なんだこりゃ?だ。
 店内は、東北か北海道辺りの各駅しか停まらない駅前の場末風居酒屋そのものだった。
 客観的にはおすすめできないが、主観的には、やけくそ気味に割り切って入るととてもグーッな店だ。基本的に気遣い等全く不要な雰囲気があり、今どきかなーり見かけなくなってしまった店の一つだ。
 私よりちょっと年上のマスターに聞けば、この間までマスターのおやじさんが中華料理をずっとやっていたのだが、亡くなったので、定年でブラブラしているのなら店でもやるか、って感じだそうで、一人従業員がいたけどマスターとタメ口で話しをしていたので昔の同級生風かもしれない。
 
 私と同様、若い時からプラプラやっていたのだろう、そのマスターが、ロックとかギターをやっていたので、是非、これを聞いてくださいよ、とかけたのが、なんと、アルベニスの「レイエンダ(アステゥーリアス)」、思わず「こんな店でこんな曲を聴くとは思わなかったよ~、マスター、ナイス!」。私と同じレベルぐらいに英語ができるマスターは(つまりカタコト以前)、ロベルトと英語で喋っていた。
 次いで、イエペスの「アルハンブラの思い出」や「キンいじられた遊び」などもかけてくれて、さすがに、スペイン人のロベルトは、10弦ギターを使うイエペスを知っていてさすがだ。
 マスターは、セッションでワールドワイドになってパコ・デ・ルシアも好きだそうだが、ロベルトはむしろ歌い手のカマロンを薦めていた。偶然にも話題がシンクロしていた。

 後に話題に出たのだが、ジプシーキングスは果たして何人なのか?がある。
 以前、3人ぐらいに聞いたら、1人はフランス人、残り2人はスペイン人と言っていたのだが、ロベルトはウキィペディアを見せてくれた。ジプシー系のフランス人だった。20年来の謎が解けた・・って、先にウキィとかで調べろよな、というのもあるが。
 秋葉原界隈では一番イケていない店としてお薦め~。たまに顔でも出そうっと。こういう店、大好きだ。
 

来年のカレンダー

2019年のカレンダー

今年のカレンダー

 気が付けば12月だ。毎年恒例のカレンダー作成と手帳切り替え作業がある。
 手帳は、ここ10年ぐらいダイゴー社の普通の縦長で、左ページに1週間、右ページは白いメモコーナーのやつ。昭和世代なら、手帳の1ページは1月1日からの記憶があると思うが、最近のはきっちり1ヶ月前の12月1日から始まっている。
 10年前までは、仕事の関係で富士フイルム関連のを愛用していたが、そこから、きっちり1月1日から始まるのは1991年までで、私が結婚した1992年以降、印刷の折りの関係からか12月の2、3週目から始まるようになった。1992年頃、何かあったのだろうか?
 途中、手帳が変わっているので明言できないが2000年辺り以降、12月1日から始まったような印象がある。
 業種によっては年末進行がタイトで、12月中旬辺りで、年内か年明けかが分かったりするので、年を跨いだ12月1日からの手帳の方が便利で、iPhone等ではなく手帳をメインとするビジネスマンだと11月下旬に手帳を替えるのが多い、と言えるかも。システム手帳だと、単につぎ足すだけだからこういう大変さはないかも。

 カレンダーは、ここ数年愛用の無料PDFサイト:
 ツクール.com/エクスコード(株) http://tucool.jp/calendar/

 あくまでもデスク用で、ポンチで穴を空けて引っ掛けるやつなので、サイズはB5。DLしたA4を縮小プリントしている。
 100円ショップでもゾロゾロ売ってはいるのだけどビジネス向けではないのが多く、干支のイラストとかって要らないんだけど的な大きすぎたり小さすぎたり。ホームセンターに行けば、ベストサイズとかのが盛りだくさんなのだが、価格が1,000円近く悩ましい。
 で、結局、DLしたのをカラーコピー30円×12=360円になり、適当なボール紙に合わせてホッチキスになる。

 お洒落な卓上カレンダーの TOLOT(https://tolot.com/jp/)もあるけど、今年は昨年のままで良いかな。
 ぶったんカレンダーも悪くはないのだが、ありがたいお言葉のスペースの為、肝心のカレンダー枠が小さく、用事等を書き込みづらい。因に、写真内左にある、太陽電池での首振りぶったん、1,400円も出して購入したのに、LED(100w相当)の電球では首は振らなくなり早くも昇天か。

手術は来週

猫パコ

 今朝の猫パコは、決まった場所にだけど、久しぶりにタラタラと血痕があって、朝からスプラッタかよ、だ。
 慌てて予約を入れて病院へ行った。手術が決まったのは良いのだが、それは1ヶ月後だから、こんな状態で体自体が保つのかどうか心配になってしまったからだ。
 事情を話し、サードオピニオンにならないよう、その病院からの紹介にて早く手術ができるところ等の相談をしたら、今日は病院長がいる日とかで、少し相談してきます、と言った後、手術日を大幅に繰り上げてくれることになった。言ってはみるもんだ。
 おそらく、大きな手術でない予約日なのだろう、来週の火曜日となって、今日はより嬉しい日となった。
 3歳で1cmもの膀胱結石ができるのは珍しいとのことで、術後検査に回し、その結果を教えてくれる、と云う、とても大変親切な動物病院である。最初の病院選びが間違っていなくてラッキーだ。

セカンドオピニオン

猫パコ

 こうやって見ると、やはり模様がないのでインスタ映えせず、死んじゃった様にも見える・・。
 膀胱炎と診断されて2週間、抗生物質を与えてもあまり快方へ向かわない、またはいつものA犬猫病院、何も言わず3週目の薬をくれたのもやはりおかしいんじゃないの?と思ったのは試験一週間前。
 やっと試験が終わったので、さすがにセカンドオピニオンを選択した。
 トリミングとかはやらず駐車場のあるところを地元で検索してみるといろいろあるもんだ。一つ選んで行ってみれば、私がいつも行く病院を小さくしただけの立派な設備が整ったB犬猫病院だった。

 今までの治療状況を述べたので診断も早い。「エコー撮ります」・・・え、5,000円?次に、「レントゲンも撮ります」・・・え、また5,000円?
 結果としては、膀胱炎ではなく、膀胱に石ができていてそれが動いて炎症を起こしていたそうだ。ただ、大きいのは1cmぐらいあるので、薬とかで溶かすのは難しく、要手術と言われた。3、4日の入院で10万円ぐらい。おおっ!しかし、人間が膀胱結石になり除去手術をしたら保険が効いてもこのくらいの入院費になるだろう、と言い聞かせた。原因は、やはり体質的なものがあり、餌は例の高価なph系に統一するのが良い、とのこと。少量なら吐かなくなったので、ま、いいか。
 
 初回問診の時、「パコちゃんは何種ですか?」、「え、たぶん、黒猫種・・」
 「どちらでお求めになられましたか?ブリーダーからですか、それともペットショップとか」、「その辺からもらってきました」
 レントゲン撮影時に暴れたのだろう「今度、見えられる時には爪を少し切ってきてくださいませんか」、「え、人間用ので切っちゃって良いのですか」、「・・あ、じゃ結構です、そのままで・・」
 この病院に来るペット達はセレブ系なのだろうか。
 しかし、執刀医が忙しく手術は来月の暮れになった。まずは病気名とその対処法が分かり一安心。何にしろ人間もそうだけど、これがまず大事。なんだか分からないのは辛いからね。セカンドオピニオンがファーストオピニオンになった。代わりに今年の暮、旅行どころではなくなった。

道の名称

明治通りと白山通り

 大好きなスペイン、アンダルシアのある町のfacebookグループに、昔撮ったそこの写真をあれやこれやアップしているのだけど、これは●×通りだ、などのリアクションがあって嬉しい。しかし、猫しか通らない細い裏路地にも名前のあるスペインなので、言われても全然分からない。
 大きな通りも何となく分かるのだが、幾つも呼称があったりして、A通りだ、いやB通りだ、などと喧々諤々か喧々囂々(漢字書けない)風なのだけど、ちょうど4号線だけど、都心では昭和通りで、郊外になると日光街道になったりかな、と思っていたら、17号もそうだった。

 試験が終わり一服をしに、西巣鴨の交差点へ行ってプカァ~しながら見上げたら、おおっ、ここにもあった!だった。白山通りの呼称は明治通りまでで、それ以北は中山道、もっと北へ行けば普通に17号。同じ17号なので外人が見たら混乱するかも。そうか、都心での通称の境目は明治通りだったんだ。ちょっと賢くなった。

 試験の方は、出るだろう6設題のうちの2つが2/3までの未完成で、残りは「現場ライブ」と覚悟して臨んだ。←本来はこういうやり方が正道だ。運が良く完成した4つの方から出て、帰り際に会った試験官のおねーさんに「優しい(易しいではない)設題を出してくれてありがとさん~♪」。
 何人か見知った人が会場にいて、終わった後には「なんかスポーツの試合をし終えた感じ」と言っていたけど、同じ会場で試験を受けたところでは、戦友という親近感が湧いた。
 次は、のんびりと3ヶ月ぐらいかけて読んでレポートを出して、かな。