釜飯

 あちらこちらSNSでの友達のを見てみると、結構、go to トラベルかどうか分からないけど、あちらこちらへ出かけている。
 それも、ありきたりな観光地じゃなくて、良くそんなところへ行ったねぇ、思わず「やるじゃん!」みたいな場所。
 例えばだけど、琵琶湖の湖西線とか栃木県の益子、愛知県の知多半島とかetc。

 行きたいな、と思うも、マスクして長時間電車とかに乗る事を考えると、やーめた、になる。さすがに、買物で店に入る時には、周囲の目がうるさいからその入り口でするけど、変わらず20分ぐらい連続装着していると頭がクラクラしてきて、春先に商店街あたりで包丁を振り回すご仁の気持ちがちょっと分かったりもする。
 人気のいないのを見計らってマスクを下げてスーハースーハー。
 これじゃ新幹線に乗ってどっかへ行くのもつらい。高校生の喫煙じゃないけど、15分置きにトイレへ行ってスーハースーハー、これじゃ「あんぱん」だよ。
 
 10月、カミさんとgo to トラベルを予定するも当然、車だ。新幹線のグランなんとかも嫌だ。で、宿は、マスク云々言わないところ(あんのか)。いっそホテルだけにして、夕飯は、どっかの喫煙OKの飲み屋、地方の小さい町なら細かいこと言わない(と願いたい)。
 こうなると、コロナ収束よりも、マスクしなくて良い世の中になって欲しいと切に願ったりもしている。新総理の菅さん、宜しく(無理だっつーの)。

 3月ぐらいから電車に乗ったのは近所のステーキハウスに行った1回のみ。
 これだけ外出自粛が続くと楽しみは食べ物だけになるのだけど、大したところへは行けないので(大したところは駐車場がない)、普通の食べ物になるのだが、それで幸せになれるのは「燃費が良い」と思いたい。他の買物は、全部ヨドバシかアマゾン〜。段ボールがたまって資源ゴミの日は大変。
 地元にできた釜飯デリバリーの「五目釜飯」というのを頼んだ。うだうだ喰いながら晩酌。
 簡単に言えば、おぎのやの峠の釜飯(1,000円)を豪華にしたやつで、1,700円、コスパは悪くない。
 ただ、こういうデリバリーの味は万人向けにしてあるのか、私の口からすると、「年寄向けかよ〜」になる。おっと私も年寄りじゃないか。でも、薄い。この味付けで言えば、おぎの屋や高弁のはグーッ、になる。
 カレー屋とかである、辛さ+1、辛さ+2・・・みたいなトッピングがあると嬉しいのだが、たぶんない。醤油スプレーをちょちょっとかけて、ま、いいじゃん、みたいな感じ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください