ビーフン

ビーフン

 どっかのスーパーで売っている出来合いのだけど、結局、ネギとかを加えて炒め直したのを少し食べたのだが、わが家の味としてはベリーグッド、または中国北部の東北料理に近い。
 ビーフンはその形状からして、日本のそばかソーメンに近いのであまり能動的に食べない。
 ツアーとかで行った中国で食べたビーフン料理はこんな味だけど、台湾のだと、味がしない、薄い、何喰ってんだ?になるも、妙に台湾が懐かしく思うのは、大陸中国よりも沢山訪れているというのと、日本と同じ民主主義国家というイデオロギーでの安心感があるからだと思う。何にしろ海外での安心感は大事だと思う、少なくとも民主主義下の国民なら。
 この辺のソウルフードは、大陸中国でも日本でも台湾でも乗っかっているのは同じで、下が何だ?になり、それは白米か麺であり、中国(広いけど)と台湾は麺が主流と思われるのは、白米のが少ないからだ。で、私は麺よりも白米だから、いつも台湾に行くと悩ましくなってしまう。小泉二世の「とてもセクシー」と同義近似類似かもしれない。好みからすれば、中国の東北料理はパラダイスだと思うのだが、「通い情が移る」のか、フラッと台湾へ行きたいな、と思う事しばしば。行きたいと思う国内は高いんだもん~。
 行ってさ、台湾のビーフンとか喰って「やっぱ薄いよ~、おばちゃん、塩か醤油くれる?」と云う状況になりたい時もあり、そして、あ、台湾にいるんだ、になる臨場感がなかなか自虐的に良かったりするもんだ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください