盆休み

リサ・ラーソン

アップルCDRケース

 妻が夫に「クッションカバーを作ってくれ」、とは普通言わないが、「作らせていただきます~」、と夫が言う我が家みたいなのもあったりもする。ミシン初心者なのでチャック付きはご勘弁頂いてマジックテープでペタッ。
 リサ・ラーソンのデザイン布地を買ってきたのでこれでクッションをというやつ。カミさんは大好きで、私はまぁまぁ良いかな、ぐらい。リサ・ラーソンのデザイン布地は普通のに比べて倍ぐらいするので巷では人気があるのだろう、ちゃんとロゴの入ったタグみたいなのもおまけで付いていた。

 他盆休みには、部屋を掃除したり。
 泥棒が窓ガラスを割ってロックレバーをはずして侵入するのを防ぐシートなるものを防災協会とかから貰ったのでそれを貼った。
 防ぐというよりなかなか割れないようになっていて、貼り方を見れば、車に貼るスモークシートと同じ要領だ。昨年スモークシート貼りを経験していて良かった。
 すんなり貼れたので、それじゃ2階の分をとホームセンターへ。60cm×180mmぐらいのが900円で売っていた。割られるだろう箇所だけ貼れば良いので30cm四方ぐらいにカットする。貼ってみれば、何処に貼ってあるのかが分からないくらい良くできてはいるが、効果からすれば気休めぐらいだろう。ま、900円だから暇つぶしにはちょうど良い。

 先日買った本棚を1階に置き、2階の物置風押し入れに入っていたカミさんの段ボール4箱分ぐらいの漫画をそこへ移動。日常的に漫画はあまり読まないのだが、まとまったモノは時をまたいで読んでみるとなかなか面白いもんだ。『のだめカンタビーレ』や『金田一少年の事件簿』、『有閑倶楽部』、『ガラスの仮面』など。少しスペースが開いていたので私の『コブラ』も置かせてもらった。
 その2階の押し入れを掃除していたら、昔のMacintoshの周辺機器パーツが出てきた。白いマークに変更したてなのだろう、そのマークの入ったCDR入れとかリモコンとか。なんだろう、アップルリモコンって。セントリウスのAV仕様とかかな。微妙にインターネットに繋がった時だから90年代半ばのMacintoshあたりだと思うけど。でもこの時代のこういう品々はあまりお宝感がしないのは、ジョブスが復帰する前のアップル経営危うしの頃だったからかもしれない。微妙に安っぽい。今、専用マウスと共に玄関に鎮座しているPlusと比べては可愛そうかもしれないけど。

満鉄グラス

満鉄グラス

 カミさんが夕食に煮しめを作っていて、横から見たら小さなショットグラスでこんにゃくをちぎっていた。このグラス、とってもカットしやすいと言うのを横目で見たら、うひょー、満鉄グラスじゃないか。

 中国の瀋陽に行った時に買って本物なら70年ぐらい前のモノで、店員に「これ、本物?」と思わず聞いてしまった。中国でこういう質問は愚問中の愚問だけど、やはり聞いてしまうものだ。3,800円を値切った2,500円だったので、もしかしたら本物かもしれない、と思いながらウイスキーグラスで使うが、まさか、こんにゃくのカット用とは夢にも思わなかった。ま、70年の時を越えて利用されるのは良いことかもしれない。

http://www.accitano.com/doc_T/Viaje_C/2011_07/?lang=J&num=8

スイカ

 機会あって近所のイオンに行った。
 過日アップした「オーガニック豆腐」が気になって見てみたら、確かに写真で見たのと同じのがあって、おおっ。
 実際に手に取って横の表示とかを見てみると、なかなかリアリティがあり、思わず買ってみようかな、とも思ったりもした。やはり3個で88円だったけど、1個は1/4丁ぐらいの量なので、一般的なやや小さな1丁に合わせてみると、なかなかの高額になる。
 分量からお年寄り向きとも言えるかも。ただ豆腐の入っているパックの形状が好みからだけど、おそらくそのまま皿に落とすと何処から見ても玉子豆腐になる気がした。

 ヤオコーやベルク、マミーマートとかで売っているいつもの豆腐はなく、やたらスーパーブランドのが多い。イオンだけではないのだけど、それほどスーパーブランドには魅力を感ぜず、例えば練りチューブにしろハム、牛乳など、それぞれの老舗的な商品を選んでしまう。

 久しぶりにスイカを買ったけど、中ぐらいのの半分で600円。桃が1個200円とかなのは昔からだけど、何故にしてスイカはこうも高くなったのか。
 引き合いが毎度だけど、昭和の頃はこの中くらいのが1個300円もしなかった。叩いてその音で味を見極めるとかなどは昔の話。売り場で叩いていたら店員が飛んでくるようなのが今の時代だ。海辺でのスイカ割りなどは予算の関係上、なかなか見ることができなくなったであろう。
 その分、味わって食べるのは大事だけど、スイカなんて適当に塩をかけてガブっとかぶりつく感じで食べるのが良いと感じる反面、これは昭和のおやじ感覚なのだろうと思ってしまうところもある。
 因に、とうもろこしは1本100円で売っていたりするので、昔からすると少し安くなった印象がある。

プチ祝い

 2度目の血液検査の結果を聞きに行った。尿酸値と中性脂肪、血糖値の御三家チェック。
 年に一度の定期検診をやり始めてから初めてすべてが標準値に入った。特に尿酸値なんて4,9、こんな数値が存在していたのか。今まで8~11だったから。
 ま、月に2回しか飲んでいないし、血糖値予防でフライトか天ぷら等カロリーの高いモノは殆ど食べなかったからだけど、それでも中性脂肪が110だったので老化によるチンシン代謝の低下からか。
 来月の検査もお願いするも、もう少し人並みの生活に戻してのチェックを行いたく、せめて月に6回の酒ぐらいでどうだろうかで臨む予定。

 それでもグッドな数値だったのでプチ祝いの為につまみを買いにスーパーへ行った。
 過日、お友達から教えてもらった、なんちゃって豆腐流通ニュースを思い出した。

■ 偽装とうふに注意!
http://ameblo.jp/tunanow/entry-12227086179.html

 行ったスーパーはそのイオン系ではなかったので、いつもの2丁140円のを買ってきて、その成分表を見ると、凝固剤とグリセリン脂肪酸エステルが表示されていた。
 凝固剤は分かるけど、グリセリン脂肪酸エステルって?↓

■ グリセリン脂肪酸エステルが怖い!?
http://ping-jing.com/5119.html

 あくまでもささっとサイトで見ただけの情報からで、「偽装とうふ」で言われていることはなるほど、なのだけど微妙に疑問点が散見する。
 2枚目の写真、イオンブランドの98円国産大豆きぬ豆腐の成分表が記されているが、どれが良くない成分なのかの記述がない。どれがNGなのだろうか?それがなくNG風と記述してしまうと、この98円豆腐も同類に捉えられてしまう可能性が大だ。
 また、3枚目写真、本物という豆腐の賞味期限の日付がなんで?
 これがアップされたのは2016年12月9日なのに、何故かこれには「17.08.05」とある。更新追加したのなら、その旨も付記しないとそれこそ不自然なものになる。

 そもそもが「安いものにはウラがある」のが大原則で、そのウラをどれだけ認識してゆくかがポイントだと思うのだが、このおかげで小市民の私などは少し頭が良くなった気がした。
 「グリセリン脂肪酸エステル」なんて恐そうな名前だなと思って調べてみると、なんと加工食品とかでは安全と言えるモノではないか。また、これをNGとしたら殆どの食品がNGになってくるなど、なるほど。

 で、そのスーパーで売っている豆腐の成分表をいろいろチェックしていたら、大豆(国産)・大豆(アメリカ産、オーストラリア産)・大豆(中国)の3種に分けられた。明確な情報公開によって人は意識した決断をその都度迫られるものだ。

書棚買いのたらい回し

 地元のホームセンターに書棚を買いに行った。
 1階に置くもので設置する壁の状況に因り幅740mm以内、高さ180mmぐらい、予算は20,000円。こだわりはなく普通の合板のでもOK。
 
 最初、大川家具へ行ったら、20,000円強の適当なのがあって買おうとしたら在庫はなく、配送料別で+1,600円。車で運べない一般的な家具が主だし、金額も20,000円なので配送料なんて無料でしょ。また同じ建物にある「at ease」という大川家具系列のファンシー家具店のポイントカードも使えないとのこと。大川家具へのイメージが少し変わり、買わずに店を辞した。

 次に、ニトリへ行ったら18,000円以上は配送料無料と記してあり、良いじゃん。
 ガラス戸付きの白いお洒落な書棚があって20,000円ぐらい。買おうとしたらこれまた在庫がない、と言おうかニトリは大き目な家具の在庫があったためしがない。
 配送をお願いしたら、お盆で配送会社が混んでいて、お届けは8月の24日頃とのこと。今日は6日だ。3週間後ということは、今すぐに買わなくても問題はないので買わずに店を辞した。ニトリ、イマイチだ。

 島忠ホームセンターは改装中なのでビバホームへ行った。
 上記2点より品質は多少落ちるが、普通の書棚としては十分なのが10,000円であった。自分で組み立ててね、という在庫もあったので、アルトバンにむりやり詰め込んで帰ってきた。

 アマゾン等のネット通販に慣れているからか、わざわざその店に出向くもサンプルしかなく後日配送となるも、お届けは2~3週間後、というのは何処かしら無駄足感が残ってしまう。このスタイルだとそのうち誰も買わなくなってしまうのではないかと思った。