高弁の鳥飯弁当

高弁「鶏めし弁当」

 カミさんが東京駅に行ったので、高弁の「鶏めし弁当」を買ってきてもらった。かの通路にある駅弁ショップ。
 崎陽軒のシューマイ弁当もあるけど、駅弁と言えば高弁でしょ、と勝手に思っている。京都に行った帰りにも買ってくるのだけど、全国の有名駅弁が並ぶ店だからか「鶏めし弁当」は売り切れがない。しかし、その店はいつも大混雑なのだけど、これから列車に乗るので駅弁を買って行こうという人はその1割ぐらいではなかろうか。私のように車内以外で食べるという人が殆どだろう。
 ある時、どっから見ても中国人が弁当を4つも小脇に抱えていて、おお、プチ爆買いか?と思ったら、個人旅行的な4人の家族連れでなるほど。ホテルとかで食べるのかな。冷めた料理は食べない中国人なんだけど、その駅弁、少しでも美味いと思ってくれたら嬉しい。
 もっとも同じ漢民族系の台湾人は日本人と同様冷めたのもOKで、何よりも台湾鉄道の駅弁が素晴らし過ぎる。種類こそは少ないが、そのレベルは日本のと同様だ。
 ルーロンファン(滷肉飯)が台湾のソウルフードなら、台湾のその駅弁「排骨飯弁当」は、裏ソウルフードと言えるかもしれない。と言っていたら排骨飯弁当が食べたくなってきた。八角が嫌いじゃなければグーッ請け合い・・あ、何の話しをしていたのだっけ?

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください