粥釜

 価格コム経由にて注文した、タイガーCFD-B280という粥釜が届いた。
 
 もっと大きいイメージがあったけど、思いの外、小さくてちょうど骨壷と同じくらいだ。
 説明書を見たのだけど、分量の仕方が分からない。
 つまりどのくらいの固さにするかなどの度合いがイマイチ分からない。たぶん女性なら一目瞭然なんだと思う、こういうところ男(私だけか)はダメだなぁ、と思う。
 何分粥だか分からないけど、日本のホテルの朝食バイキングとかで出てくるぐらいのやつ。コンビニのレトルトのはちと柔らかい。

 カミさんに聞こうにも今日は職場の飲み会で遅くなる、とのこと。
 仕方ないから「毎度ありがとうございます」と言われてしまうドミノピザ+ワイン。

 もっとデカいのないのかよ?と思うも、粥釜を使うのはたいてい日本ではお年寄り、かつ独り住まいとかetc。
 このくらいの大きさがちょうど良いのかも。小さな茶碗で3杯ぐらい。
 生米または冷や飯からでもできるのは嬉しい。

 個人で炊飯器なるものを買ったのは生まれて初めてだ。
 学生のアパート住まい(越谷市蒲生)の時には先輩からもらったし、スペイン在住の時には炊飯器なんてないからホーロー鍋で米を炊いていた。
 当時の電気炊飯器ってスイッチが乳白色ボタンになっていて押すとオレンジ色のランプが付くシンプルなやつ。
 炊ければランプが消え、ジャーに移し替える。ジャー付き電気炊飯器って世に出ていたかどうか微妙な時代。
 ボタンが一つしかないのに、それなりに1~3合を関知していた。底に重さセンサーがあったのかも。
 
 説明書には、生米の場合はセットしてから1時間ぐらいは寝かせる、と記されている。そして40~1時間ぐらいででき上がる。
 写真内左側のは通常のガス釜だけど6時間のタイマーがあるけど、この粥釜にはない・・4,890円のだから当たり前か。
 朝粥が良いのだけど、設定と言おうか仕込みがやっかいだ・・粥って面倒臭い料理なのね。
 
 小さくて可愛い粥釜、箱を開ければ付属のこれまた可愛いシャモジも付いてきて、ちょっと良い感じ。
 でも「これからのアンタの人生はこれと一緒に独り寂しく過ごすんだよ」みたいな印象もあったりして、なんかすんげー歳を取った感じがしないでもない。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください