正しい夏の日

 「もう」なのか「やっと」なのかが分からないが、猫ハビーがやってきて1ヶ月を越えた。

 5年前モデルのMacBook Proをお出かけ専用にした替わりにやってきた2台目のゴミ箱Macのメンテナンスも無事問題なく終了し、注文したこれ用のTimemachineのSSD(HDD)1TBが届いた。
 Timemachine用のSSD/HDDの要領って、そのMacの要領以上じゃないと受け付けないみたい。ただ、HDDに比べて高価だったSSDも、1TBで1万円強となったのでそれなりに値下がりしているので嬉しい。
 今回のような入れ替えや再インストールなどで重要だけどたまにしか使わないので、廉価なHDDでも良いのだが見栄を張ってしまった。

 猫ハビーの猫ウイルスヘルペスとかは一応完治したのだが、その後遺症からか声が出ない。耳を澄ませば聞こえる時があるぐらいだ。
 聾唖猫と思ったが、「聾唖」の意味は、耳が聞こえないので言葉が話せない、なので、耳は聞こえる猫ハビーは、やはりその後遺症にて声帯が弱ってしまったのだろう。
 それとは別に生後まだ3ヶ月未満の猫ハビーにとっては、目の前にいる大きな動物は甘えても良い母親になっているので、その甘えから噛みつきまくられ飼い主2名は、なんちゃってリストカッターになっている。
 それでも猫パコが見向きもしなかったリアル魚おもちゃを猫ハビーはいまだに愛用しているので、飼い主からすれば買った甲斐があったと言える。

 また猫パコの尻尾は生まれる時に途切れることなく綺麗な1本尻尾をしていて美しい。
 しかし、そんなのをフリフリやっていたら猫ハビーにとっては待ってましたの玩具にしか見えない。
 主治医曰く、去勢は生後数ヶ月が良い、と言っていたので、その晩秋辺りの手術が終われば、より大人?になって仲良くなるのではと願っている。仔猫にとって人間の手や足は絶好の玩具に見えるのは、猫パコが仔猫だった時に経験則から。

 今日の首都圏はウエルカムな正しい夏で最高気温も30度強で風もあり、拙書斎兼工房以外はエアコンをOFFにして窓などを全開にした。
 それでも猫ハビーと猫パコをずっと一緒にしては大変なので、それぞれのドアは閉めてリビングは猫ハビーで、寝室には猫パコとしたら、それぞれダラ~として正しい夏の猫昼寝をしていた。
 これらを見る時、飼い主は萌え~となって癒される。多頭飼いは大変だけど。

2匹目の手乗り猫が来た今月

 一般的にインスタ映えする猫の写真なら沢山あるかも、と言える時期にいるのだが(そお?)、飼い主家族からすると、それどこじゃねぇーよ、というのが今月。
 いきなり鬼籍リーチのウイルス陽性の手乗り猫がやってきて、神のいう平等はどこへ行った?になったのだが、なんとか2週間で「普通の仔猫」に回復した。

 3週間目からは、先住猫パコの猫ハビーへの対応馴致になるのだが、これがいと悪しき。
 リビングを走り回る猫ハビーの臭いが猫パコのトイレ周辺に付着しているのか、これはもう私のトイレではない、みたいな感覚になったのか、今週は大も小も2回しかない。それでもそのトイレでするからマシだけど。臭い云々って、犬かおめーらは。猫はそんなに臭いを気にするものだったっけ。フラフラと一緒にいる野良猫達はどーなんだ、と言いたい。
 でも、数日間で2回しかないというのは変だろう。
 チェックしたら、1階の流しのマットで、カリカリの大を発見、その隣には小の臭いがモワ~。
 それでも糞詰まりでエマージェンシになるよりマシだ。
 サイトでチェックをしたら、トイレの数は飼猫数+1個とあり、1階に猫パコ専用のanotherトイレを新調した。

 今まで全部屋オレのモノだったのが、だんだんとそれが侵食縮小してゆくストレスが最初にあるのではないかと思う。いち早い「気分は共有」になるのを願っていて、7月中にはそれを解消したいところだ。
 猫パコは、昼は私の部屋の適当なところで横たわってZzzz。夜になると、私のベッドの角でZzzz。
 幸いに、ペースト状の離乳食だった猫ハビーは、本日カリカリに替えたけど無事完食してくれた。
 なんか、これらどーでも良いことだけど、一つ一つがクリアされると個人的には嬉しくなる。

函館の毛ガニ

 函館から蟹が届いた。銀鮭と一緒だけど。
 15年くらい前に家族で何回か年末の格安パックにて函館に行っていた時があり、駅前の市場から海産物を土産で買って自宅に送っていたことがある。その時の郵送伝票からたまーに電話がかかってくるのだが、たいていカミさんが断っている。

 今回は私がプッシュして蟹と銀鮭の半身を込み込み13,000円で注文した。
 コロナ禍になって3年目、カミさんと娘はそれなりにあちらこちらグルメ食事などをしているのに、私は殆どかような場所に行っていないので、このくらいは良いかな、というところ。
 居酒屋と回る寿司屋へはそれぞれ3回、ステーキハウスに1回、他レストランとかカフェ等へは0回。

 蟹は好きだけど、それは「毛ガニの蟹ミソ」だけで、他の部位は中の上になっているのは、剥くのが面倒だからだ。これからすればカニ缶の方が楽で好き、とも言える。
 が、やはり本物の毛ガニの脚は美味い。
 私よりカニ経験の豊富なカミさん曰く「何も付けずにそのままが一番」と断言したので、その通りにしてみれば確かに!さすが。いつもこだわりなく軽く酢醤油を付けていた私。
 もちろん殻を剥いてくれたのはカミさん。自分で剥こうとすると途中でちゃぶ台をひっくり返してしまうのだが、それは飲んでいるからだ。飲まなければ静かに解体ショーを実演するのだと思うのだが、素面でどうやって毛ガニを喰うのかが分からない。
 そのまま食すると、あと一つ何かが欲しいような微妙な淡い味になるのだが、そこを禁欲的に噛みしめてみると、見えなかった毛ガニの味をより堪能できる、というような境地にちょっと入った(錯覚)。単に歳を重ねたからだろう。

 甲羅を開けて食べられないエラを外してみれば、蟹肉がいろいろ入っていて、口の中で腑分けしながら酒の肴にするのも毛ガニ食の楽しみと言える。
 甲羅に酒を入れるのもあるが、これだど蟹風濁り酒になるので、清酒はそのまま飲みたい好みには合わない。

 蟹ミソは肝と同様にプリン体キングの代名詞になるのだが、毛ガニなのでこの辺の思考は自動的に遮断される。
 リアルな毛ガニの蟹ミソを最後に食したところで言えば10年以上前だ。
 甲羅の中の海水?と共にある肉などをチマチマと突きながら冷でやっているそれって昭和風なのだろうか。今はどうなのだろうか、平成生れの若い世代の人達はやるのだろうか。やっていたらちょっと嬉しい。
 因にここでの蟹は毛ガニの事で、それ以外の蟹類は別の話し。

キャップの中にキャップがある

 真面目に資源ゴミを分別し、食材の入れ物なども洗って乾かして「プラ」に出しているマメな主夫がいたりする。

 ワサビやしょうが、にんにくなどの一般的なチューブを愛用しているが、そのビッグサイズのも使っていたりして、にんにくのがなくなったのでバラして洗って乾かした。
 少し経つと部屋中が、ソウルの金浦空港到着を彷彿させる臭いで満ち足りていた。
 見ればキャップの中に、にんにくが詰まっていりキャップがあって、そこから臭いを発していた。

 これは何だろう、中身の物とは違うのだろうか。
 中身は刻んでしまったので香りなどはもうないので、それが出口でここを通り、匂いの消えない特別な物質?に接して出てくるというものなのか。
 でも良く考えていると思う。
 仮にそれが、にんにくではなくとも、そもそもが手抜き風に購入して使っているチューブのだから、あまり文句も言えないところがある。
 因に画像のは、しょうがのデカチューブの。

 この辺、本物から刻んで使ったほうが良いと思うのは、炒め物系の中華料理だ。
 また、しょうがで言えば、しょうが焼きとか冷やっこは本物の方がやはり一味も二味も違うが、どっちでも良いや、というのも少なくない。
 ただ、ワサビはチューブ以外のとなるとやや難しい。
 というのは、本物を買って来て擦るのが正統としても、日常的に食する刺身なので、その度に擦るのは面倒極まりないし、30%引きシールが貼ってあるスーパーの刺身(or 柵)に本物のワサビを付ける?というのがあるからだ。

 これらチューブの中で一番使用頻度が低いのが洋カラシで、トンカツなどのフライやおでん、肉まんぐらいしか思い浮かばないのが中島家。

 でも、このキャップの中にキャップがある、というのは驚き。

あと少しで衣替え

 微妙に慌ててwebから予約した脳ドックは、以前のように簡易的と思いきや、ちゃんとしたコースとする「ドッグ」だったので割高だったのが検査中に分かった。
 プラスして首回りの頚動脈のチェックがあり、ゼリーのついたエコーでグーグーグーッというのもあった。

 綺麗な近未来風な医療施設で、紹介状からの来診とこのwebからなどの来診では対応の場所とスピードが違い、さながらビジネスシートの乗客が出発まで寛ぐラウンジの雰囲気であった。
 しかし、似たような雰囲気とは言え、所詮医療機関には一般的なそれらのサービスに結びつく感覚はなく、その雰囲気は、緩和ケア病棟さながら、と私には感じた。
 市立病院などのように、あちらこちら走り回っている看護婦を視野に捉える雰囲気の方が安心したりもする。

 高額医療費支払いなのでお客様対応となり、終了時間もぴったりの10:40。
 この日の主夫はミッションがあり、いち早く帰宅して洗濯することだ。手前、素早く目薬と昼飯+カミさんリクエストの買物を済ませて帰宅した。
 昼飯は、いつもの398円のロコモロ?弁当を探すもなかったので(試しキャンペーンか?)、350円の「カツカレー弁当」をカゴに入れた。3切れ、カツもどきが乗っかっていた。
 この価格でトンカツはあり得ず、チキンかコロッケのカットだろうと割り切って自宅リビングにて開けてみれば、それは正しい「豚」だった。
 350円で3切れ豚カツのカツカレーって凄い。

 カレー喰っているところで、猫パコは何処へ?が気になった。
 気温が上がり季節が変わりつつあるので定宿も変更になったのだろう、ベッド近くの押入れにいた。
 検査はストレスが溜まるという大義名分ができたので、その夜は日本酒だ。

 6月の衣替えに併せて、我が家の漬物も再開した。
 糠漬けってやはり夏なんだね。その一番を肴にしたが、美味いね、特に塩加減からの野菜の風味が。
 併せて、新たまねぎの時期になったので、和風オニオンスライスになった。タマネギも夏の野菜?甘味があっていいね。いよいよ夏だ、って感じ。
 この2年間はコロナ禍があって、季節の風物詩を堪能できなかったけど、多少コロナ禍も緩和されたところでは、それ以前に戻ったように、庶民レベルでの季節感を味わえるゆとりがでてきたところだ。