Macproが来た

MacProとMacPro

ゴーゴンかマングローブ

 朝イチにクロネコヤマトがゴミ箱MacProを持ってきた。
 来るのは夕方で、それまでレポート用に本を読もうと思っていたのだが、それは明日以降、これの構築で今日は終わるだろう。終わったのは23時過ぎ。
 
 シルバーのMacProに比べるとすげー小さくてスタイリッシュだ。が、ゴミ箱とあだ名される理由が良くわかった。ただ、こんだけ小さくてスリムだと、中身デッドスペースがゼロで拡張性がゼロというのが分かる。つまり、増設HDD(SSD)やCDドライブなどはみんな外!いろいろ繋げてみれば、コードだらけになってしまい、ゴーゴンかマングローブだ。
 おまけにスイッチとあっぷるマークがコンセント部分にあるのだけど、これが正面?ジョブス亡き後に登場したのだけど、このコンセプト、よく分かんねー。
 
 アマゾンレビューでは半々の評であるHDDベイやモニタースイッチなどは、取り敢えず今のところ上手く稼働し、シルバーMacProと上手く切り替えてできた。
 他もほとんどすんなり構築できたのだけど、Mac内のApacheがひっかかり夕方からハマってしまった。上手くゆけば今夜飲めたのだけど・・。
 
 気がつけば、PHPのバージョンが5から7になっていて、5ではOKなスクリプトも7ではNGになっているのがあって、いくつかの拙webがスタンドアローンのMac内サーバーでひっかかった。実際のwebサーバーのPHPは5にしてあるから良いのだけど、5でも7でもOKなPHPってどーなのよ?と、PHP7のリファレンス本を探すも、リファレンスは出ていない・・ということは最近リリースされたのか。
 数年前までは自分の好きなApacheをインストールして使っていたのだけど、主流がcgiからPHP(当時は4)になったので、シルバーMacPro以降内蔵のApacheを使っていた。今は新たにインストールする根性ない。
 しかし、ほとんどのindex.phpが「whileなどのloopの中では、breakは使えない」と表示されてしまった。それも英語で。← 少しは読めるんだね、こういう英語は、自分に感心してしまった。それでも上記のエラーは良くあるようでいくつか検索でヒットした。
 「エラーが出たら、コメントアウトして、//break で大丈夫です」とあったけど、終わるまでloopで良いのだろうか?無限loopにはならないけど。
 別な記述でしろ、ってことかな。//breakにしたphpをFTPしてwebで確認したけど、特にエラー表示はなかったので、ま、いいか、取り敢えずこれで。
 因に、cgiは、もう古典になってしまったのだろうか、全てエラーなく稼働。復興的にcgiも良いのだけど、文字コードのUTFに弱いのが難だ。
 やはりwebならPHPになるのだけど、今やwordpressなどwebアプリケーションなどが主流となり、スマフォやそのアプリが席巻し、個人のホームページも絶滅機種風になったので、改めてPHPで個人のwebをどうのこうのではなくなってしまい、趣味PHPも還暦を境にしりすぼみになってしまった寂寥感が漂っているのは否めない。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください