樹木葬

樹木葬

 友達の樹木葬に行ってきた。ここ数年、耳にするようになった観のある樹木葬で、行ったのは千葉県の袖ケ浦。
 袖ケ浦の駅から車で30分ぐらい走って着いたのは、一山もあるような大きなお寺の敷地内。
 通常のお墓と樹木葬エリアに別れているようだ、というのは広すぎて良く分からない。
 あらかじめ言われていた「ピクニック気分で来てください」は、まさにその通りで、丘を登った辺り一面がその樹木葬エリアで、当然広い。
 聞けば、樹木植樹はそれほど関係なく、2,3m四方の土地をキープし、そこに穴を掘り、骨をうずめ上から氏名を刻印した四角い石を置くだけ。骨壷ごと埋めでも良いのだが、土に帰る意味で白い布に包んで埋める人が多いとのこと。
 
 一応お寺内での管理なので戒名みたいなのを付けられるがあくまでも形式上でのことらしい。初七日とか三回忌、お盆などの日にお参りする必要はなく全くの自由。自由と言えば、自分のエリア内だったら家族以外の友人でも良く、また、ペットでも良いらしいが、これはちょっと嬉しい。確かに、「チーコ」とか刻印してあって、最初に見た時には、え、誰?だった。
 また、その土に帰る、というのも良い。考えてみれば、幾つも先祖の骨があってもどうするの?みたいなのがある。

 一つの選択肢としてこういうのも今風かもしれないが、良いな、と思った。

 当日、天気予報では30度を超えるとの予報で、確かに暑かった袖ケ浦だったけど、海が近くなので風があり、とても過ごしやすかった。少なくとも海のないさいたま市の30度とは全然違っていた。
 それでも暑さゆえ、ちょっと不良をしてしまい生ビールを2杯も飲んでしまい、帰りのバス車中では大熟睡の大爆睡、気が付いたら新宿バスタだった。

お初ビジネスクラス

 いつものようにweb用台湾旅行記を時間を見つけて作成中、いや、見切り発車風にて推敲を後回しにしてできた分を先にアップ。

「82才のビジネスクラス」

 しかしビジネスクラスは初めてだったので、真面目にチケットを受け取ったら習慣的にエコノミーに並んでしまい、キャセイの女性に「こちらにどうぞ」。田舎もん丸出しだ。
 ビジネスだと最初の荷物検査も入り口が違い、税関以外は何から何まで優遇されていて、酒からつまみまでなんでもあるみたいなラウンジ(貴賓室)にて時間まで一休み。
 社内旅行とかでバスに乗るといきなりビールで乾杯大宴会というのが昭和スタイルとすればまさに叔父はそのスタイルにていきなりワインを飲み始め気が付いたら数杯飲み干して最後は、飲み過ぎたから最後はこれにするよ、と白ワインを飲んでいた(意味なし)。
 1年振りの海外旅行で気分も良くなったとは言え、82才がワイン1本飲んで飛行機に乗るかね。
 機内で酔った乗客が暴れたとかのニュースをたまに聞くが、たいていビジネスなどに乗り慣れていない叔父みたいな人だと思う。不慣れな優遇を受けまくり酔いに任せて気が大きくなるからだろう。

 機内に入ると、昔のエコノミー同様シャンパンとジュースが出てきて、当然叔父はシャンパン。水平飛行になるとドリンクサービスが始まり、当然叔父は赤ワイン。確かにワインは美味く、2,000円のエコノミーなら、これは3,000円以上のだ。気が付くとスチュワーデスに大盛りに注がせたワインを2杯飲み干していた。
 3杯目を注がせたところで機内食が出て、最初は前菜でその後に主菜が出るのだが、最初にそれを言ってあるのに酔っぱらってそれを忘れ前菜を食べたところで熟睡モードのZzzzz。いびきがなかったのが幸いだ。しかしビジネスも初めてだけど機内食の主菜(牛肉)を2つ喰ったのも初めてだ。
 ワインを1本以上飲んでの2時間ぐらいの睡眠じゃ酔いは抜けず、微妙に千鳥足の叔父は「さっぱりした機内食だったねぇ・・美味かったけど。」
 
 再三説き伏せて、帰りのラウンジではワイン3杯までね!
 田舎モンの私にとってはラウンジはあまり面白くなく、やはり帰国前の空港では免税店で土産などを買いたいので、「あと1杯ね、それ以上はダメだよ、機内食食べられなくなるからね」と言って途中からラウンジを辞した。
 搭乗口で待っていたら、ツアーで仲良くなった同郷のご婦人と意気投合してやってきた。往路で見たような千鳥足にて話し声もややボリュームアップ。そのご婦人に聞いたら、私が辞した後、一緒に数杯飲んだそうだ。チェックが甘かった。
 帰りは疲れも溜まり、今度は機内食が出る前にZzzzz….の大爆睡。ま、広々としたシートで3時間たっぷり寝たのだからビジネスクラスをたっぷり堪能したとも言えるが、どっから見ても恥ずかしいのは私だけの感覚だろうか。
 
 それよりも、機体から空港内への移動等は歩きづらく、その酔いでもって倒れて最悪の大腿骨骨折とかになったら叔父の二本足走行はジ・エンドとなり以降、歩行器か車椅子のお世話になる。いつかはそうなるのかもしれないが、その時の近くに私がいた、となると、寝覚めが悪くならないかなぁ。

スーツケースにスッポリ

猫パコとスーツケース

 場合によっては、旅費ぐらい出してやるよ、ぐらいな立場の叔父にとって、やはり自分が行きたいと思う時期が最優先されるのだろう、結果的に先週高雄から戻ってきたばかりなのにまた明日台湾へ行くことになった。

 叔父と行った前回は、飛行機はチャイナエアライン、ホテルは通常よりは一つ星が多いところでのフリーツアーで、特に不満はないハズなのに、かなり以前に乗ったLCCが今更にトラウマになっているのだろうか「狭いシートは嫌だよ、機内食も欲しいし」、で、やはり自分が仕切って手配したいのだろう、いつもの近所にある近ツリ、クラブトーリズムにて、「ビジネスクラスで行く自由のない台湾ツアー」に申し込んだようだ。

 叔父と一緒に海外旅行、台湾と中国へ行くようになったのは4年前の2013年から。
 その時には、いつ香典になるか分からないね、とギャグ的に言っていたのが、今は真面目に香典を心配するようになったのは、もう82歳だ。
 とすれば、フリーで気軽さを求めるも各食事場所を決めなければならない面倒が顕著になった年齢とも言え、何にしろホテル前からバスで連れていってくれ、着いて座ったら食事が出てくるのが何よりも楽で安心であり、出てくる料理も日本人からしてそれほどハズしてはおらず、それは台湾でも中国でも同じだった。

 何歳まで一緒に行けるか分からないけど、叔父がこういう旅行をしたい、というのならそれに合わせるだけでも良いかな、と言うところ。ただし行きたい場所は台湾か中国の上海、北京、大連辺りまで。それ以外の四川とか香港とかは乗っている時間が長過ぎる。
 そういうところでは、魯迅の故郷、紹興には行きたいと思うが、それ専用のツアーはないし(あるけど滞在時間いと短し)、あっても叔父は興味がないだろう。

 明日からのツアーの台北在住では、またしても九份観光がある。
 さすがに足腰が微妙な叔父にとってあの九份の階段は無理かもしれない。しかし、その後の夕食がどうやらその階段付近のレストランのようで、どうやってそこまで叔父を連れてゆくかが気になるところである。
 
 ま、夜もなるべく叔父と会話できるようにMacbook Airは留守番の予定。戻るとスペムメール含めて未読1200とかになるかも(涙)。暫定的にパッキングして重さを量ったら、おお、合計9.8kg!グッドじゃな・・あ、明日はLCCじゃねぇよ。うーむ、何を持ってゆこうかな、などと考えながらパッキングしていたら、お約束ゴトのように猫パコやってきてチンマリ。
 猫はスーツケースと段ボールが大好き〜♪

海外旅行保険

 あまり金額金額金額と言うのもどこかセコくなった気もするのだが、海外旅行保険などは婦負用が違うのにどうしてこうも値段が違うのか、がとても気になる。保険全般に言えることなのか。
 昔から飛行機のチケットを買うとついでに海外旅行保険のパンフレットなどが付いてきて、インターネット購入になった昨今では、チケット申し込みと同時にそのページから保険も申し込み契約することができる。
 かのてるみクラブを引き合いに出すまでもなく、格安チケット販売等の旅行会社の数は多く、基本薄利多売。そこからチケット代金以外にも金を取ろうとすればまずは海外旅行保険になる。

 チケット申し込み時に、「保険は自分で申し込みます」とチェックを入れても、頻繁なるスパム風に東京海上からの保険申し込みメールがやってくる。過日台湾高雄で申し込んだDeNAとラベル経由。「カードに付帯する保険では不十分です」などと大きな説明があったから、カード所持を理由に断る人が多いのだろう。

 死亡金1000万円、携行品30万円を基本として幾つかのオプションを付け、アジア4日間での同一条件にて見積もりしてみると、大手有名保険会社のは3,500円。そのDeNA東京海上のは3,200円。私がいつも申し込んでいる住友海上のは、1,600円。

【価格.com – 海外旅行保険 比較】
http://hoken.kakaku.com/insurance/travel/
にて、同条件、アジア・1人・4日で検索してみると、最安値1,400円、最高値4,000円があり、この差額2,600円は何なんだろうか、と思ってしまう。

 以前、そのスパムみたいな保険申し込みメールの中で「保険加入を強くお勧めします」とい記述があり、さすがにキれてしまい言葉は丁寧だけど、同一条件での保険料において他の保険会社からはより安い金額が多く提示されている中で、その倍ぐらいの価格の貴社提供の保険を「強く」顧客にすすめる理由をお教えください、と返信したことがあった。
 後日、記述に対するお詫びの返事が来て、そのお詫びへなのかメモ帳を頂いたことがあった。てるみクラブの子会社だと思ったけど、メモ帳まで送ってくれるなんてなかなか親切じゃない。

 先日飲んだ台湾フリークの人もやはり、てるみクラブの常連で、そのお友達は当たってしまったらしく、一人は台湾現地到着後NG、もう一人はプーケット島ツアーを家族3人で申し込み振込後にNG。
 こういう旅行会社がつぶれた場合の支払旅行費をフォローする保険特約が今後出てくるか。大手旅行会社だと+200円で、小さい会社だと+800円とか?

 ところで、先週高雄から戻って来たのに、今だチケットを買ったDeNAからメールが週2ぐらいで来る。今度は単なるお得お知らせメール。さすがに「二度と送信するな」設定をさしていただいた。

かいしんの一滴!

かいしんの一滴!

 こんな目薬が出たらダメだよ、無条件で買ってしまうじゃないかい。
 目薬は多少の浮気はあったとしても基本昔から「お笑い頭の体操」からのVロートだけど・・って、これもロート製薬だからいいか。

 マジで遊びまくって作っているこのかいしんの一滴!目薬。
 蓋を開けるとフィールドが印刷されていてとても楽しい。また説明書も一応医薬品なので裏面はちゃんと記されているけど表面は思い切りドラクエモードだ。
 企画商品と記してあって、コンタクトレンズ用と私の買った一般用(400円ぐらい)、そしてちょっと高目のゴールドスライムのもあった。
 また、目薬自体を入れるスライムの形をした入れ物のもあったけど、やはりスライムの形をした目薬の方がインパクトあり。

 ドラクエファンからすれば、こんなの中身は害がなければ砂糖水でも良く、プラシーボ効果でOK。入れ物がとにもかくもグーッ。ファン必見、いや必携のお品間違いなし。
 空になっても入れ物だけ置いておいても良い感じ。
 やるな、ロート製薬。