38.6度になりました。

洗濯用温度計

 車に車外温度計があるのを思い出し、出がけに見たら41度、途中の走行中に見たら42度、駐車場に停めておいても42度、戻る途中も42度。つまり日の当たるアスファルトの上は42度という訳だ。あと1時間ぐらいしたら43度になるのは確実だろう。
 誰もいないのでクーラーをつけていないリビングは、日が当たらないので、やや蒸し暑いもそれほど汗も出ず気にならない。タオルと扇風機でOKじゃないか、という雰囲気。
 で、小一時間経った後にそのリビングの洗濯用温度計を見たら、37.7度。

 世にいう室内にいたお年寄りがバタバタと熱中症で倒れるのは、これか!と思った。
 還暦の初老がこのお年寄りに入るのかどうかは別としても、部屋の向きに拠るのかもしれない。北西、北東、南東向きは日の直接入らないからそれほど暑さを感じないのかもしれない。
 もっとも我が家のリビングのお隣は白い家だったりしてその照り返しの分、1度ぐらい温度が上がっているとも言えるが、それでも36.7度はあまり安心な温度ではない。
 1時間経ってリビングへ行けば、洗濯用温度計は38.6度になっていた。

 こんな時にクーラーが壊れたりしたら、それこそ大変な死活問題とも言えよう。聞けば、クーラー設置の予約は最短でも盆以降らしい。
 在宅の場合はどうするのだろうか。日の入らない部屋に避難をし窓を開けて扇風機、そしてこまめに水分を取って汗のかいた衣服もまめに交換するとかな。危険性が見えづらい天候状態が続いていると言える。
 屋外で働いている人、大変にご苦労さん、で、お大事にしてください、とつい言いたくなってしまう。スーパーとかの駐車場の警備の人達とかetc。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください