スポトーン

 40前半まで、私は神か!と思ったくらいスポッティングが完璧だったのだが、以降老眼が進みイマイチになってしまい、スポッティングがあまり楽しくなくなってきた。
 最後にやったのは、一昨年のアップル展での「花の人

 あれ、じゃ昨年は?と思ったら昨年はコンデジでの「台中食堂

 「花の人」なんて、+2の老眼鏡だよ。
 実際、こういうのをかけないとならないのはどういう状態なんだよ?というくらい周辺を見渡すと目がクラクラ〜。
 それでもどうも上手く筆が落ちないので、近所のメガネ屋に行くって、最強?の+3 を買ってくる。
 +3をつけると「振り向いてはならない」になって、印画紙と眼鏡の距離が5cm。横にある皿に目を移そうなら、その距離だけで目がクラクラ〜。

 で、その2年後の今日、ファイリング用の8×10のをスポッティングしたら、あれま、距離は昔のように15cmぐらいの距離で良く点が見える。おお〜!・・じゃなくってより老眼が進んだ、ということじゃないか。
 意識してやっていると、真っ黒な箇所に白い点を埋めるのがやりづらいが、他は昔ほどじゃないけど楽勝。ちょっと「神」が復活して嬉しかった。
 そうか、筆自体が黒だから見づらいのだ。
 白い筆の書道用「白桂」でやってみたが、先は墨で黒になっているから同じ。ま、黒い箇所以外はOK風なので良いか。

 台湾で何気に買ってきて習字用の筆置きが役に立っている。金属製なのが嬉しく、50円。

 多少モノクロをやっていた人なら知っている「スポトーン(Spotone)」もあと10年ぐらいすると誰も知らない名称になってしまうだろう。
 製造中止になって5年くらい経った。
 現行品で入手しやすいのは「マーシャル(Marshall)」。最近どっかのサイトで売っているのを見かけた。海外サイトなら「B&H」等から入手可。
 ラボとかではなく個人が使うのなら目薬ぐらいの大きさの1本買えば一生もんだ・・これじゃ、なかなか売れないから製造中止になるのもむべなるかな。

ドナー

 コンビニでタバコのワンカートンを買おうとしたら、ちょっとお待ちください、とオネーチャンは奥の倉庫に行ったきりで戻ってこない。
 しょうがねぇな、と待ちながらレジの横を見ると緑色をした縦長パンフが置いてあって「ご自由にどうぞ」。
 「あなたの意思で救える命があります」・・・臓器移植提供のやつだ。
 
 日本臓器移植ネットワーク

 いろいろ選択があって、
1) 心臓停止および脳死の場合、OK
2) 心臓が停止した場合に限り、OK
 ↑ 上記2つ、いずれも選択があって、NGな部位にチェックを入れる。
 心臓・肺・肝臓・腎臓・膵臓・小腸・眼球
 チェックを入れないと。骨以外全部お持ち帰りくださいモードだ。おおお、食べ尽くした焼き魚を思い出した。
3) とにもかくも臓器提供は死んでもNG

 これに登録して死んだ場合、お通夜の前にどっかの大学病院とかに連れて、いや、運び込まれて腑分けの解剖だ。
 ザクザクとメスを入れられて痛くないのかなぁ。
 スペイン人が真剣に言った「日本って死んだら火葬だろ、焼かれるのって辛くないか?」を笑えない。
 
 ま、多少腑分けのところが気になるけど死んで名を残すのは著名な人で、そうでない凡人の私はブツを残すということでドナー登録をした。
 タバコスパスパ〜だから肺や役は立たんと思うけど、他はOKじゃないかい?
 残された家族からすれば、体の一部がどこかで再出発して生きていると思えば、逆にえーのじゃないか。
 最後の社会貢献かも。

 でも腑分けは抵抗あるなぁ、チンコ丸出しでメスでズバズバでしょ。
 それならせめて当人の遺志により腑分け中は音楽をかけてほしい、とかできないかなぁ。
 こういう時の曲はやっぱ、Grand Funk Railroadの「Some kind of Wonderful」でしょ。
 あ、これ、究極の断捨離かも〜。

遺品

 写真をやっている人、特に年配の人、例えば私の師匠とかと話をしていると「ナカジマくん~、私が死んだら○×のカメラをあげるよ」なんて話題が出てくる。
 ま、デュアドルフ、ジナー、ハッセルなどがチン列していれば、おおお!×10と思うのが常だ。

 しかし、これが遺品や形見となると、おおお!×10にはならない時がある。
 場合によっては、もらった!嬉しい!・・・でも使わないからしまって置こう、が普通かもしれないけど、それを新たに現役として復活させて使ってあげたい、と思うのが多少なりとも写真をやっている人の感覚だと思う。だよね?
 少なくともヤフオクに出品して、という概念・・いや、それで得たお金で現役カメラをゲット、というのもあるのかなぁ?
 いずれにしろ単純にカメラを貰う、とは訳が違うのが遺品としてのカメラだ。

 ご夫婦供に懇意にしてくれる方の旦那さんが亡くなり、線香を上げに行ってみれば形見分けで貰ってきたのが、minolta SRT 101。50~60代なら、Nikomat FT、Canon FTb同様に郷愁の昭和モードのカメラだ。

 当然のように現役復帰はまず不可能で、レンズはカビだらけ、モルト交換は必須。
 カメラ関東サービスを始めとして古いカメラの修理会社はいろいろあるけど、修理ができるのはメカニカル部分だけなので、露出計周辺は成り行きモード。
 遺品なので、何らかの現状維持価値を見いだせなかったらお断りしようと思ったけど、Nikomat FT2を買う前に一時借りて使ったことのあるSRT 101だったので、思い出のインテリアにしようと思った。

 断捨離した後に本棚を作ったのでスカスカ~。
 ボディの底にルーターでデーターと旦那さんの名前を刻印し、その棚に愛機Leica R6よりもエラそうに鎮座させてやった。
 そういう意味で遺品というのは当事者(私)が死ぬまで一緒、という意識になる。

 非常に微妙なんだけど、どっかの大先輩や師匠から形見で8×10のデュアドルフなんぞが来てしまったらどうしようかと、小市民的杞憂風に心配してしまったりして。

 このSRT 101全盛のカメラって、クロームボディよりブラックボディの方が5,000円ぐらい高かったのが通常。
 ペインティングしているからだろうけど、なんか懐かしい。

ホットサンドトースター

 学生時代、昼は軽食喫茶、夜はなんちゃってホストクラブみたいなところで勉強もせずに働いていた時、昼のメニューに「ホットサンド」というのがあった。
 
 メニューとしては、ハム、チーズ、トマト、レタス、キュウリを挟んで弱火の今度で焼く、というやつだけど、中でそれを作っていた私は、スパゲッティとかコロッケを挟んで昼食代わりに食べていた。

 このホットサンドって見た目とは違い、普通の○×トーストとかに比べてやや調理が面倒だ。
 コンロの前にずっといて、火加減を見ながらひっくり返したり焼き加減を見たりでetc。でも挟んで焼いたサンドは、オーブンで焼いたトーストとは違ったライブ感的な味がする調理方法・・アメリカが本場?

 パンの外面は何もせず挟むけど、本体の中側に薄くバターを塗り、パンの外側には卵の黄身をといだのを塗り、出来上がりに粉っぽい砂糖を振りかけるとフレンチトースト風にもなる。
 やや暖まったレタスとかキュウリなんぞは気持ち悪いと思うけど、このホットサンドにおいてはウエルカム。

 近所のスーパーで見かけた時は、やや仰々しい形状で3,000円強で売っていたけど、需要があれば、ダイソーの300円コーナーで売っていても不思議ではない器具だ。
 ピピッと検索したら、アマゾンで1,500円があったのでポッチ。
 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ホットサンドトースター M-8617
 
 
 届いたパッケージのURLを見たら、http://www.captainstag.net/home/ ・・・何故かアウトドアショップサイトだ。
 ここでもサイト通販しているようで、探したら、http://catalog.p-life.co.jp/goods_M-8617.html ・・・ガオォ〜、3,000円!!

 サイトは便利だけど、それでもその中でいろいろチェックして探すのが得策なようだ。

弁当箱

 チョッキの入っていた、台湾在住の友人はんちゃんからの郵便小包には弁当箱が入っていた。

 「弁当」は中国語では「盒飯(ハァファン)」とか言うのだけど、日本当時の名残でか旧漢字風に「便當(ビエンダン)」。
 10年ぐらいのブランクの後、2008年ぐらいからまた行くようになったけど、台湾はレトロブームである!・・というのを通り越して、文化としてレトロ風なのが定着している観がする。

 台北から列車に乗って20分ぐらいの端芳という駅で降り、そこからバスに乗って例の九分村へ行くのだが、「九分行き」ではなく「金爪石行き」というのが多かった記憶があって、かつ、乗る時に「九分に行く?」と聞いた記憶もある。
 「爪」は読めなくて、手偏に爪の「抓」がzhua1なので、ジンジュアシィかなと思っていたけど実際はジングァシィ。

 その金爪石に昨年の12月、初めて行った。はんちゃんも初めてだったそうだ。
 九分村を越えた山あいの先にあって、昔の日本当時時代の鉱山後のエリアをそのまま観光名所にしてしまった感じ。
 昭和天皇が皇太子として訪れた建物などもあったりしてなかなか面白く、九分に行くのなら金爪石もセットで、と思うような場所だった。

 その中の一つのお店で、写真の弁当箱に実際の食べ物が入って売っていた。280元ぐらいだったかなぁ?その時の訪台では弁当箱を買って来ようと思っていたのだけど、それなら台北駅のレトロショップでの弁当箱で良い、と思ってスルーした。
 
 翌々日台北駅のそこに行って見て、しまった〜!確かに売っていたけど形状が違っていた。
 台湾の弁当の基本は「丼もの」つまりご飯の上にいろいろなおかずを乗せるというのが基本で、日本の「ほかほか弁当」のメニュー等を見る限りでは1/3ぐらいだと思うが、台湾だと2/3以上だ。
 底の深い丸い弁当でカツ丼やカレーなら良いけど、幕の内風なのには不向きな深さで「金爪石で買っておけば良かったぁ」と、後のカーニバル。

 チョッキが台北に届く前に、はんちゃんの友人が金爪石に行く、というのでお願いして買ってきてもらった。
 もちろん中身は先に食べてね、と伝えて。

 金属の弁当箱なんて、ほんと漫画の「ドカベン」モードだ。
 私の小学校は脱脂粉乳給食だったけど、ちょと上の代になると弁当持参で、冬になるとストーブの周りに各自の弁当を置いて暖めた、なんて話を聞く。で、すれば伝導効率の良い金属はまさにレトロ的にうってつけ。

 包む風呂敷と箸がつ付いて700円ぐらい。
 その風呂敷には、な、なんと金爪石の地図が描かれていて、おおー!
 もっと凄いのはその風呂敷の角にタブが付いていて、それが赤い色、いやん、めちゃくちゃ可愛い〜!

 いつもは台北駅でカルビ駅弁を食べて九分へ赴いたけど、次回は食べずにまずは瑞芳から金爪石へ行き、かの弁当を食べ、家族へのお土産に持って帰ろう・・・嫌がるかなぁ?