夏風邪だ。

 かの佛教大学での「朝鮮史」のレポート2つをなんとか書き上げてポストに投函したのが昨夜。ホッとしたのだろう、涼しい気候も合いなって風邪なんぞを人並みに引いてしまった。
 寺の施餓鬼(こんな字なんだ)を午前中に終え昼飯を食べた後、急に睡魔におそわれそのまま夕方までZzzzの午睡。
 ホッとするのを予測しながら意識していれば多少風邪も防げたかもしれない。が、この気候もなんとかして欲しい。23度になっているので、肌着一枚じゃ寒いし、Tシャツを着れば暑い、うーむ。いっそエアコンつけて厚着でもするか。

 その「朝鮮史」はレポートの他に幾つかの小レポートを用意しなくてはならず、その中に「日韓の歴史問題についてその違いを例示して述べてね」というのがあって、ちょっと憂鬱だ。
 手元にある本では足りないので追加したいが、この課目に対してこれ以上予算をかけたくないところが大前提にある。そこのところでアマゾン検索をしてみると、いろいろ出てくるのだが、良さげに思えるのは2,000円以上を超え、中古にしろ安い書のレビューを見ると、かなりイデオロギーのバイアイスがかかっていて、結局複数冊読まなければならないことになる。
 これぞ、というのをレビューから探すと、はーい、3,600円〜。もうちっと掘り下げて探すと、送料込み560円を見っけ、ポチッ。テーマは「竹島」にした。日韓問題や日中問題に関する事柄は、客観的に偏っていない本を探し当てるのが一番のポイントなんだけど、ここからやらなければならないのか、とやや憂鬱になる。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください