夏の思い出

タップダンスライブ

京都駅

 今週末の土日は京都へ行くはずだったのだが、土曜日は娘のクラブの発表会があったので日曜日だけ行くことにした。
 ついこの間、へぇ、タップダンスのサークルに入ったんだ、とか、6万円の靴だとぉ?などと言っていたのが、もう3年生最後の引退発表会となって早いもんだ。3年なので、幾つかの演目の振り付けを担当したりしていた。そして、1年生の時に見た先輩がやっていたアカペラ(BGM等のないタップのみ)がカッチョ良くて、こんなのやれたら良いね、というのにも出演していたので取り敢えずもサークル活動を全うしたようだ。

 タップダンスなんぞをしていると、就職の面接時に「へぇ、ちょっとやってみてくれませんか」などと言われる可能性が大だ。「シューズ持ってゆこうかな」という娘に、「そんなの持っていったら確実に落ちるぞ。スリッポンで5秒以内でやるのがベストかな。またはシューズを履いて行くのもやけくそでありだ。ダメだったら帰りの埼京線ホームでカチカチッと路上ライブやれば気が紛れるぞ」。

 そんな訳で、日曜日は生まれて初めての新幹線の始発に乗った。東京発6時ののぞみ。
 始発なんてガラガラだよ、と思いきや、8時台ほどではないけれど座席占有率80%になっていて、この時期の日曜日だからか、ビジネスマンは少なくガラガラスーツケースを持った家族連れなどの観光客が多かった。
 日帰りの4時間だけだったけど有意義な会議で行って良かった。が、37度の炎天下での帰りのバス待ちの10分間が辛く、これが夏の京都としてインプリンティングされる。

 娘のライブ、初めての始発の新幹線、そして初めての京都日帰り、これが今年の夏休みの思い出だ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください