コロナで自宅難民?

◇ 久しぶりに昔の粥釜(アナログ式タイガー製)で粥を食べた。
 冷や飯とかではなく米から炊くと米の香りが漂っているのを思い出した。
 梅干し屋のじーちゃんが「うちの南高梅の梅干しは賞味期限なんてないぞ!」と言っていた梅干しの他に、塩昆布やこの間日光に行って買ってきた「日光たまり漬け」などを乗せてサラサラ。
 ファミレス・ロイヤルホストが提供していた「中華風粥」のように、ちょっとごま油を垂らしてみるのも良い。焼いたハラミと一緒に食してみると、何故か「あ、日本人だ」になった。

◇ 昼前にピンポン~と鳴って出てみればアマゾンがトイレットペーパーを届けてくれた。
 トイレットペーパーとティッシュが底を尽きた・・いつだったっけ?今月上旬?即座にアマゾンでチェックしたら中国からの中国製の10ロール1,800円を1週間以内にお届け、と出ていたので無意識にポチッ。
 そうしたらコロナウイルス騒動の所為で、とても遅れます。3/26までには、というメールが来たので、そのままにしていたら、ご立派にも1日早い3/25に届いた。3/24のダイソーでは、殆ど同じの2個100円のトイレットペーパーが山積みになっていた。来客用のトイレに置いた。
 その中国製のは日本のよりも幅が短く、ペーパーホルダーから落ちてしまうこともあり、以前に行った北京や大連のホテルを思い出した。
 質は日本の高級のよりも落ちるけど、ソ連のよりもとても良心的で日本の格安ロールと同じぐらい。逆に可愛い感じがした。

◇ 生涯3本目の生ハムが届いた。
 前回も丁寧だったが今回のはもっと限りなく丁寧&プロ意識でこだわる店が提供するもので、付属の小冊子がこの生ハムの価格の1/3でも価値あり過ぎの生ハムガイドブックだった。
 でも、結構セレモニーが多い。
 冷蔵で届いたら、箱から出して真空パックのまま2日放置、通常配達なら1日。次に袋から取り出して、周辺をオリーブ油とかで塗って1日放置してから、スライス。
 その後は、直射日光の当たらない風通しの良い場所にて常温保存。ただし、エアコンのもとなど乾燥し過ぎる場所はNGのようで、季節さまざまな日本において、どこに置けば良い?になってしまう。
 もっとも、乾燥した風土で生活する人々のために生まれた食材を、全然それとは違う地域で食そうとするところに、追加的な手間が発生するのは仕方がないところとも言える。
 以前に買った時には、安っぽいハモネーロ(生ハムを乗せる台)がありがたくも付いてきたが、調べてみたら、それなりにこだわりをもってハモネーロがズラズラ。それを見て、思い出したのが、エミリオの店(グラナダの寄せ木細工工房のお友達)で、その寄せ木細工のハモネールが売っていたじゃないか・・・なんで先々月エミリオの所に行った時に買わなかったのだろうか、と自分を責めた。深く・・・いや、次に行くための正しい目的ができた。とも言える。

 「グルメソムリエ(https://www.gourmet-world.co.jp/shopping/namaham_hikaku.html)」

 このページ末にここで生ハムを購入した人たちのブログなどが紹介されていて、スライスの仕方などとても参考になるのだけど、数万もするベジョータなども購入している人がそれなりにいて、リスペクトのスタンディングオベーションだ。
 ベジョータの最安値風の5万円、またはセボ・デ・カンポの3万円のだって、とてもポチッする勇気のないアジアノ小市民だ。みなさん、凄いのですなー。
 

粥
中国製のトイレットペーパー
生ハム

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください