カミさん発つ

 過日父娘、映画鑑シテ家中其ノ題満チテ到ルハ母疎ナリテ日未明起キテ欲スルコトソノ約ヲ求メ網ノ上、但シ午前既ニ満也リテ只午後初留メシ三席、母発コト館ナリアラン。
 ウソ臭きなんちゃって書き下し風だけど、カミさんもサイタマラリヤに感染するために『翔んで埼玉』を見に行った。
 浦和パルコの映画館だけど、日曜午前は満席で、午後が3席しか空いていない、それも首の痛くなる前席の端辺り。

 収益を概算してみると、この映画館は220席で、日に6回上映している。大学生学割1,500円、1回で200席で1日の収益を概算してみると、200席 × 1,500円 = 300,000円(30万円) × 6回/日 = 1800,000円(180万円)。1ヶ月30日とすると、× 30日 = 54,000,000円(5千4百万円)。
 『翔んで埼玉』の映画館聖地と称される、さいたま新都心のコクーンの映画館を足せば、月に1億円。あれ、こんなもの?映画の製作費にも満たないような気がするけど。ニュースでは3月に入って20万人観客動員があったと聞いた。×1,500円で、3億・・・それでも、そこから製作費を引いたら何も残らないような。なんか別な計算方法があるのでしょうな。
 これのおかげで、なんとなく埼玉県内は、クイーンの映画がかすんでしまった観がある。
 カミさん、しらこばと草加煎餅を片手に埼玉県ポーズをしながら帰ってくるのかも。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください