ロールカーテン

 冬至からまだ1ヶ月ぐらいしか経っていないのだが、在宅が続くとその微妙な変化に気付きやすくなるのは、近くのマンションや家屋にかかる太陽の位置が変わってきて、部屋に差し込む場所や時間も長くなってきたからである。
 冬至辺りの日照時間は40分、今は3時間。
 
 相変わらず寒いけどその日差しの角度は、昔の人を春を待ち遠しく感じさせた、と思ったら、昔は旧暦じゃないか。なので2月上旬頃正月となる。だから、その頃を新春と称していた。そりゃ春を思わせる正月になるもんだ。くそ寒い正月や今ごろを新春と称していたのが不思議だったが、なるほど。少し賢くなった。勝手な推測だけど。

 その日差しに反するように、出窓にロールカーテンをつけた。
 中国から直送の廉価版の8,000円。国産のちゃんとしたのだと価格も品質も倍ぐらいになる。
 自室を写真工房と自負していたのだが、最近は猫部屋と化し、かの円形ちぐらに定住し24時間そこで寝るようになった。
 そのために夜間の部屋が冷えないように保温的に取り付けた、いわゆる親バカならぬ猫バカである。因にサブのガラス窓にはスモークシートも貼ってある。取り付けながら、ちょっとオマヌ~か、と自問自答。

 この手のロールカーテンは、掃除の面倒なブラインドより簡単で良いところがある。アマゾンのおかげで廉価版を入手しやすくなり、また、いろいろな場所に取り付けられるように何種のステーなどが付属されているのが嬉しい。
 ブラインドは軍手を使うと掃除しやすいですよ、みたいな生活の知恵情報等があるが、その面倒さに躊躇してしまい、可能ならロールカーテンを選択してしまう。ただ、この場合のロールカーテンは冬限定。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください