丸い目玉焼き

 例の丸く焼ける目玉焼きリング・・・パッケージを見ると「ホットケーキリング(目玉焼きリング)」と、言うらしい。
 過日の連休に作ってみた。

 黄身の半熟ドロドロは、ご飯の上に乗せる以外あまり好まないので、高目に調理?する。
 強火にフライパンを乗せ、煙が出たところで周辺に油を塗ったリングを置き、その中に玉子を落として蓋をする。
 そして弱火にして玉子の底がきつね色になるまでそのまま。
 何故か周辺に水を入れないでやってみたら、とても綺麗で美味そうな目玉焼きができた。
 ただ、ホットサンドで挟んで中央をカットすると当然そこからタラタラ・・で半熟はホットサンドには不向き。
 
 最小のフライパンは180mm径のだから斜めにして目玉焼きを作ってホットサンドに挟むも、死にかけたハマグリのように横からハミ出てしまうので不向き。
 まな板の上で周辺の白身をカットするか折り込むか・・結構面倒くさい。

 結局は、リングででき上がったら、裏を返して両面焼きがお気軽、と相成った。
 両面焼き、確か英語でSunny side upとか言ったような、あれ、これは普通の目玉焼きのことだったっけかな?
 
 私はキュウリのスライスを入れてマヨネーズは入れてもちょこっとだけど、娘はキュウリは入れずマヨネーズはそれなりに塗る。
 それが親子ケンカになって、カミさんから「くだらないことでケンカすんな」になる~。

 休みの午前中、10時頃とかの遅めのブランチ、または休みの16時ぐらいにちょっと小腹が空いた、というときにささっと作って牛乳やコーヒーと一緒に食べるとなかなか幸せになれるのがホットサンドだと思った。

 リングでの目玉焼きはハンバーグとかの上に載せたりして、たまには美味しそうに食べようとか、小さい子供などがいる家庭では良いかもしれないけど、調理工程に面倒な1過程が加わるのは確か~。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください