Catalinaのハングアップ

 何かの間違いかと思い(んな訳ねーよ)、再び映画をその途中から見始めたら、少し経ってまた同じ現象が起きた。
 こういうのは「フリーズ」ではなく「ハングアップ」というらしい。 あれ、この現象は、Big Surの時にあったけど、今のOSは、Catalinaだよね、と自分に問いただした。
 
 Catalina_10.15.5までは元気だったのだが、10.15.7とSafariをアップデートしたから、こういうのを見かけるようになった。コンマ+グレードダウンってできないのでは。
 「Catalina/Bir Sur + ハングアップ」で検索するとわんさか出てくるも、当然ながら決定打なし。 それでも上手く行ったというのを見ると、「Spotligt」からGoogle Driveをキャンセルするとかいろいろやっていて、それらを参考にして設定して行くと、「そもそも、iCloudとの関連が上手くいっていないOSなんじゃね、Catelinaは?」になった。
 
 オールキャンセルンにするとアラートがうるさいので、開いたこともない「株価.app」と「キーチェーン」だけ残した。恐くて以降youtubeは他のMacで見るようにしているけど 他、ハード面では、CPUが熱を持ってしまってハングアップする時もある、とあって、吸引口に埃詰まらせた前科者には耳が痛いアドバイスがあった。

 ハングアップのトラブルの根本的な原因が分からないところでは、できる範囲でやろうということになったが、中古とは言え20万で買ったMac Proをバラすのは、タバコ3本ぐらい一気吸いぐらいにしないと決意できないところだ。
 しぶしぶとyoutubeの分解レクチャーを見ながら敢行す。結果として上手くいったが、立ち上がらなかったら心の中のちゃぶ台をひっくり返し、心が折れまくる豚コマ状態だっただろう。 分解してみた結果、Mac本体の分解難易度は、MacBook → iMac → Mac mini → Mac Proかもしれない。
 この間、Mac miniで使ったシリコングリス(熱伝導グリス)をCPUに塗ったが、Mac Proのはデカいね。
 確かにその前まではどことなく筐体が熱かったが、塗り替えた後はぬくもり以下に変わり、へぇ、結構効果があるということが分かり、愚行的チャレンジした甲斐があった。
 ちょうどなくなったのでアマゾンで再注文した。絶遠と記してあったからハミチョロでも大丈夫だろう。 このMac Proや以前のMac mini 2011、そして自宅のエアコンや洗濯機など、素人レベルにしろ自分でメンテナンスや掃除を行うと、自然と愛着が出てモノとの接し方を再認識することができるのが、まずは良いところ。
 で、スキルなくて逆に壊してしまって買い替えざるを得なくなるのは、あまり考えないことにすると。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください