大阪のたこ焼き

大阪のたこ焼き

 今週末、大学の学友会の集まりがあったので5年振りに大阪へ行った。
 往路は毎度の夜行バスだが、京都まで+1時間の大阪なので5時間ぐらい眠ることができてなかなか良い。
 ただ相変わらず大阪駅(+梅田駅)は日本一でかく、迷う迷う。時間があったのでまずホテルの場所を確認するために地下鉄で行くのだが、まず駅が広すぎて3人ぐらいの人に聞いてしまった。地理感がないのでまるで外国へ来たような緊張感がある。難しくて読めない地名も多い。
 全てではないと思うが、駅の通路とかが広くて天井も高い。朝マックを探すのだが見当たらないのではなく見えない。地下鉄(御堂筋線)のホームも広く天井も高い中央の階段を上って振り向くとホーム全体が見えて、改めて気付いたのは、ホームと言い通路と言い、思いっきり台北駅と同じだ。意味なくちょっと感動。台北駅は大阪駅を参考にしたのかも。
 ホテルは梅田から近く、乗り換え1回の「阿波座」という駅から徒歩1分。最初読み方が分からず「あわざ?」だった。
 その集まりである学習会は「谷町6丁目駅(東京だと王子の本郷通り?)」付近で行われアットホームな良い雰囲気に包まれ、途中、大阪のザッツ・ソウルフードの「たこ焼き」を買いに行った。地元の同級生が「ま、本場かな」という。6個で290円はさすが大阪だ!が、味はハズれて東京の普通のたこ焼きと同じだった。次回に期待だ。
 その学習会の後の懇親会は、飲み過ぎではないけど6時間ぐらい飲んだので、気がついたらホテルのベッドの上だった。それも着替えずそのまま。幸い、24時間の大浴場があったので、朝風呂入って、新大阪発10時の新幹線へ。こだまだよ、4時間だよ、10,600円だけど。こだまにも喫煙ルームがあったのでラッキーだ。さらにぷらっとこだまで予約するとたいていはじっこの16号車になるのだが、喫煙ルームは15号車なので、これなら4時間でも6時間でもOKだ。次の教科のテキストをずっと読んでいたのであまり4時間も気にならなかった。金曜日の夜行バスは割高の8,400円なので、+2,000円でこだまも良いかな。

 大阪の同級生に聞いたら、大阪にも「銀だこ」とかがあるとのことだけど、あれは焼いていなくて揚げたヤツだと言っていた。同じたこ焼き器を使い、油が多いか少ないかの違いにしか見えず、要は美味いかどうかぐらいでしかないのだが、本場のこだわりは違うね。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください