myTrip.com(E-Travel SA)

 ベトナムからアクセスして大学の試験を受けて戻ってきたので少しは平穏な日々になると思ったのだが、変わらずあれやこれや用事ができてとうとう久しぶりの夜行バスにて京都へ行く花金となってしまった。
 というところで、今秋渡西での友人マヌエルから「いつ出発?仕事の休暇を取るので教えてちょうだい、9月から、それとも10月から?」とリクエストがあった。
 昨年同様、マドリッドまでなら無限に便はあるのだが、グラナダまでとなるとなかなか都合の良い便が少ない。カタール航空だけど、復路の乗り継ぎでは、8時間待ちか、1時間15分待ちかの究極の選択になってきた。ただ乗り継ぎも同じカタール航空なので規定上、可能な乗り継ぎ時間の表示義務があり、トラブルがあっても航空会社が保証してくれる、というのをサイトで知り、それを信じて「1時間15分待ち」を選ぶことにした。まだ予約入れていないけど。
 いずれにしろこの時期のカタール空港でのルートは、11万円。唯一イベリア航空がより短時間で16万円というのがあった。←まだまだ若い!と思う気持ちを優先か、無理をせず楽なのにした方が良いという気持ちが錯綜中~。
 昨年利用した、サイトは日本語表示だけど以降の電話やメールの応対はすべて英語というmyTrip.com(E-Travel SA)は、とうとう「決済系トラブルが増えています」と表示されていた。おそらくちょっとした手違いぐらいのことで、日本語対応なら問題なくクリアーできることなのだが、英語とかの外国語になると、それなりの実践英語経験がないと、単に英語の意味が分かっただけで諭されて終わりになる可能性が大だ。その点、スペインは、こちらが力説している途中で「ガチャン!」と電話を切ってしまう大胆さがあった。昨年は出発前に心が折れた。
 日本にある営業所なのに英語のみというのは無理があると思う。こんな表示がされたら、英語のできる日本人でもかなり申し込みを躊躇するだろう(英語ができないのに安さから昨年申し込んだのは私だけど)。 何故ならこれに3,000円ぐらいプラスすれば日本の旅行会社が一覧表示されるからだ。日本語のできるスタッフを常駐するなどの改善をしないとあぶないかも。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください