2003年の石巻

2003年10月の石巻の写真。
 なんだかんだ季節労働者風に15年ぐらい仕事で通っていて、時として朝イチから仕事だと、辛いことに新幹線始発に乗れば間に合ってしまう。現場9時半ぐらい。
 そんな時、前日に仕事がなければ前乗りして写真を撮っていたりした。仕事で通う町もプライベートとして町歩きをしてみるとなかなか新鮮だった。
 仕事が終わった夜は良く飲みに行っていた「まんまる亭」という夫婦でやっているカウンターだけの居酒屋があり、ちょうど市内の旧北上川の中洲(中瀬)を6×9+三脚を担いで歩いていたら、そのマスターに声をかけられた。
 中洲に家があるらしく店が開くまで飲むのだけど一緒にどお?外はまだ明るく写真を撮りたかったので、お断りをしマスターの写真を撮って別れた。その夜、店に行き、写真を送るからと住所を聞いてから年賀状のやり取りが今でも続いている。

 石巻の中洲は大きくて、そのマスターの家並みに限らず映画館や教会、そして石ノ森章太郎の漫画館、その先端にはドッグがあったりもする。
 後年、例の地震での津波で中洲が埋もれてしまい、おおおっ、と大ショック。何よりも被災地の友人や知人の安否が気になった。って、友達少ないからマスターぐらいしか知らなかった。
 初めての津波大災害にもかかわらず、すぐさま素晴らしき避難者確認サイトができ、そこからマスターとママさんの安否が確認でき一安心した。
 後日、マスターからお礼の電話があり、状況を聞いたら石巻市民は普段から対津浪の防災訓練をしていたらしく、地震後すぐさまみんなは近くの小山の避難場所等へ移動したそうだ。最初は体育館かどこかにいて後日、復興住宅に移住し今でもその住所。って、長いよね。

 震災の翌年、陣中見舞いで行こうかと思えば、復興需要でホテルは連日満室で行かれず、そのうち落ち着いたら行こうかと数年過ぎてしまって気付けば、昨年からのコロナで行かれず、うーむ。
 何回か写真を撮ったので20点ぐらいのミニ写真展でもやろうかなと思っていたら、津波震災があった。その後にやると、どこかしら震災に繋がってしまうのでそのまま放置している。毎度の私的などーでも良い写真だからそのままお蔵入りもありだ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください