コロナ真っ盛り

 なんとなく微妙に落ち着いてきたような気配を見せるコロナウイルス対応&状況だけど、これまでの政府やマスコミの対応、及びSNSでの反応の雰囲気って、かの東北大震災での発電所から放射能が漏れて関東地方に飛散していた状況と似ているような気がする。

 とても驚いたのは、マスクについてで、買い占めなんて良くあることで置いといて、その対応策として、マスクの装着については、おおむね「しないなら、したほうがマシ」とか「咳エチケット」になっていることだ。
 そのお隣には、「手で顔とかを振れない」、「手洗いと消毒をまめに」、「接触感染」とか重要そうな納得する項目が記してあるのに、マシとかエチケットとかの用語を並記って、なんなの?と思ったりもした。知らずの保菌者が咳やくしゃみで他人に感染させてしまう大きな危険性があるのなら、このようには記さないだろう。私には、コロナウイルスにおけるマスク装着は単なる気休めにしか見えない。
 しかしビジュアル的に分かりやすいので、このマシとかエチケットをスルーしてしまい、マスクをしない人がちょっとでも咳でもしようならすぐに極悪人に祭り上げられてしまうSNS等での風潮になるののかもなぁ、と懸念していたら、出張先のカミさんから「車内でマスクをしない人がゲホゲホッ咳をしていて周りは白い目・・」とかいうメールが来て、あ、早速ここにいましたかそういう人。

 というカミさんが帰宅するが、外出着のまま部屋に入り、マスクをそのままリビングのゴミ箱へ、そしてコートはそのまま部屋に干した。マスク装着云々、こと細かいことを言う割には、コロナウイルスが付着しているかもしれない外套やマスクを室内に持ち込むってどーよ?と、心の中で思った。決して口に出して言えない(バトルにならないぐらいにちょっと言ったけど)。
 で、言えば、その菌が付着しているかもしれない髪の毛など、風呂で洗う時にはどうするのだろう。

 不肖ながら過去に2度も肺炎を患い、医者から待ってましたとばかりに、こんこんと肺炎予防について諭されたけど、基本は熱ですな。
 普通の肺炎だと中途半端な微熱(32度とか)が数日続くのが危険信号なのだけど、今回のはウイルスなので37.5度以上とかになっている。
 高齢になると(私も近いぞ)、体の抵抗力も落ち肺の炎症速度が速くなるので気付かぬうちにリーチになる。高齢になっても不規則な生活を送るのなら、ちょっとした体調の変化でも見逃さないようにするのが長生きの秘訣かね、などと先生に言われまくった。ほぉ~。

  1. 全く関係ないのですが,オリンパスショップでpen-fがアウトレットで売ってます。前にpen-fが欲しいようなことが書いてあったので。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください