9月の大正大学

大正大学

 前回行ったのは7月上旬で、体温より高い猛暑の前の正しい夏の日だった記憶があり、今回は正しい初秋。門をくぐってすぐの木に必ずある立て看「科目最終試験会場」を見ると、「お、来たな」と思う。と言おうか、この立て看のないキャンパス光景を見たことがない。
 正面にも立て看があるのだけど、その横にも立て看があって「佐渡市職員採用試験会場」とあり、え、佐渡市って新潟だよね、こんな遠い東京でやっても就活の4年生とかが来るのか?と思いきや何十人もいて、みんな新潟県の出身なのかもしれない。

 試験は、朝鮮関連2科目めの「朝鮮史」。
 仕方がないのだけど、2つとも広く浅く、事柄の流れをただ追うだけで広くて広くてわけわからない状態。朝鮮民族の始祖とされる伝説の檀君から1988年のソウル五輪ぐらいまでなので、ざっと2000年。これを1冊で1科目なので頭がウニ状態。
 高句麗・百済・新羅の三国時代から新羅統一あたりは、日本の国取り物語のような雰囲気があり、突っ込んで学ぶと面白いかな、と思うが、無理やり短期間で詰め込んだので、朝鮮史は飽きたてしまった。
 カミさんが良く見ている韓国ドラマがちょうど李氏朝鮮時代なので、このネタで会話ができるようになったのはちょっと良かったかな。それと竹島が国際法上、日本の領土であったこと。
 
 娘が中学の時のお友達とどっかへ行ってしまった日曜日だけど、聞いたらそのお友達は大正大学生とのこと、思わず「とーちゃん、今日大正大学へ行くから、宜しく行っておいてね」と意味のないことを言ってしまった。「通えば都」で、近郊で大正大学と聞くとピクピクッ~、と親近感を覚えたりもする。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください