高清水

 良く見ると昨日の写真とは違う。
 昨日は持ち上げた「高清水」紙パックが軽く、振ってみても軽く、3合もねぇんじゃない。先に「高清水」、そして「朝日山」と思っていたら、「高清水」を飲み切る前にZzzzz….してしまった。
 瓶のイメージがあったのだろうか、実はもっと入っていたとか。
 今夜コップに注ぎきったらちょうど1杯分だった。1合か。
 久しぶりに新潟の酒の一つ、「朝日山」を飲んでみたら、甘くないのが良い。以前飲んだ「越乃寒梅」だったっけかな、水で薄めたような感じではなく、高清水のようにしっかりしたコクがあって、かつ高清水より透明感のある味だった。へぇ、新潟の日本酒、いーじゃない。←今更言っているよ。←でも1升瓶だと高そう。
 
 ディスカウント酒店だと「高清水」は1,400円でアマゾンだと2,100円、+送料?他は「真澄」を良く飲むと。他「まる」とか「黄桜」とかは1,000円~1,300円だから、「高清水」は平均的に高目なのだろうか。
 しかし、ワインよりは安いよね。関税とかがあるからだろうけど、それも一升の日本酒と5合のワインが似たような価格で並んだりするとココロは微妙だ。
 基本的には、甘いのが苦手なので、安い日本酒だと時として飲んだ後味として変な甘味が残る時があるのでそれを回避すると高目なのになる。貧乏のクセに贅沢だ。

 因に作業台の上には、イカ焼きとかスーパーで買ってきた焼き鳥が置いてあり、その後ろに猫パコがいるけど、何も反応を示さないのが猫の個性なのか嬉しい。
 前のロベルトとルルデだったら、ちょっとリビングで一服して戻ってきたら、焼き鳥が散らばっているとかイカゲソがなくなっているとかがままとしてあった。
 猫の性格って人間のように細かい、と思う事がしばしある。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください