謹賀新年。

『まいにちスペイン語』

 今年の抱負は、先に三日坊主を表明してのラジオ講座をできるだけ続けよう、だ。
 一作年暮れから続け7ヶ月続いたところでフェードアウトしたので、目標は夏まで。
 放送の時間帯は7時と14時で悪くはないのだが、規則正しい強制は好みではないので、前回同様、一週間遅れの講座をNHKサイトにて聞く事にする。実際始めたのは、X’masの翌日ぐらいから。
 1月号はヨドバシコムから入手したけど、残り数日しかない12月号は、Kindleだと251円なのでこれを選択。使い方にも因るのだけど、ページを行ったり来たりして、部分的に線を引いたりする使い方では、電子書籍はとっても使いづらく、参考書も然り地球の歩き方等のガイドブックも然りで、スマフォじゃ限りなく厳しい、特に老眼者。
 iPad以上で、小説なら電子書籍にも分があると思うが、Kindleは、DL形式ではなくネット接続が必須のようで、LAN常時接続環境下じゃないと読めないような気がするのは、自宅においても該当書籍が開くまで最初、とても時間がかかるからだ。使えねー。やはり「紙」が良い。
 あるとすれば、スマフォやタブレットに特化したインターフェースでの書籍携帯の販売だけど、それじゃ廉価にはならず普及しないよね。

 で、改めて電子辞書にびっくりしたのは、中国語(少ないけど)にしろスペイン語にしろ成句に思いっきり弱いというのに改めて気付いた。
 例えば、電子辞書では、成句「a vuelta de correo(折り返しすぐに)」は、単語correoでは、全く表示されない。紙の辞書では一覧として出ているが。成句検索では「a vuelta de」とかならヒットするけど、この成句自体全く知らなければ、どこかの書籍等で目に触れない限り分からないことになる・・あ、ちょっと怖いな、これ。「sin embargo」,「darse cuanta de」とかも。
 電子辞書は、現地に行くとかそういう教室とか出先で使うぐらいに重宝するところと思い、自宅学習等では、紙の辞書を引く事を面倒くさいと思わないようにすること、またはApp(Mac)/物書堂からの小学館の西和(4,000円)とかの方が良いかもしれない。DL仕様だしインターフェースが良い~。が、選択肢が多いのも悩ましいものだ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください