セカンドオピニオン

猫パコ

 こうやって見ると、やはり模様がないのでインスタ映えせず、死んじゃった様にも見える・・。
 膀胱炎と診断されて2週間、抗生物質を与えてもあまり快方へ向かわない、またはいつものA犬猫病院、何も言わず3週目の薬をくれたのもやはりおかしいんじゃないの?と思ったのは試験一週間前。
 やっと試験が終わったので、さすがにセカンドオピニオンを選択した。
 トリミングとかはやらず駐車場のあるところを地元で検索してみるといろいろあるもんだ。一つ選んで行ってみれば、私がいつも行く病院を小さくしただけの立派な設備が整ったB犬猫病院だった。

 今までの治療状況を述べたので診断も早い。「エコー撮ります」・・・え、5,000円?次に、「レントゲンも撮ります」・・・え、また5,000円?
 結果としては、膀胱炎ではなく、膀胱に石ができていてそれが動いて炎症を起こしていたそうだ。ただ、大きいのは1cmぐらいあるので、薬とかで溶かすのは難しく、要手術と言われた。3、4日の入院で10万円ぐらい。おおっ!しかし、人間が膀胱結石になり除去手術をしたら保険が効いてもこのくらいの入院費になるだろう、と言い聞かせた。原因は、やはり体質的なものがあり、餌は例の高価なph系に統一するのが良い、とのこと。少量なら吐かなくなったので、ま、いいか。
 
 初回問診の時、「パコちゃんは何種ですか?」、「え、たぶん、黒猫種・・」
 「どちらでお求めになられましたか?ブリーダーからですか、それともペットショップとか」、「その辺からもらってきました」
 レントゲン撮影時に暴れたのだろう「今度、見えられる時には爪を少し切ってきてくださいませんか」、「え、人間用ので切っちゃって良いのですか」、「・・あ、じゃ結構です、そのままで・・」
 この病院に来るペット達はセレブ系なのだろうか。
 しかし、執刀医が忙しく手術は来月の暮れになった。まずは病気名とその対処法が分かり一安心。何にしろ人間もそうだけど、これがまず大事。なんだか分からないのは辛いからね。セカンドオピニオンがファーストオピニオンになった。代わりに今年の暮、旅行どころではなくなった。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください