包丁を研ぐ

queridos amigos

包丁を研ぐ

 今年の夏、汗タラタラで包丁を研いだ記憶があったので、4ヶ月振りにそれらの包丁を研いだ。
 4ヶ月振りなのでそれほど切れてはおらず、唯一スペイン産生ハムを切った牛刀だけが少し時間がかかった。研ぎ終えたら、妙にトンカツが喰いたくなった。
 昨夜、アマゾンでゴローさんを見たからだ。やっとシーズン7も無料になって、埼玉の上尾にあるトンカツ屋のを見ていた。今までトンカツはソースをかけて食べていて、美味いのだが最後にはそのソースの甘さが残ってしまう微妙さが気になっていたのだが、ゴローさんは一切れごといろいろな食べたかをしていた。普通にソースをかけたり、肉の面に塩とレモン、またはカラシやワザビ等いろいろかけていて、こんな食べ方があったのかとびっくり。今までのトンカツ60年は何だったんだ?と目からウロコ状態だった。
 車を飛ばしてトンカツ屋へ行き、そのように食べてみたら、確かにより美味い!ちょっとトンカツにはまりそうな年末になった。
 
 私の26cm牛刀の柄が厳しい状態だが、思えば30年前に取材で行った築地場外の杉本包丁でいただいたものだ。結婚してから使い出したので28年ぐらい経ったわけだ。買い替えずできるかぎり補修しながら使おうと思った。もっともこの260mmのを買えば30,000円するからより大切に使おう、だ。
 調理人から見れば一目瞭然、「みそ汁で顔を洗って来いっ」のような研ぎ模様だが、「主夫」が使うのでお許しを。

———————————————————–

Hoy he afilado los cuchillas de mi casa.
recientemente se ve mucho gente que uso la de acero inoxidable, pero mias son de acero.
Cuando era estudiante, trabajaba en la cocina de taberna por 3 años, siempre afilaba cuchillas. y mi habilidad de afilarla está detrás de cocinero profecional y derante de aficionado. Y antes de 30 años cuando fui a una cuchillería a hacer un reportaje, dueña me regaló tres cuchillas preciosas, una costaría 200 euros, pues no tuve alternativa, solo una, fue lo había debido seguir usarlas. y ahora han pasado 30 años.
Cuchilla de acero corta mejor que la de acero inoxidable, pero por lo menos se tarda media hora más en terminar de afilar la una.
Una cuchilla de arriba en la foto es la que compré en Guadic en 1986, la cuchillería estuve en la esquina de una callejón y calle de Santiago. Ésta solo es de acero inoxidable, y no uso piedra de afilar, sino piedra para el inoxidable.

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください