マウロ・ジュリアーニ

 数日前だけど、MacbookProのiTunesが元に戻ってちょっと前に聞いたことある音楽を流していた。1万曲ぐらいを毎日のように16時間ぐらい流しておくと3週間ぐらいかかるみたいだ。
 フィルムスキャンも4箱目の後半で、もうじき1985年になるところ。

 「おしん」も終わったフリー1年目の1984年は、財布が「おしん」になってしまったが、たまたまクラシックギターをやっている幼馴染みと再会し、彼の所属するギター団体の写真を良く撮るようになった。ライフワークとしてだけど。
 しかしその関係から普通のギター発表会の撮影などの仕事も少しだけど増え始め、財布はまだ「おしん」だったけど、やっと社会に出て仕事をしている実感を得ることができた。
 これを契機にクラシックギターの曲を良く聴くようになった。
 バッハやフェルナンド・ソルなどが多かったけど、イタリアのマウロ・ジュリアーニがとにもかくも好きになった。が、当時、アマゾンもなければそんなマイナーなレコードなんて探すすべもないので、そのギター仲間の持っている初級クラスの教本をコピーして家で弾いていた。マウロ・ジュリアーニの曲ってすげー技巧的で難しく「2ページまでの小品だけを教えてくれる~」が口癖だった。
 その仲間から教えてもらったところでは、マウロ・ジュリアーニは作曲家でもありギタリストでもあって、ヴェートーベンの前で演奏し、ヴェートーベンをして「小さなオーケストラ」と言わしめたらしい。すげーや、それは。そして数年後、渡西してフラメンコギターに同調すると。
 今、10万ぐらいの手工ギター欲しいな、などと妄想している。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください