High Sierra

 iPhone修理を予約していたので、埼玉県大宮のロフトへ行った。
 東口を出てちょっと先に行ったところにあるロフトビルがドンキホーテになっていて、ええっ?隣のランジェリーショップのおねーちゃんに聞いたら、西口そごう内に移転したそうだ。西武系のロフトがなぜにしてそごうに?
 慌てて西口のそごうに行ってみれば果たしてロフトがあり、その中にapple公認リペアーセンターとかがあった。
 
 アップルって、クロシャツもそうだけど、はきはきと応対して洗練されたスタッフの印象があるのだが、何故か、やる気のなさそうなマニュアル棒読み的コンビのバイト風おねーちゃんが応対してくれた。
 状況を話したら目の前のMacBook Airに繋いでちょちょっと操作したら、へたれ拙iPhoneがなんとアップデートを開始して数分後には復活していた。はい、手数料2,000円~!工賃自体は当然なんだけど、愛想のないオネーチャンの分、割高に感じた。ペッパーくんの方が愛想が良いぞ。

 結局、iTunesのバージョンが古い → OSのバージョンが古い、が原因なんだけど、上げるか。
 今のMacBook Airは、2014年1月に購入し、macOS Xは10.8(Mountain Lion)で今のは、10.10(Yosemite)。これ以上はOSの仕様が変わっているので、挙動不審なソフトなどが出てきてもおかしくないのだが、iPhoneトラブル防止を優先して、一気に10.13(High Sierra)に上げた。
 「システム環境設定」 → 「セキュリティとプライバシー」 → 「ダウンロードしたアプリケーションの実行許可」内の「すべてのアプリケーションの許可」の項目がなくなっていた。つまり、アップルにおいては「フリーソフト」という概念がなくなってしまったわけだ。

 Photoshop CS6はそのまま起動できたが、Illustrator CS6は起動しなかったので、サイトで見つけた裏技設定で無事起動することができた。
 学割あるので、チューンナップした0万円のMacBook Proをポチッ、というのもあるのだが、あれやこれややりながら古いMacを使い続けるのを「けなげなワタシ」と思ってしまうところもある。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください