あたり前田のクラッカー

 今夜は変則ツマミとワインで晩酌している。お先に〜、かもしれない。
 フランスパンを買い忘れ、家にドッグが1本しかなかったので、買いに行ったらその先には、懐かしの「あたり前田のクラッカー」が売っていた。懐かしいね、50年以上前のモノクロに記憶がある。
 ありがちな復刻版と思いきや、当時の記憶はないが、現在販売している他のクラッカーに比べ、厚い、色が濃い、風味が昭和風にベタっぽい。これなら例えばキャビア乗せて食べてもOK。100円だから嬉しい。

 ハム系は、セボとコッパで、コッパは結構個性が強いと思っていたけど、セボの方がインパクトがあることが分かった。チーズはいつものカマンベールがなかったので、冷蔵庫にあったスライスされているナチュラルチーズ。
 カマンベールは好きだけど、昨年娘がお友達と一緒にフランスへ行き、とーちゃん用に帰りの空港で買ってきてくれたカマンベールがカルチャーショックだった。
 その辺にあってカマンベールと英語で記されていたものだから庶民的だと思うけど、独特の香り、匂い、臭いがして、娘はウゲゲーッのノーサンキュー。私は初めて美味いカマンベールを食べた思いで一人で全部食べてしまった。
 スーパーで売っている国産のはたいてい280〜380円で、個性的な香りや風味はないので、無難に食することができるが、たまに900円ぐらいで売っている舶来のがあるが、違っていたらちゃぶ台ひっくり返しモードになる。やはり伊勢丹のチーズコーナーへ言って、事情を話して試食させてもらうのが一番かも。ご存じかと思うけど、真面目にチーズを買おうとすると、真面目に高価だ。好きなスペインのマンチェゴだと、タバコ1箱分ぐらいで1,000円ぐらい。結構店頭で悩むので、予算のない時にはパルメザンチーズになる。

 名前忘れたけど、隠れ人気だったサイゼリアのグリーンピースの温タマ添えのアレンジ版。カミさんが生のグリーンピースみたいなのとトウモロコシを買ってきて、茹でて炒めて玉子を落としたもの。オリーブ油なので、あ、スペインだ、になる。
 缶詰めではないトウモロコシは偉大だ。
 ギリギリ芯を残すぐらいにカットして、醤油かオリーブ油をたらして焼くと風味が全然違い、濾して牛乳足して作るコーンポタージュスープなども同様に香りと風味がニアー・ザ・レストラン。少しの手間だけど、その分、美味さがなんか違う(作るのはカミさんだけど)。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください