年末の準備

 今週末も、分割的年越し準備である。

 ガスファンヒーターが届いたので、リビングにそれを設置。
 ガスストーブは20年ぐらいのブランクがあるので、設置も少しビビる。ホースを取り付ける時には必ず順番があるのは当たり前なのだけど、それさえも何度も確認してしまったりした。
 ガスは石油や電気に比べて恐いけど暖房効果とメンテはそれらよりも素晴らしい。スイッチを押せばすぐに熱いのが出てくるし、パワーもある。ネックなのはホースが邪魔。
 なので、暗室作業などをする自室にはガス管は引かなかったが、今は可能なら引こうかなと思ったりもしている。

 年賀状用の年賀切手を買いに行ったら、ハンドタオルとティッシュをもらった。2万円近い切手を買ったからか。
 いつもこの切手を見て来年の干支を知る。2月になったら忘れてしまうけど。っつーか、12月になって、今年の干支は?を即答できるのも少なくなったような観がする。私、即答できません。
 海外封筒の110円切手を20枚ください、と言ったら、日本切手の素晴らしさを誇示するかのような極楽鳥みたいな絵柄の切手が出てきた。
 外人は喜ぶかもしれないけど、それは主に郵便局員であって、その切手狙いの盗難の可能性がすこーく高いので、すごーく地味なのをくれませんか、とお願いした。

 カミさんが「これ、いいでしょ〜」と、黒猫ウォッチ。
 いいな、オレも欲しいな。聞いたら雑誌の付録らしいが、付録で腕時計ですかい。こういう商法はやめてくださいよ、出版社さん〜、無条件で買ってしまうじゃないですか。
 だが、1,000円の雑誌のおまけが腕時計とは、40年ぐらい前じゃ考えられなくて、時計を買ったら付録に雑誌がついてきたとかかもしれない。
 夫婦お揃いの腕時計は説得力あるが、家庭で同じ月刊誌が2冊あるのって変じゃない?

 過日申告した給付金申請だが、振り込んだよ、というメールがきた。
 確認していないけど、Mac Proが買えるぐらいかと思う。こんな時、○×がずっと欲しかったのだけど、お小遣いが足りなくて買えなかったその○×を買おう!とかがあれば理想なのだが、一晩寝て考えても、特に欲しいモノが全くないのに気付く。
 それはそれで物欲的なモノは既に入手してしまっている現行の人生としては良いものと言えるが、欲しいモノがないというのもまた寂しい。一部を生活費にして残りは普通預金にしておく、ザッツ・庶民となった。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください