フライパン

フライパン

 朝起きたら汗びっしょりなのでシャワーを浴び、主夫家事をしていたらまた大汗かいてシャワー。
 日差しはどっからみても晩夏風なのに、気温を見たら最高35度、残暑にしては暑過ぎないかい。夕方またシャワーか。
 
 こういう時に限って汗をかくようなことが起き、鉄のフライパンが届いた。
 なぐった覚えもなぐられた覚えもないのに、25年ぐらい使っていたフライパンが何故か中央部がへこんでしまった。最初の手入れとしてフライパンを空だきして表面の酸化防止層みたいなのをはがすのだが、何故かコンロの温度センサーが敏感過ぎて途中で炎が消えてしまう。汗が止まらない。

 リンナイのサポセンに電話をしたら、そういう仕様とのこと。中華系の炒め物やチャーハンなどは普通に使えるのだがそれは中華鍋だからで、平鍋はダメなのか・・・良く分からない。
 熱したフライパンをタワシで洗うと、剥がれ痕が見えたので金タワシ+紙ヤスリでゴシゴシ。見た目はイマイチだけど平らになったので油を引いて熱するのを繰り返し鉄に油をしみ込ませて終わり。汗が止まらない。
 
 死んだおふくろが使っていたテフロン加工のフライパンをカミさんが持ってきて使っていて、綺麗に目玉焼きができるのだが、私がやるとこびりつきまくり。やり方違うのだろうか。ま、鉄のフライパンを使えば良いのだけど。
 ホームセンターに行くと何種類ものフライパンがあるのだが、1種類の鉄以外はみなテフロン加工だ。鉄のは人気ないんだね。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください