品薄じゃなくて品のない紙

 先日、ホームセンターに日用雑貨を買いに行ったら、案の定ペーパーと名のつく殆どの商品がなかった。どこかの地域を発祥とするそのデマの伝播速度はコロナウイルスのそれとは段違いの早さだ。
 ただ、店の対応も素早く「お一人様一個(一袋)かぎり。順次入荷がありますのでご安心ください。
 次は3月1日です」とあったので、買い占めよりも、いつ入手できるか分からない不安から「先に一つは買っておこうか」と思った私のような人が多いので、どこへ行っても棚がスカスカなのだろう。それでものんびりと昼過ぎに行ったったのでまず「残り一個」なんてぇのもあるわけがない。
 独り住まいとかの人ならそれほど緊迫感がないけど、子供や年寄りと同居している専業主夫じゃなかった主婦が一番パニック状態的になるのは理解できる。朝イチで行って並び、開店早々ゲットなのだろう。
 
 ただ、テイッシュもキッチンペーパーも便乗的に全くないのが不思議だ。
 トイレットペーパーの替わりにはならず、そのまま流せばパイプが詰まる可能性大だ。 → 配管設備業者等の需要が増す。因に現場に来ての無料見積もりはたいてい6万円以上。
 「どうしても紙がなくなったら浴槽とかのシャワーで洗うのが一番。使用後は床を綺麗に洗ってください」というお知らせとかをSNSで2度も見たがウォシュレットのない家庭向けなのだろうか。ウォシュレットの使用率って首都圏や都市辺りでは7割を超えていると勝手に根拠なく思っていたがそうでもないようだ。
 ウォシュレットなら「ぬぐい取る」必要はなく、単純に濡れた箇所をふき取るぐらいなのでトイレットペーパーの使用量もかなり少ない。ランク上のウォシュレットだと乾燥機が付いているけど、これのある機種にしとけば良かったかどうか判断はつかない。

 あるとすれば、トイレの横にバケツを置き、使用済みのティッシュはそこへ、という方法があり、ご存知の台湾方式だ。最初はかなり抵抗があったが1回慣れれば気にならなくなる。我が家は全員台湾へ行って経験済みだからOKだ。
 
 不思議にウエットティッシュは沢山安売りしていた。それも「流せる」と記してあるのがワゴンに山盛り。ティッシュよりこっちの方が良いのでは?
 あとは、トイレ掃除用の衛生タオルペーパー。いずれも薬品がしみ込んでいるので該当スポット周辺がスースーしそうだけど。ペット用のもこの手のが沢山売っている。
 ティッシュやキッチンペーパーじゃ代役無理だと思うけどね。

 現在、ロールが10個、ティッシュが6箱ある。16日の週には気楽に入手できると勝手に予想しているがそれまで保つか。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください