血尿だ

猫パコ

 先週、猫パコは持病のような膀胱炎にまたかかり注射を打つも今回は変化なし。金曜日に違う抗生物質の注射を打ってもらい錠剤ももらって、週末京都から戻ってもこれまた変化なし。
 朝一番のトイレは、色の変わる砂からすれば青いピンポン玉ぐらいのになるのだが、以降は黄土色で、最後は真っ赤が点点点点・・・。トイレの後も残尿ならぬ残血尿があるのか、ポタポタ。このポタポタはあちらこちらではなく、いつも決まった場所なので、賢くもあり手間が省けて嬉しい・・いや、嬉しくない。
 医者曰く、今のが一番強いから、あとは飲み続けるしかないですねぇ。後は膀胱に腫瘍ができているのもあるけど、その場合はアウトです・・、とのこと。セーフを願って抗生物質をあげ続けるしかないのが飼い主。
 抗生物質って変な味がするのだろうか、粉末にして缶詰めのに混ぜても半分ぐらいしか食べない。混ぜないと完食。因に胃も弱っているのかカリカリをやるとゲロピ~。よって口を開けさせて入れるので、私の両手首は名誉の負傷風なんちゃってリストカッターだらけである。

 平均的な家庭だと、リビングに立派なソファがあり、家族そろって目の前にある大画面のテレビなどを見たりするので、そのソファの横が猫の定位置になったりもするのだが、我が家は昼寝用のソファしかないので、猫パコにとって家族とスキンシップをするのは、私の布団と机の上しかない。今週、かの佛大のレポートを出したので下旬に論述試験があり、机に本などを広げ、ちょっと一服しにリビングに行って戻ってくると、写真のように猫パコがふてぶてしい顔で机の上に座って待っている。
 MacBookに打ち込んでいる中で腕枕をしてZzzz…で、打ちづらい。そして猫って寝言とかオナラをするのだね、知らなかった。間近だとより臭い。
 
 風呂のリニューアルで大工さんがここ数週間入っているのだけど、その合間を縫って、猫パコ、お初脱走をしてしまった。せめて健康体の時にして欲しいもんだ。幸い、2時間ぐらいで玄関のドアを叩き、ニャァ~ンと鳴いたので事ないことを得たけど、得ていないのは佛大の学習だ。本来なら6つのサンプルレポートを書き終えて暗記週間に入っているところなのだが、まだ、5つしかできていない。どの問題にしても安堵はまだまだ先だ。
 「猫のいる生活」とかいうコピーを時々見かけるけど、良い面しか現していないんじゃない、と思ってしまうここ2週間の状況である~。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください