黒猫ジッポー

黒猫ジッポー

黒猫ジッポー

 思いっきり衝動買いをしてしまった、黒猫ジッポー。
 サラリーマンの聖地、新橋で飲んだ時、目の前の友達が昭和ライクにおもむろにテーブルの上に煙草とライターを置いて、それがこの黒猫ジッポー。
 当然、猫を飼っていると思って聞けば、黒猫の「ハナちゃん」。でも、うちの猫パコにくりそつなんだけどな。・・って、黒猫って瞳の色が同じならみーんな同じだ。もう一丁聞けば「アマゾンで探して買いました」。おおおー、なら「ジッポー + 猫」で検索したらすぐあった。「NOIR(フランス語で「黒」)」は要らないと思うけど、2,300円をポチッ。

 こんなの買ってどうするのだ。
 収集癖が殆どないので、こういう時には困ってしまう。 昔からそうだけど、時計や万年筆、カメラなどは使う分しか持とうとは思わず、壊れたら新しいのを買うぐらいなので、使わないモノを買うというのはどうも心が引いてしまうところがある。
 取り敢えず、インテリアにでもとペンスタンドに立てかけて写真を撮ろうと思ったら、その後ろに猫パコ登場。
 撮った画像を見たら、なんか色気が変だ。良く見たら、オリンパスペンのカラー設定ダイヤルがズレていた。動かないように木工ボンドとかで留めてしまおう。

 と、やっていたら、カシオからメールが来て、おめでとうございます。5,000円が当たりました!
 昨年、スペイン語の電子辞書を買った時にアンケートキャンペーンに応募したやつだ。こういうのに当たるのは何年振りだろうか。アマゾンギフト券とかにできるのだけど、もうちょっと早く来ていれば、その5,000円で黒猫ジッポーをポチッしたんだけど。
 電子辞書はかれこれ20年以上、カシオのを使っているのだけど、使い勝手は昔から変わらず進化なく、ハードな機能もWin98の頃と変わらずで、使いにくさ100万馬力なのだが、電子辞書業界は他社の追従ゼロのカシオ独占状態なので、これに慣れるしかない、というのが現状。
 中国語の時には電子辞書を結構多用していたのだが、スペイン語になってからは紙の辞書の方が出番が多くなった感じだ。そんな印象をアンケートの感想欄に記したのだが、それで良く当選したもんだ、ある意味、カシオ、勇気ある会社だと思った。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください