1998年の岡山

 昨夜は通う大学の学友会関連でのzoom飲みがあったけど、初めて5時間に及ぶロングzoom飲みをしてしまった。
 バカ酔いで記憶はいずこへ?みたいなことはなかったが、少し酒が残った翌朝にMacBookのiTunesをONにしたら、ブリティッシュロックの最後の方で「W」のWhoo、いきなり早朝からピート・タウンゼントだ。そして10cc、Sea Levelなどが続き、やっとアメリカンロックに入り、Bachman Turner Overdrive(本当はカナダ出身だけど)。

 ヤフオクでゲットしたスキャナーGT-X970が届いた。
 段ボールでカバーされた中身の箱を抜こうと引っ張ったらちょっと腰に負荷がかかり軽いぎっくり腰になってしまい夕方まで杖をついて室内を歩いていた。

 スキャンは順調に、今なら進捗しているのだが、120フィルムに関してはややいい加減なところがあるので、ネガカラーとモノクロが混在していてHDD内のフォルダ分けに時間がかかる。2箱目の2/3まできて2000年前後。娘は3才になり中村教室という写真学校の非常勤講師をしていた頃だ。

 この時代に限らず、昔の写真を見れば懐かしさ一杯になるのだが、センチメンタルを含まず過去進行形にもならないのは還暦を超えたからだと思う。生きていて写真に接している限り、それは過去完了形ではなく現在完了形と言えるかもしれない。

 1998年に、仕事で岡山へ行った。
 岡山は2度目で、1度目は車で通り姫路城(岡山県だよね)をちょっと見たぐらいだけど、2度目も仕事なのでスポット的にしか行ってはおらず、夕食は「広島焼」と記されたお好み焼き屋だったが、「桃太郎」とか「きびだんご」の看板を見かけたので岡山市街地だと思う。
 前乗りで入ったので、その前日に海(瀬戸内海)へ行こうと高速道路にあった地図を頼りに行ってみれば、行って良かった!初めて見た、こんな港?埠頭?埋め立て地的な入り江?すべてが工業的。ちょっと感動した。
 海面がヌメってしているのは、NDフィルターをつけた2分ぐらいの長時間露光だからだ。この辺りからフジカG690+ジッツォ2型+ACROSでずっと撮っていた。
 車じゃないと行けない場所なので、また機会があれば行きたいな、と思っている場所だ。
 
 最後の川の写真は、撮影現場のホールがこの川沿いにあり、その土手を上がったところ。
 このどうでも良さげな風景が、なぜか岡山滞在では今でも一番記憶に残っている。その心象を写真にしっかり焼き付けているかどうかは別な話し。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください