晩夏の京都

京都駅

佛教大学喫煙所

四条河原町

峠の釜飯

 お盆にも行った京都へまた今週末にも行ってきた。
 通う大学の学友会のスタッフになり、それも総務とかになったのでここのところずっと京都へは、のぞみの始発だった。さすがに今回は1時間ズラして7時ののぞみにした。変わらず、車内でグガーだったけど。
 改めて見る、京都駅舎は「ブレードランナー」とか「マトリックス」に出てきそうな近未来的なデザインなんだど、無機質ではない暖かみのある雰囲気でデザインなんだろう、美しい。改札で入ったらすぐホームがある(今は使われていない風)ローカルさが残っているのも良いね。

 今週末のキャンパスは、昔お世話になった口頭試問と大学院の実技試験ぐらいしかないので、喫煙所はガラガラだった。吹く風も雲が漂う青空、そして太陽の影も秋を予感させる晩夏であった。こういう時のこういうところでの一服は格別で、最初の生ビール一杯と同義。唯一喫煙所だけど、これが残ったので復学を決意した次第だ。全キャンパス内禁煙とかじゃ、仕事とかじゃない限り行きませんし、通いません。

 会議の後の食事にて、四条河原町(かな?)へ行った。
 鴨川を渡ると祇園があったりする四条通り(だと思う)の何とかという橋。左へ行けば鴨川と平行する高瀬川があってそこにはおしゃれな店があるのだけど、かなーり安いのもあったなかなか良い。
 「まるや」という店は、普通の「千年の宴」とか「わらわら」みたいな店作りだけど、飲み放題食べ放題、2時間40分で3,000円に、みんなで、おおおー!
 一通りセット料理が出た後に、食べ放題専用のメニューがでてそこから選ぶのだけど、このミューだけでも普通の飲み屋ぐらいの品数があり、かつ、思いっきり丁寧でありきたりさなしにびっくり。
 ネット予約すると良いみたいだ。しかし、さがすとこの辺そういう店が多くて、2,890円飲み放題食べ放題、2~3時間の店がてんこ盛り。京都ならでの、を置くことができるのならこういう店、最高。
 鴨川の土手、夜になれば等間隔でアベックが点在しまくる、と言ったら若い女の子に「今、『アベック』とは言いませんよ~」。

 終われば、どこかを見てから帰る気力もゼロで、いつも京都発15:30を予約していて、早めに駅に着けば、一番早いのぞみに買えてくれる?。東京駅の「駅弁屋」で、高崎弁当の「とりめし」を買って帰るのだが、その日は、初めて見る「峠の釜飯が」売っていた。ちゃんとお新香ケースも付いていて、1,080円は安いと思う。
 次回の京都行きは2ヶ月後の11月なので、ジャケットをはおってだろう・・あ、紅葉シーズンで混んでいるかも。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください