Softbank vs 海外

 今年5月、スペインのグラナダに行った時には大変世話になったマヌエルから引き続き、元気~?、何してんの?みたいなメールがたまに来る。8時間の時差があるので、なんでこんな時間に?という時もしばしある。
 「今度、グラナダにいつ来るの?」があったので、「テヒニカ 5×7(大型カメラ)を買わない?そしたらチケットが買えるよ」と返信したら、「うんうん、買う買う~」。「来年の5月中旬以降はどお?」と返信したところで、マヌエルは、Zzzzzzz…..。

 ちょうどSoftbankに用があったので、ついでに海外使用の料金設定を聞いたら、トンでもなく高い、いやボッタクリ価格だ。1日25MB(GBではない)まで2,000円、それ以上は3,000円、となっていた。そしてSoftbankの仕様で、海外へ行くと自動的に上記料金が発生するとのこと。つまりアプリの自動受信が働いてしまうからだそうだ。この間まで使っていた au のiPhoneは、何もしないと通話以外はゼロ円でwi-fi以外は繋がらず、専用auアプリ経由で申し込むと24時間1,000円だった。
 それほど海外へ行くことはないが、例えばスペインへ行けば10日以上になるので、そうなると追加料金で20,000円を超えるのは許せない金額だ。
 その仕様はハズすことができるとSoftbankのおねーちゃんが言っていたのでハズしてもらう予定で、あとは無線ルーターレンタルしかない。小型辞書ぐらいのを常に持ち歩かなければならない面倒はあるけれど仕方がない。
 長期的な海外旅行をする場合、Softbankは不向きだと思った。1日26MBで2,000円って何なのよ?

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください