台北在です

 最近良く寝てしまうね機内の中で、それも離陸して目が覚めるというやつ。そしてワインを飲んでZzzz…着陸の音で目が覚める。歳を取ったのかなぁ。

 なんだか知らないけど今回の中華航空、要リコンファーム・・・数日でリコンファームなんて近年私は聞いたことがない。電話が繋がらないから面倒なんだよ~。
 成田のカウンターで「ここでリコンファームできない?」。窮すれば通じるでOKが出た。

 当社比で前回よりも半年分語学力がアップしたので「台北中山に行きたいのだけど付近に留まるバスはある?」
 「それなら国賓ホテルに停まるのがあります」
 「国賓?晶華ホテルの近く?」
 そうです、というので国光という名前のバス会社の切符を買った。

 半年ぶりの大欣ホテル、数人のスタッフに「ヒサシブリ~」と日本語で言われ、一人のおっさんにハグされた。どうせなら若いおねーちゃんにハグされたかった。

 成田までの京成の普通特急に乗ってうたた寝をしていたらiPhoneからウサビッチが流れてきた。
 印刷屋さんからで「裏面だけアウトラインがかかっていないので再度入稿してくださーい」
 「しゅんませーん、夜にでもアップします」
 MacBookにデーターを入れておいて良かった。備えあれば憂いなしだ。
 ホテル到着後そうそうにIllustratorを開いて・・今回、4本のアンテナが立っていてパスワードなし。スピードはADSL風、アップロード遅えー。
 光だと数秒だけど、大欣ホテルからのはタバコを吸い終わってもまだやっていた。8分ぐらい。
 基本的に台湾、ホテルの客室内も禁煙だけど、ライターのガス切れたのでフロントに行って「以前、大欣ホテルと記されたライターがあったと思うのだけどある?」
 「ライター?」
 あ、間違えた。マッチは・・そうそう「火薪(フオチャイ)ある?」
 ちゃーんと持ってきてくれるのが嬉しいホテルだなぁ。

 夕食を喰いに毎度の台南屋台へ。
 まるさんが言っていたようにおかみさんの足に包帯が巻かれていた。
 イカのボイルと台湾ビールで一杯。清湯麺、煮玉子、ルーロウ飯を食べて、270元(930円)。
 この店のタレが変わった。
 以前はやや黒っぽい感じだったのがやや茶色になって味は日本人風か味噌風味が強くなっていた。どちらも美味いが、前の方がより台湾っぽかったかな。
 相変わらず美味くて満足。ここで食べてやっと台湾に来たな、と実感。

 大欣ホテルは、軽いバイキング朝食付きで1300元(4,480円)。
 メールで道路に面した窓のある狭い部屋、と言ったのに、以前泊まった窓を開けたら隣のビルの部屋だった。ま、いいけど。

 夜はベストの上にジャケットを着てちょうど良いので昼間は少し暑いかも。週末天気が悪そうなのが気になる。
 

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください