キクラゲ

 娘が冬休みに入ったので一緒に遅めの昼食をとる。
 キクラゲ入りの卵炒めを作ろうとしたら、娘がキクラゲは嫌いだというので娘の分、やきそばを作ってやった。
 好き嫌いなく食べる、という時代じゃないし、キクラゲは万人受けするとは思えないので、ま、仕方がない。一緒にやきそばを作れば、と思うも、この間買ったキクラゲの期限が切れそうなので仕方なく2種類を作る。

 同じグニャグニャ触感の豚足はあまり食べないけどキクラゲは大好き。
 キクラゲと卵炒めは名前の通りに、それにタマネギと長ねぎを加えるぐらい。
 いろいろ入れると野菜炒めになるので好きではない。
 ニンニクスライスとごま油で炒め、最後にちょっと醤油を垂らしてできあがり。
 味は良いのだけど、ふっくら卵を焼くのが上手くゆかない。修業が足らん~。

 カブの漬物を出して食べる。
 漬け方に少し慣れてきたのか常にあまり違和感がないようになってきた。
 ちょっと風味が足りないかな、と思っていたら「とーちゃん、糠の臭いがすげー」。
 娘は食べないから気になるのだろうか、私にはそれほど感じなかった。

 部屋に戻ると猫のロベルトがストーブの前で泣き叫んでいる。
 「床の上じゃ寝られないから何かを敷いてくれ」という意味らしい。タオルを敷いてやったらちゃんとその上でお昼寝。猫ってプライドあるのね。
 夕方まだずっと寝ている。こういうのを見ていると、猫って眠るために生まれてきたように感じる。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください