スポトーン

 40前半まで、私は神か!と思ったくらいスポッティングが完璧だったのだが、以降老眼が進みイマイチになってしまい、スポッティングがあまり楽しくなくなってきた。
 最後にやったのは、一昨年のアップル展での「花の人

 あれ、じゃ昨年は?と思ったら昨年はコンデジでの「台中食堂

 「花の人」なんて、+2の老眼鏡だよ。
 実際、こういうのをかけないとならないのはどういう状態なんだよ?というくらい周辺を見渡すと目がクラクラ〜。
 それでもどうも上手く筆が落ちないので、近所のメガネ屋に行くって、最強?の+3 を買ってくる。
 +3をつけると「振り向いてはならない」になって、印画紙と眼鏡の距離が5cm。横にある皿に目を移そうなら、その距離だけで目がクラクラ〜。

 で、その2年後の今日、ファイリング用の8×10のをスポッティングしたら、あれま、距離は昔のように15cmぐらいの距離で良く点が見える。おお〜!・・じゃなくってより老眼が進んだ、ということじゃないか。
 意識してやっていると、真っ黒な箇所に白い点を埋めるのがやりづらいが、他は昔ほどじゃないけど楽勝。ちょっと「神」が復活して嬉しかった。
 そうか、筆自体が黒だから見づらいのだ。
 白い筆の書道用「白桂」でやってみたが、先は墨で黒になっているから同じ。ま、黒い箇所以外はOK風なので良いか。

 台湾で何気に買ってきて習字用の筆置きが役に立っている。金属製なのが嬉しく、50円。

 多少モノクロをやっていた人なら知っている「スポトーン(Spotone)」もあと10年ぐらいすると誰も知らない名称になってしまうだろう。
 製造中止になって5年くらい経った。
 現行品で入手しやすいのは「マーシャル(Marshall)」。最近どっかのサイトで売っているのを見かけた。海外サイトなら「B&H」等から入手可。
 ラボとかではなく個人が使うのなら目薬ぐらいの大きさの1本買えば一生もんだ・・これじゃ、なかなか売れないから製造中止になるのもむべなるかな。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください