ホットサンドトースター

 学生時代、昼は軽食喫茶、夜はなんちゃってホストクラブみたいなところで勉強もせずに働いていた時、昼のメニューに「ホットサンド」というのがあった。
 
 メニューとしては、ハム、チーズ、トマト、レタス、キュウリを挟んで弱火の今度で焼く、というやつだけど、中でそれを作っていた私は、スパゲッティとかコロッケを挟んで昼食代わりに食べていた。

 このホットサンドって見た目とは違い、普通の○×トーストとかに比べてやや調理が面倒だ。
 コンロの前にずっといて、火加減を見ながらひっくり返したり焼き加減を見たりでetc。でも挟んで焼いたサンドは、オーブンで焼いたトーストとは違ったライブ感的な味がする調理方法・・アメリカが本場?

 パンの外面は何もせず挟むけど、本体の中側に薄くバターを塗り、パンの外側には卵の黄身をといだのを塗り、出来上がりに粉っぽい砂糖を振りかけるとフレンチトースト風にもなる。
 やや暖まったレタスとかキュウリなんぞは気持ち悪いと思うけど、このホットサンドにおいてはウエルカム。

 近所のスーパーで見かけた時は、やや仰々しい形状で3,000円強で売っていたけど、需要があれば、ダイソーの300円コーナーで売っていても不思議ではない器具だ。
 ピピッと検索したら、アマゾンで1,500円があったのでポッチ。
 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ホットサンドトースター M-8617
 
 
 届いたパッケージのURLを見たら、http://www.captainstag.net/home/ ・・・何故かアウトドアショップサイトだ。
 ここでもサイト通販しているようで、探したら、http://catalog.p-life.co.jp/goods_M-8617.html ・・・ガオォ〜、3,000円!!

 サイトは便利だけど、それでもその中でいろいろチェックして探すのが得策なようだ。

弁当箱

 チョッキの入っていた、台湾在住の友人はんちゃんからの郵便小包には弁当箱が入っていた。

 「弁当」は中国語では「盒飯(ハァファン)」とか言うのだけど、日本当時の名残でか旧漢字風に「便當(ビエンダン)」。
 10年ぐらいのブランクの後、2008年ぐらいからまた行くようになったけど、台湾はレトロブームである!・・というのを通り越して、文化としてレトロ風なのが定着している観がする。

 台北から列車に乗って20分ぐらいの端芳という駅で降り、そこからバスに乗って例の九分村へ行くのだが、「九分行き」ではなく「金爪石行き」というのが多かった記憶があって、かつ、乗る時に「九分に行く?」と聞いた記憶もある。
 「爪」は読めなくて、手偏に爪の「抓」がzhua1なので、ジンジュアシィかなと思っていたけど実際はジングァシィ。

 その金爪石に昨年の12月、初めて行った。はんちゃんも初めてだったそうだ。
 九分村を越えた山あいの先にあって、昔の日本当時時代の鉱山後のエリアをそのまま観光名所にしてしまった感じ。
 昭和天皇が皇太子として訪れた建物などもあったりしてなかなか面白く、九分に行くのなら金爪石もセットで、と思うような場所だった。

 その中の一つのお店で、写真の弁当箱に実際の食べ物が入って売っていた。280元ぐらいだったかなぁ?その時の訪台では弁当箱を買って来ようと思っていたのだけど、それなら台北駅のレトロショップでの弁当箱で良い、と思ってスルーした。
 
 翌々日台北駅のそこに行って見て、しまった〜!確かに売っていたけど形状が違っていた。
 台湾の弁当の基本は「丼もの」つまりご飯の上にいろいろなおかずを乗せるというのが基本で、日本の「ほかほか弁当」のメニュー等を見る限りでは1/3ぐらいだと思うが、台湾だと2/3以上だ。
 底の深い丸い弁当でカツ丼やカレーなら良いけど、幕の内風なのには不向きな深さで「金爪石で買っておけば良かったぁ」と、後のカーニバル。

 チョッキが台北に届く前に、はんちゃんの友人が金爪石に行く、というのでお願いして買ってきてもらった。
 もちろん中身は先に食べてね、と伝えて。

 金属の弁当箱なんて、ほんと漫画の「ドカベン」モードだ。
 私の小学校は脱脂粉乳給食だったけど、ちょと上の代になると弁当持参で、冬になるとストーブの周りに各自の弁当を置いて暖めた、なんて話を聞く。で、すれば伝導効率の良い金属はまさにレトロ的にうってつけ。

 包む風呂敷と箸がつ付いて700円ぐらい。
 その風呂敷には、な、なんと金爪石の地図が描かれていて、おおー!
 もっと凄いのはその風呂敷の角にタブが付いていて、それが赤い色、いやん、めちゃくちゃ可愛い〜!

 いつもは台北駅でカルビ駅弁を食べて九分へ赴いたけど、次回は食べずにまずは瑞芳から金爪石へ行き、かの弁当を食べ、家族へのお土産に持って帰ろう・・・嫌がるかなぁ?

スーパー「オーケー」

 ちょっと郊外に「オーケー」というディスカウント風スーパーができたので行ってみた。

【良くない箇所】
・店舗は1Fのみで駐車エリアは2F以上だけど、1Fの天井が高いので2Fへの階段は実質3Fぐらいあり、エレベーターは1基しかない。

・殆どの加工食品の価格シール表記には100g辺りの価格が一番大きく表示してあるので「おお、めちゃくちゃ安いじゃん」と思って手に取ってシールを見ると、そんなに安くないかな・・。

・袋はない。品物の入っていた段ボールが無料なのでそれに入れて持ち帰る・・良くない点ではないけど

・トイレの便器の横にモップが置いてあって「使用後はこれで拭いてください」と記されている・・・客に掃除させんじゃねぇよ!←これが一番ゴーマンに感じた。

・1000円以上買い物の場合は1時間駐車無料。←辺鄙な場所にあるんだから1円以上は1時間無料だと思う。
 かの埼京線「北与野駅」前にある、県内最大の書店「書楽」は、それこそ1~999円の買い物だと1時間無料だぞ。

【良い箇所】
 他のスーパーやディスカウントショップでは見かけない業務用食品が思いの外多くて見ているだけでも嬉しい。

 イタリアのラー油は「オリオ・サント」と思っていたけど、どうも違うみたいだ。
 「ピエトロ辛味ソース」というのが売っていて、それがまさにオリオ・サント。日本での知名度はイマイチなのだろうか。

 他に、通販でしか買えないと思っていた、以前サイト購入したカレー缶が売っていた。思わず2つゲット。
 激安の業務用塩昆布も売っていたので、これも粥用にゲット・・・。

 一回りして品物をチェックし、このオーケーにしか売っていないモノだけを買いに行くのが良い、と思った中島家。

タイムゾーン

 テキストや画像のデーターが添付メールでバコバコ送られてきて、小さな企業サイトの更新作業。
 <?php print date (“Y-n-j”, filemtime(“./index.php”)); ?> などとか簡易更新日をPHPで表示させていたのが、エラー表示されて、

Strict Standards: date() [function.date]: It is not safe to rely on the systems timezone settings, please use the date.timezone setting, the TZ environment variable or the date_default_timezone_set() function. We now use ‘Asia/Tokyo’ for ‘JST’ in

 つまりPHPのローカルタイムを設定しろ、みたいなことが記されている。
 ヤフー検索してみると「5.1.0からデフォルトタイムゾーンを設定しないといけない」。
 
 レンタルサーバーではエラー表示されず、バージョンは、5.2.1。
 Snow Leopard付属のは、エラー表示して、バージョンは、5.3.3。

 レンタルサーバーのphp.iniは何もいじっていないので、あらかじめ向こうで設定してくれているのか?
 PHPごとに、date_default_timezone_set(‘Asia/Tokyo’); としたら、今度はレンタルサーバーの方で非表示。
 つまり関数「date_default_timezone_set」は、5.3以上で対応?
 もしかしたら5.1.0から」ではなく「5.3.×から」ではないか?

 Snow Leopard の php.ini は何処だっけ?
 /private/etc/
 こちらもそのままなので、php.ini.default しかない。

[Date]
;date.timezone =
 ↓
date.timezone = Asia/Tokyo

 に変更して php.ini として保存して、システム環境設定内の「web共有」にてapache2を再起動。

 今まではApacheとかから時間を参照していたのだろうか?なんで改めてPHPで設定?
 良く分からないけど、ま、以前と同様表示されたから良いか。

粥釜

 価格コム経由にて注文した、タイガーCFD-B280という粥釜が届いた。
 
 もっと大きいイメージがあったけど、思いの外、小さくてちょうど骨壷と同じくらいだ。
 説明書を見たのだけど、分量の仕方が分からない。
 つまりどのくらいの固さにするかなどの度合いがイマイチ分からない。たぶん女性なら一目瞭然なんだと思う、こういうところ男(私だけか)はダメだなぁ、と思う。
 何分粥だか分からないけど、日本のホテルの朝食バイキングとかで出てくるぐらいのやつ。コンビニのレトルトのはちと柔らかい。

 カミさんに聞こうにも今日は職場の飲み会で遅くなる、とのこと。
 仕方ないから「毎度ありがとうございます」と言われてしまうドミノピザ+ワイン。

 もっとデカいのないのかよ?と思うも、粥釜を使うのはたいてい日本ではお年寄り、かつ独り住まいとかetc。
 このくらいの大きさがちょうど良いのかも。小さな茶碗で3杯ぐらい。
 生米または冷や飯からでもできるのは嬉しい。

 個人で炊飯器なるものを買ったのは生まれて初めてだ。
 学生のアパート住まい(越谷市蒲生)の時には先輩からもらったし、スペイン在住の時には炊飯器なんてないからホーロー鍋で米を炊いていた。
 当時の電気炊飯器ってスイッチが乳白色ボタンになっていて押すとオレンジ色のランプが付くシンプルなやつ。
 炊ければランプが消え、ジャーに移し替える。ジャー付き電気炊飯器って世に出ていたかどうか微妙な時代。
 ボタンが一つしかないのに、それなりに1~3合を関知していた。底に重さセンサーがあったのかも。
 
 説明書には、生米の場合はセットしてから1時間ぐらいは寝かせる、と記されている。そして40~1時間ぐらいででき上がる。
 写真内左側のは通常のガス釜だけど6時間のタイマーがあるけど、この粥釜にはない・・4,890円のだから当たり前か。
 朝粥が良いのだけど、設定と言おうか仕込みがやっかいだ・・粥って面倒臭い料理なのね。
 
 小さくて可愛い粥釜、箱を開ければ付属のこれまた可愛いシャモジも付いてきて、ちょっと良い感じ。
 でも「これからのアンタの人生はこれと一緒に独り寂しく過ごすんだよ」みたいな印象もあったりして、なんかすんげー歳を取った感じがしないでもない。