やっとレポートが終わった

 1ヶ月延ばして、やっと中国古代史のレポートが1つ終わった。
 高校までで習った記憶の中では、漢の前が秦、そして戦国の後、何かの国が続いて、最古の王朝が殷(漢字が書けなかった)ぐらいだった。そして5年前に佛教大学で学び、分かったのは、漢 → 秦 → 戦国期 → 春秋期 → 周 → 殷 なのだが、文学部だったので政治や社会情勢などは殆ど学ばず、もっぱら春秋期の『詩経』とかだった。
 で、今回学んで、周とか殷って、それぞれ国王と国名のある国が集まった連合体としての国だったことが分かりびっくりで、殷は、その代表する国名にすぎず、その全体の国名は「商」と言ったそうで、へぇ~。で、殷を打倒した周は、その商の中にあった一つの国だった、とのことで、ダブルへぇ~。残った殷の人達はあちらこちらへちらばって長けていた商売に精を出したところから、「商い」や「商売」の漢字が生まれたそうで、トリプルへぇ~。
 来月下旬の論述試験まで、900字レポート×6の作成と暗記強化月間となり、つまり電車の車内や道端とかでブツブツと独り言を言うナンチャッテボケ老人月間となる~。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください