ぬか漬け

 最近、我が家のぬか漬けが調子良い。
 ぬか床的なのはカミさんがやっていて、私は野菜を入れてかき回しているぐらい。
 ぬかが減ってきたら、精米した玄米から出たぬかを炒ったのと昆布やトウガラシなどを一緒に注ぎ足していると、風味の良いぬか漬けができるみたいだけど、なんか家庭菜園のように毎日のように手入れをしなければならない料理の一種みたいだ。
 ご存知にように、野菜種によって漬かる時間も違い、漬け具合の好みもあるけれど、キュウリ → ナス → キャベツ → ニンジン・カブに時間がかかる。
 これらタイミング良く3種以上そろうと、紫・オレンジ・緑と色合い豊かになり、見た目が加わり美味さも×4ぐらいになる。気分は大事。

 何にでも醤油をかけるのは東北人と言われたことがあり(特にお新香)、あ、私も昔から同様だった!が、最近かけないのも出てきて少し東北人気質から脱し気味かもしれない。浅漬けとか漬け不足のにはかけているけど。漬け不足は、擬態する生野菜サラダに等しい。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください