昨夜のベジョータ

 いつものようにカミさんは伊勢丹へ行って、いつものようにハモンコーナーをチェックし、いつものように100gで1,600円のハモンを見ていたら、店員がやってきて「これはベジョータと言って、生ハムの最高級ですよ!」と言ってきたらしい。
 今日は予算がないのでまたこの次に、と断ったら、「いやいや、こちらにお得なものがあります~」と、棚の奥とかから出してきた。半分の重さで半額じゃどこがお得か?と思ったら、1枚目は幾らだ?と思わせる2枚目の割引シールには300円引きとあって、思わずゲットしたそうな。

 500gで600円(5ユーロ)なんてスペイン人が見たら、すげー高けぇー!と言われるだろうが、スペインではふた握りぐらいのモヤシが500円(4ユーロ)で売っていたりするから、お互いさまだ。
 その伊勢丹で、「外出自粛慰労セット(勝手に命名)」として注文した赤ワイン6本×2箱が届いたのは先月5月の17日頃。今日の1本はその13本目で、おお、今月末まで保ちそうじゃん・・・・済みません、この間、一升瓶が3本入っていましたぁ。
 
 猫パコをバックに撮った13本目は、どっから見てもフランス産で「CABIREAU」とあるので「しゃぶり」かな・・・どっかで聞いた名称だが、裏を見て「キャビロー」とあった。なんちゃって900円ワインソムリエからすれば、800円の味。

 その生ハム・ベジータを買ってきてくれたのは昨日で、その日は休刊日だったので1日後の今日食したら、赤身と風味がやや不足していて、やはり生ハムは「生」が付く生モノだったことに改めて気付いた。つまりスライスしてから何日、という意味で、日本の刺し身と同じだね。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください