東横イン

「Les Demoiselles」

 来週頭に締め切りのレポートが全然できていないのだけど、佛教大学の冬期スクーリングの申し込み準備をそろそろ始めようと思うも、それぞれの期日等がバラバラなのが難だ。
 夜行バスや新幹線は1ヶ月前、スクリーング自体は2ヶ月前だけど、宿泊は期限がないので、いつものホテル・クレサンテームに申し込もうと思ったら、珍しく満室だった。12月中旬の土日って大きな祭りとかってあったっけ?
 
 過日の渡西でお世話になったBooking.comでやったらヒットはチョロチョロ。やはりアジアは弱いのかも。台湾行きでお世話になっている「楽天トラベル」でチェック。どれも高いなぁ、と思いながら途中で気付いたのは、そもそもクレサンテームの1泊5,500円を基準としているところに問題があったということ。普通はもっと高いよ。
 スクーリングなので、ゲストハウスとカプセルホテルを除いて探すと、それなりのが6,500円~7,000円ぐらいで数件あるのだが、どこかしら欠けていて、インターネット自体がない、とか「どうやって行くの?」みたいな場所にあるとかで、悩ましい。だんだんこういう自分の希望に合わないことにいらだってしまい、最後の神頼み的に東横イン四条大宮、7,500円に落ち着いた。「餃子の王将」1号店があるところ。
 思えば、東横インって、通常の宿泊形態において「ないものがない」のだね、これはすごい。価格も高くもなく安くもなく、上手いな。かみさんなんぞは職場で「東横イン友の会」を作って、時々あちらこちらの東横インに泊まりに行っているが、最近では、東横インの朝食を食べるのが楽しみになったようだ。でも、この間のNHKのテレビ受信料裁判で敗訴してしまい、ちょっと東横インを応援したい気持ちがある。
 
 これだけの予約で2時間ぐらいかかってしまって疲れ果てた、という大義名分にて、いつものようにピザーラとワインで晩酌してしまった。
 いつもは、安値のフルボディを買ってくるのだが、30%割り引きシールに、おおおっ!表示価格が3,000円なのに、えええっ!のを開けた。日本語のラベルには、フルボディとかミディアムとかは記されてはおらず、お酒は20歳になってから、ぐらい。
 2013年の「Les Demoiselles(意味分からない)」というおフランスのやつ。いつものような渋味がありながら酸味がちょっとあって、フルーティってこんな感じなのね、というやつ。
 明日からまたレポートの続き。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください