電子辞書

 仕事とか特に何もないと、普通に朝起きて大学の履修テキストを昼過ぎまで読む。そして午後からはスペイン語のお勉強。ラジオ講座を聞いたり文法書などを開いたりetc。
 で、通常のスペイン語の学習において(おそらく他外国語同様)、カシオとかの電子辞書への大きな依存はなかなか難しいことが、昨年あたりから今更ながらに改めて気付いた。

 以前にも言ったけど、語学学習を続ける限り辞書は単語だけを調べるのではなく、その例文や成句なども調べることが多い。しかし電子辞書では、その表示や用語解説などがとても見づらく、分かりづらい。つまり最初の表示までは早い電子辞書だけど、そこから例文などを表示させるのがとても面倒。紙の辞書は1枚で表示される。
 問題は成句で、その語句を知らないと電子辞書では永遠的に分からない事が多い。
 例えば、「darse cuenta de…..(気付く)」は、通常の検索では、白水社も小学館も出てこない。そもそもこれに気付くのは、紙の辞書において見出し「cuenta」内に載っていて、それを見て初めて、こういう使い方もあるのか、と分かる。また、文章とかからでは、「no me lo di cuenta…」とかで見つけるも、me を見落として「dar cuenta de」と引くと別な意味になる。
 要するに紙の辞書を引くのを面倒と思わなくなり、電子辞書は屋外持ち出し時ぐらいになるのが良い、と思ったら電子辞書は枕元に置くぐらいであまり使わなくなった。
 しかし、再来週スペインへ行くので電子辞書は必要だな、でもそれも面倒だな、と思ったところ、辞書のアプリがあることに気付いた。
 安いのとかweb辞書とかは不要だけど、Mac系の元エルゴソフトの社員有志が立ち上げた「物書堂」から、小学館の西和&和西のが4,000円で出ていた。安い!
 
 で、これは通信でのアクセス検索ではなく本体にDLしてくれるもので、電子辞書と同等に表示等が早い。そして、表示が紙の辞書と殆ど同じで1ページで表示してくれ、成句もちゃんと同時に表示されて関連用語をクリックするとその語意ページに飛んでくれる。そして「< 」で戻ることができるなど、すごいなー、この辞書。    済みません、電子辞書自体が悪いのではなかった。  一つを作り上げたら「その基本」を変えようとはせずに20年近くそのままで製造し続けているメーカーの企業努力の不足と言えるかもしれない。つまり日本の企業の弱いところかもしれないハードを優先するだけでソフトをなおざりにしているところだ。収録辞書数の凄さをいまだに謳っているのはアナクロだ。  いつも思うのは、市販の電子辞書等、ユーザーの使い勝手などを全く考慮していないと思わざるを得ないインターフェースになっている。と思うと、電子辞書の販売価格である3万円代は高いんじゃないか。   物書堂 https://www.monokakido.jp/foreign/espanoltodos/

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください