南禅寺の豆腐

 お友達から過分ないただき物があり、それは南禅寺の豆腐セット。
 同封の説明書には、塩をかけてお召し上がりくださいというのがあったので、そのセットの中の一つ、木綿のをいただいた。
 以前、手作り豆腐専門店へ取材で行った時にも塩だと本来の豆腐の美味さを味いながら食べることができる、と言われたので、その通りに、その南禅寺豆腐を食べたら、同様に豆腐の味がしてウマっ。ビールとか焼酎ではなく日本酒に一番合いそうだ。
 ただ、南禅寺といえば湯豆腐なんだけど、冷奴が一番だね。
 ついでに油揚げも焼いたけど、スーパーとかで売っているのとは違ってふかふかで美味い。さすがこういうのは京都だ。

 南禅寺へは結婚して間もなくカミさんと行ったきりなので、30年前のことだ・・・あれ、毎月のように京都へ行っているのに、何をやっているのだ、何を言っているのだが。しかし、大学関係で行く時は、前後そんな観光気分にはどうしてもなれず、直行直帰になるのはタイプの問題なのだろう。
 なので、このような南禅寺の豆腐を食べると、最近のではなく30年前の京都を思い出すと。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください