板橋の駅

大正大学

 学生の身分としては、5年振りに大正大学へ行った。
 久しぶりの板橋駅はリニューアル工事していて、階段が一つ増え、エレベーターもできていて、近々エスカレーターもできるみたいだ。いつものように近藤勇の墓を通り過ぎて大学へ向かう。
 かなーり昔、大正大学は板橋駅にある、とか言ったけど、歳を重ねて夏場になると、板橋駅から遠いよ、になってきた。若い人なら15分、還暦おやじ(じじーでも良いけど)だと20分。

 歴史学部生、初の筆記試験だけど、本来なら先月の6月に受けるハズだったのだが、ちょうど仕事とカブってしまい1ヶ月延びてしまった訳だ。試験形態は以前と変わらず特に問題はなかったのだが、ここ数日書いてばかりいたので手首が痛く腱鞘炎一歩手前風なのがちと心配だったぐらい。
 昼飯は、久しぶりの西巣鴨のさくら水産へと向かうも店は閉まっていて、後でネットで調べてみたら閉店したようだ。
 さくら水産以外にもたまに行く、同じ西巣鴨の駅ビルにある上海出身のあんちゃんがやっている「王記」という中華屋でルーロンファンを食べた。小皿に盛ったザーサイとスープが付いて600円はコスパ良し。30度を超えた夏の日に食べる八角の香り漂うルーロンファンは、台湾を思い出させてくれる。夏の大正大学詣でではクセになりそうだ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください