今週も涙〜

成人式前撮り

成人式前撮り

 2週間前の痛風発作が今でも続いているのはいくらなんでもおかしいので、改めていつもの医者へ行く。「ナカジマさん〜、良いところに来た。見てよこの写真・・・」と先生。診察よりそっちが先か・・ま、いいけど。お年の先生なんだけど山登りと写真が大好きなので軽くて性能の良いOlympus OM-Dの話で盛り上がる。
 写真談義の後、ヒザの水を抜き注射を打ってもらいステロイド系の薬をもらって一段落。曰く、酒云々よりも尿酸値が高いのでいつ発作が起きてもおかしくない状態らしい。数日前、痛風にはあまり良くないカツオとかサバ、イカなどを回転寿司でたくさん喰ったからかなぁ。毎夜夜になると熱が出るのは原因は別の風邪のようである意味、併発だ。

 その数日前、娘の成人式の前撮りがあり地元のホテルへ行った。
 全く期待していなかった写真だけど、なんとびっくり五十嵐写真館が入っていた。東京では昔からこの五十嵐写真館と有賀写真館、佐藤写真館などが大老舗写真館として有名だったからだ。五十嵐写真館が入っているのなら着付けやメイクなども同等で安心だ。
 私の成人式(参列していないけど)の頃の髪形メイク等は、伝統形式からかベルトコンベアの流れ作業のようにみんな同じ髪形で、かなり似合わな過ぎを量産していた観があり、美人は美人だけど普通はブス、ブスはドブスに変身させられ、メイクも細く見えるメイクなんてしない平安朝モードなので美人以外はみんなメタボ状態の観もあり、見せられた写真へは、褒め言葉よりも角の立たない慰めの言葉(帯だけを褒めるとか)を探す方が大変だった記憶がある。
 今はそんな量産的なのは少なくなり、その人に合った現代的な髪形やメイクを施し、普通は美人になりブスは普通以上にもなる良い時代である。少なくとも写真を見た側からすれば心から綺麗だねぇ、と言えるのは幸いである。

 服のレンタルもあるのだが、色や柄の好み、そしてその人のサイズを考えるとそれこそ2、3年前から予約しないと難しいところがある・・ようだ。体系はヤセでもデブでもあまり問題はないのだが、丈と袖の個人差に対してはフリーではないからである。
 とは言え、受験真っ最中(11月〜2月)に電話があちらこちらからかかってきても3年先の事もさることならが、今はそれどころではない状態だ。推薦だと今頃には決まっているのでそういう受験生ならOKかも。また、その翌年にかかってきても、大学も始まったばかりで履修届けや新たな授業内容への対応、クラブ活動など忙しいので、やはりそんな2年後のことなどを考えるゆとりがないというのが実情である。
 そんな電話やDM校正に辟易気味なところから、カミさんが成人式の時に新調した服を着ることになり、ある意味での親孝行と相成った。40年ぐらい前の着物なので洗濯を頼んだのだが、頭の中では同じ価格帯であるライカのOHぐらいだと思っていたが、なんと染み抜き含め2万もかからなかった。安いのね。素晴らしい。
 それでも好みから帯や草履、バッグなどは、何かしら新たに揃えてあげたい親心から新調したようだ。カミさんが払ったのだけど。

 でき上がってきた娘に、おお大人っぽくなったじゃん、とか、シックな着物がとても良い、などと父親の威厳風に言おうと思うも、おお、イーじゃん、そこで写真とって行こう、足痛えーんだ。
 KGサイズなどには焼いてくれないのがこういう写真館なので、1カットだけそういうプリントもしてくれる地元の写真館でお願いしようと思っていたのだが、せっかく着たのだからと近所の親戚宅などへ行くことになり、かつ足がも痛く、娘も帯で締められて気分イマイチとなり地元写真館をドタキャンせざるを得なくなった。足が治ったら菓子折り持ってお詫びに行き、KGプリントはスキャンだ。
 自分の服だからそのまま帰れるのが良かった。

 戻ったらスペインバルへ行きたいと娘が言う。
 頭の造花だけを取って普段着に着替えたら何処かのお店のオネーチャン風になってしまった。後ろ髪上げているからか。
 酒を飲まずに我慢しても何かしらの食べ物で尿酸値が上がって発作を起こすのならちょっとぐらい飲んでも良いじゃん、と開き直りちょこっと一緒にワイン3杯をなめてきた。
 
 こんだけ治療を受けたので、今日は当然ながらむくみや腫れは残っているけどそれらも減少し痛みも皆無。来月上旬、例の叔父と台湾へ行くのだけど、心を入れ替えそれまで真面目に禁酒だ。

哀愁のフォコマート

フォコマート

 3年前の写真展にて、もうモノクロはやめた宣言するも、いつでもプリントできる態勢にしていたのは何処かしら敗北宣言を認めたくはない女々しい(ジェンダー派からおとがめを受けるかも)未練たらたら故なのかもしれない。
 過去の写真を改めてプリントするのもあるが、やはり実際にフィルムで写真を撮っている状態であればのことで、プリントしようなどとは一度も思わなかった。

 処分を考えるのなら、ヤフーとかで騙して売る(売れないけど)、希望者に贈呈、廃棄などがあるが、条件が合えば第二の人生インテリアがあることに気付いた。幸いあまり使わない玄関靴箱の上が空いていたのでそこに乗せた。当然台座は入らないので台座は自室において作業台として再利用し、2cm幅の板を買ってきて支柱用の穴をドリルであけ、ペンキとニスを塗り、最後に引伸機レンズのフォコターを装着して出来上がり。
 夜中に帰ってきた娘がこれを見て「とーちゃん、なにこれ?」、アンティックぽくて良いでしょ。

 それならば台座の上にライカM6でも置こうと思っているのだが、なんとなくこれらに合いそうなカメラの台が見あたらず現在物色中。ミニ三脚はちょっと違和感がある。普通に台の上に小さなクロスを敷いてその上にカメラかな、などと思っているところで痛風発作~。
 隣にMacintosh Plusもあるので、その隣に初代iPodでも置こうと思うも、これまたこれようの台が見あたらない。今置いてあるのは暫定的に四世代iPod。急いではいないのでのんびり探そうと思っているところ。
 私が生きている間だけ身近にあるということで良しとしたい。

焼き魚用の皿

長角皿

 iPhoneがあると寝ながらでもamazonとかに注文できるから便利だ。
 もっとも娘なんぞはiPhoneの画面が小さいからと言って枕の横にMacBook Airを横に立てかけて見ているから大したもんだ。
 シャケや鯵の開きを乗せる皿を割ってしまいやや欠け気味のが一枚しかなかったので機会あれば探していた。しかし、これがなかなか見つからない。欲しいとなるとそれなりに欲が出てしまい、間が持たないからのようなどうでも良いような模様のは好まず、シンプルなのを求めるも、そういうのは殆ど売っていないのだ。220mm×120mmぐらいの。
 白でも良いので数件の100円ショップで探すもちょうど良いのが見あたらず、唯一売っていたのはやたら細くて長い皿で、おそらくサンマの焼き魚専用かと思われた。開きははみ出て不可。これは何用なのかが未だもって不明。

 忘れていたamazonを思いだし、検索してみるといろいろあり、「焼き魚用皿」とか「長角皿」の名称で出ていた。白ではないけど、ちょちょっと中央に魚二匹のイラストのみでシンプルだ。タラコと梅干し、佃煮などをちょっと乗せてもお洒落な感じがした。
 880円だったけど、これが高いのか安いのかは分からないけど、気に入ったものを見つけたところから良い買い物をした気がした。
 
 開き全般、痛風にはあまり良くない食べ物の一つだけど、月に二回ぐらいは良いのではないかと勝手に解釈している。またそういうのに限って好きなんだな、開きが。一番はアジ、二番目はサンマ。開きは光り物の方が上手い。白身のカマスなどは微妙に醤油とかをかけないとやや淡泊風味である。

Retry iPhone

 先週は足が痛かったので早目の10時ぐらいには布団に入るようにしていた。が、眠れるわけがないのでせっかく買ったiPhoneで眠くなるまで時間つぶすか。
 電子書籍Kindleをチェックするのだけど、使い勝手は多少の慣れと割り切りが必要とのレビューが多いので、iPhoneに付いていたBooksをチェックした。
 Kindleもそうだけど本の価格が思いの他高く、これなら紙の本の方が良いと思わせる価格が多かった。無料のもあるのだけど、たいてい宮沢賢治や芥川龍之介などの古いやつで、ま、この辺なら1円+送料よりも良いかなと思ったぐらい。
 Booksにはなんと「古事記」が無料で入っていた。それも現代訳だから難なく読める。確か700年ぐらいの現存する日本最古の書物で、外国特に中国(当時の唐)を意識した日本の紹介書だったような記憶がある。
 1/4まで読んだだけだけど、史実と創作(伝承)が入り交じっているのであまり面白くない。が、最古の本なので気長に読むか、というところ。

 アプリのゲームは無料を探すも、無料故広告表示のオンパレード、狭い画面にバコバコ表示されるのはつらい。有料のでも良いのだが返品効かないからかなり慎重になる。
 テトリスなどの落としモノ系やアクション系は操作ボタン等を上手く操れず断念。麻雀はやりたかったのだが、捨て牌の万子が読めない(自分が悪い)のでこれまた断念。
 なかなか良かったのは数独(ナンプレ)、これは老眼の中年おやじへの救世主だ。
 
 歩きスマフォの是非はともかくも車内や町中は歩きスマフォが多く、またそれができることを羨ましく思う時がある。普段は近眼用のメガネなのでまずスマフォは見えない。遠近両用もあるのだが、屋外だと違和感があるのでまだ常用にはならない段階。
 電車とかでは椅子に座れたらメガネをはずして裸眼でスマフォを見るぐらいだが、最近少しだけど席を譲られることがある。まだ若いぞ!などとは微塵にも思わず、礼を言って座る私がいる。

 iPhoneのアプリもあちらこちらに連動しているので誤動作的なのも少なくなく、知らずにFaceTimeで電話をかけてしまっていた場合もあり、結局便利そうなアプリはどんどんOFF設定になっている拙iPhone。
 iPhoneをバキバキに使いこなしている人はほんと尊敬の念だ。ガラケーに比べればとても文字が打ちやすいのだが、それでも打ち込み画面が小さいのでローマ字入力よりカナ入力が有利だ。一度車内でメールかLineに長文を打ち込んでいるおねーちゃんを肩越しに見たが、目にも止まらぬその指の動きの早さは、まさに平成の女高橋名人だった。

今週は涙でした。

 先週の金曜日、娘の出演した前夜祭を観た後、埼玉蕨にあるステーキハウス”グルマンズ”へ行った。空きっ腹気味もあったのか、調子ぶっこいてビールのようにカブガブとワインを飲みまくりカミさんと二人で2本空けてしまった。
 幸か不幸か、この場合不幸だったのだが、翌日の土曜日以降足は痛くならなかったので日曜日にチューハイを飲んだらその翌日月曜日に左膝に痛みを覚えた。1日遅れかよ、タイミング悪う~。それほどの痛さはないのだが、炎症を起こした部位が悪く、膝が曲げられない。
 薬を飲んだら2日後の水曜日に治ったのだが、膝の場合は治るというより「下に落とした」観があり、今度は足が痛くなった。これまたその部位が悪く足の甲だったので、やはり歩くと痛い。よちよち歩き風になりカートを押すばーちゃんにも抜かれる始末。

 金曜日もあまり良くならず、盲人用のデコボコ黄色いプレートはまさに踏み絵状態の激痛が走るので、歩道の端をあるいていた。が、駅前の交差点のこの黄色いプレートは凄い数で、四隅殆どこのプレートで埋まっていて、こんなにあると逆に盲人は道筋を見誤ってしまわないかと思うくらいだ。
 跨ぐ幅ではなく要走り幅跳びなのだが、痛風の身からすれば不可能だ。痛いのを我慢してゆっくり踏んで涙しながら渡った。
 夜帰宅したら悪寒が走った。通風時と風邪は似ているので気にせずシャワーを浴びて寝ようとしたところで、カミさん命令にて体温を測ったら、38.6度・・・久しぶりにこんな熱が出た。今年初めてでないかいな。
 寝ながらiPhoneで何か本とかゲームとかをと思ってはいたが、iPhone握ったままZzzzz….の11時間ぐらい熟睡してしまった。
 今週末辺りに飲みたかったのだが、それも夢の夢となり来週末へのお楽しみと相成ると(涙)。